book

kindle Paperwhiteの布教活動中

Kindle Paperwhite 3Gは予想以上に活躍中で、読書する時間が増えた。まあ、大した本を読んでないんだけどね、長い文書を読むのは楽しい。 とりあえず「獄門島」は読了。金田一耕助シリーズの名作だけあって、素晴らしいです。ただし、金田一耕助が大活躍とは…

写真論

思うところあって、写真論入門っぽい本を買ってみた。まだ読んでないけど。写真の読みかた (岩波新書)作者: 名取洋之助出版社/メーカー: 岩波書店発売日: 1963/11/20メディア: 新書購入: 4人 クリック: 18回この商品を含むブログ (23件) を見る 写真とことば…

今邑彩と道尾秀介

先日インシテミルを読んでから、読書熱というかサスペンス小説熱が高まってしまった。立て続けに2冊読んでみた。一冊目はお気に入りの作家、今邑彩の「ルームメイト」。これは良かった。もう今邑ワールドですよ。ネタバレになるのであんまり書きませんが、サ…

インシテミル

本屋で平積みになっていて、オススメNo.1みたいなことが書いてあったので、なんとなく購入。1日かからずに読了。後半のストーリーに少々難があるけど、一気に読める面白さがある。映画も先月に公開になったみたいだけど、ストーリーは少し違うようだ。須和名…

イカ娘

かねてから気になっていたイカ娘を買う。これは面白いねえ。チャンピオンで連載されるギャグマンガは一味違うんだよねえ。その昔はこまわり君とマカロニほうれん荘もあったし。 侵略!イカ娘 1 (少年チャンピオン・コミックス)作者: 安部真弘出版社/メーカー:…

銃夢 last order

忘れた頃に発売されてた。銃夢 Last Order 15 (ヤングジャンプコミックス)作者: 木城ゆきと出版社/メーカー: 集英社発売日: 2010/06/18メディア: コミック購入: 3人 クリック: 18回この商品を含むブログ (19件) を見る

手塚作品など

娘さんがビレバンで新しいデジカメ用ケースを探している間に散財。Peeping Life(ピーピング・ライフ) -The Perfect Emotion- [DVD]出版社/メーカー: コミックス・ウェーブ・フィルム発売日: 2010/04/16メディア: DVD購入: 1人 クリック: 27回この商品を含む…

レテの支流

レテの支流 (角川ホラー文庫)作者: 早瀬乱出版社/メーカー: 角川書店発売日: 2004/11メディア: 文庫 クリック: 7回この商品を含むブログ (16件) を見る出だしは最高に良くて、中盤まで一気に読ませる。このホラー本はアタリだったな!と確信して読み進めると…

マンガ購入週間

仕事がドハマリ状態。その反動でマンガ買い込んでます。大人気なくてスミマセン。 ブラリと入った本屋で見つけて即買い。良く良く見ると士郎正宗先生じゃないのね。ちょっとガッカリだけど、攻殻機動隊モノは手に入れておきたい。攻殻機動隊 STAND ALONE COM…

スナップ写真

街中の写真を撮るのが大好きなんだけど、最近は撮りずらくなってきている。時代の流れなのかもしれないが、必要以上に写真撮影が制限される必要もないだろうと思う。不快感を与えないならば、ある程度、撮影の自由があってもいいんじゃないかと思うんだけど…

写真本2冊

昨日はワイフと横浜へ買い物。ジョイナスの本屋をブラブラしていたら、この本を見つけた。以前から絵画の構図の解説本が欲しかったのだが、ズバリ見つけましたよ。こういう本が欲しかった。構図エッセンス (みみずく・アートシリーズ)作者: 視覚デサイン研究…

The Rainbow Goblins

iPodで高中正義の虹伝説を聴いていたら、久しぶりに絵本が読みたくなった。日本語版が実家にあったのだが、捨てられてしまったようだ。日本語版は既に廃刊で中古が少々流通している程度。だが、原書は普通にamazonで買えた。円高なので\1,700ぐらいで手に入…

カリオストロ伯爵夫人

立て続けに2冊読破。ずいぶん前に探して探して、登戸駅前の古本のワゴンにあったのを見つけて買った。しばらくの間、本棚にしまい込んでいたが、何気なく取り出して読み出したら、一気に2冊読んでしまった。モーリス・ルブランの本=アルセーヌ・ルパンの…

発売日にマンガ2冊

今日はマンガの発売日なので2冊買う。ツバサはまとめに入っているような気がする。絶望先生は相変わらず高レベル。 さよなら絶望先生(14) (少年マガジンコミックス)作者: 久米田康治出版社/メーカー: 講談社発売日: 2008/07/17メディア: コミック購入: 6人 …

GT-ROMAN

西風のGT-ROMANを読む。COOPER号に乗っている頃に良く読んでいた。実家に置いておいたら全巻捨てられたしまった。BOOKOFFで一冊100円だったので数冊買ってきた。久々に読み返すと、やはり楽しい。良いねえ、やっぱり。ついでに西風のバイクを題材にしたコミ…

青春の証明

角川文庫「青春の証明」を読破。TVドラマはかなり良い出来だったが、原作本ははっきりいってダメ。駄作だ。読むのにかかった時間は無駄だった。多くの場合、映像された作品より原作本の方が良いことが多い。しかし、青春の証明に限っていえば、TVドラマの方…

フラグメント読了

BOOKOFFでテキトーに買ってきた\105文庫だったが、予想外に面白かった。大雑把に言えば密室サスペンスかな?地震で地下室に閉じこめられた少年少女と担任の先生。一人死に、二人死に。犯人は分からない。疑心暗鬼になっていく。そして救出後に真相が明らかに…

攻殻機動隊1.5

発売されたので早速購入。攻殻のマンガはこれで終了らしい。残念だ。SACとマンガは別物で、SACは続けて欲しいなあ。やっぱり少佐が活躍しないとね。攻殻機動隊1.5 HUMAN ERROR PROCESSER (KCデラックス (2453))作者: 士郎正宗出版社/メーカー: 講談社発売日:…

吉村達也「第一印象」読了

久々に吉村のサスペンスを読む。少々消化不良の描写もあるが、やっぱり吉村サスペンスは面白い。第一印象 (双葉文庫)作者: 吉村達也出版社/メーカー: 双葉社発売日: 2002/11メディア: 文庫この商品を含むブログ (5件) を見る

書籍買いまくり

娘と午前中から伊勢佐木町の有隣堂本店へ。文房具やら英語の入門書を買い込む。なかなかよい本が無くて、洋書コーナーにて、英語圏の幼稚園向けのワークブックと、非常に分かりやすい英文法書を買う。この英文法書は、中学入学前の英語体験皆無の人でも読め…

すばらしい新世界

SFの名作。らしい。未だ読んでないので買うことにする。すばらしい新世界 (中公文庫)作者: 池澤夏樹出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2003/10メディア: 文庫 クリック: 9回この商品を含むブログ (28件) を見る

2000年から3000年

ネットをフラフラしていたら、この本のことを思い出した。この本は面白い。自分が持っている本で人にお勧めしたい本ベスト5に入る。「31世紀の人が読む、西暦2000年から3000年までの歴史本」という設定の本。写真は図版も多く、歴史上の人物名も沢山出てく…

ホビットの冒険

娘用に買った本だが、自分が先に読んでしまった。面白いねえ。少年少女向け文学だが面白い。一気に読んでしまった。この話は指輪物語につながるのだが、指輪物語を読み始めるなら、先にこのホビットの冒険を読んだ方が良いかもしれない。ホビットの冒険の主…

岩合のパンダ

ついでに岩合のパンダもあったので衝動買い。やっぱりこの写真集は良い。お勧め。パンダ作者: 岩合光昭出版社/メーカー: 新潮社発売日: 2007/07メディア: 大型本 クリック: 1回この商品を含むブログ (15件) を見る

フェリックスの手紙

帰りがけに姪へのお年賀替わりのプレゼントを買う。色々と考えたが、仕掛け絵本にする。「フェリックスの手紙」は自分の娘が小さい頃に読み聞かせていたが、最近では第七巻まで出ている。やっぱり面白い。[asin:489309372X:detail]

国井律子本

昨日に引き続き国井律子嬢の本を読む。行間が旅へと誘う。良いねえ。アタシはバイクで旅に出る。 (2) エイ文庫―お湯・酒・鉄馬三拍子紀行 (021)作者: 国井律子出版社/メーカー: エイ出版社発売日: 2003/02メディア: 文庫 クリック: 8回この商品を含むブログ …

寒い。ヒキコモリ

あんまり寒いので撮影にも行かずヒキコモリ中。暖かくして読書していたら、読む本が無くなってしまった。仕方ないので、雨の中をBOOKOFFに100円本を買いに行く。CLUB HARLEYに連載されていた「アタシはバイクで旅に出る」の文庫本があったので、まとめて三巻…

I told you I was sick

「21世紀の精神異常者」に入っている「Epitaph」を聴いていて、何気なくEpitaphで検索したら、この本がヒットした。面白そう。自分の墓にも。。。と、思ったが、私に墓は不要。遺灰の半分は打ち上げ花火に詰めて、夜空に飛ばして欲しいなあ。残りの半分はR13…

売れ残りは半額

再販契約で定価販売を義務づける出版業界で、「売れ残った本」をインターネット上で値引き販売しようという試みが、12日から本格的に始まる。これまでの絶版本や期間限定の割引販売から一歩進め、小学館や集英社、講談社、文芸春秋などの大手出版社が、絶…

文庫本買い込み

午前中4時間ほど時間をつぶすため文庫本を買い込む。その後、勢いでBOOKOFFにも行きさらに文庫本買い込む。大沢在昌の新作「パンドラ・アイランド」を買う。ハードボイルド風で客観的描写よりも一人称の描写で話しが進むので読みやすい。パンドラ・アイラン…