文書生活 : TEXT LIFE

文書のある生活

HAVERSACK、ハバザック、ハバーザック

SR400号に付けるサイドバッグの左側はラフテールのバッグで決まり。これ以外はありえない。右側のサイドバッグは決まらず試行錯誤中。デグナーのツールバッグは良いのだが、容量が少なめなのが弱い。工具と予備パーツは収まるがレインウェアは入らない。レインウェアはラフテールに入れても良いのだが、近所のツーリングでも予備パーツとレインウェアは持ち歩きたいので、入れっぱなしにできるサイドバッグが欲しいところ。

考え続けていれば神は降臨する。お中元を送る必要があって、某百貨店の通販サイトを見ていたら、何故かボーイスカウト用品の宣伝がWeb Pageの右側に出てきた。その某百貨店はボーイスカウト用品を推しているようだ。昭和臭漂うボーイスカウトだが最近流行っているのかね?ふふん?と斜に構えて視線の端で見ていたら「おぉっ!このバッグは!」と目に止まったのがボーイスカウト用のハバザック。

ボーイスカウト特集 | 特集 | 高島屋オンラインストア

www.takashimaya.co.jp

このハバザックは別名ハバーザック、英語表記だとHAVERSACK(代官山に同名の洋服屋がある)。大日本帝国陸軍の雑嚢、海外の陸軍のショルダーバッグのことだ。お値段も3000円台とお手頃なので買ってみた。

高島屋で買うと時間がかかるので、本場のボーイスカウトの通販サイトから買ってみた。

公益財団法人ボーイスカウト日本連盟

買うときに所属する団体名を入れるのだが空欄でも大丈夫。注文して3営業日ぐらいで届いた。

生地は帆布でそんなに厚くない。子供でも使いやすい柔らかさだ。バイクの工具を入れるには柔らかすぎるかも。作りはしっかりしているし縫製も丁寧。これが4000円しないとは。表側の左右にループが付いている。これは毛布などを縛り付けるらしい。わかりにくいがフラップの上部中央にプラ製のフックがついている。これはこのバッグをデイパックのように背負うときに使う。

裏側はこんな感じ。プラ製のDカンは付属のショルダーベルトを付ける。バッグ下側のDカンはデイパックのように背負うときに使う。裏側にもロープを通すループが左右に2個ずつ、合計4個もある。これはバイクのサイドバッグサポートに固定するのに使える。中央に氏名は連絡先を記入するパッチがある。また大きなポケットもある。地図など入れやすそう。バイクの右側に固定するには、マフラーがあるので上のDカンではなくループで固定したほうが良いだろうな。

分かりにくいが、内側にはポケットが大1個、中2個あって中ポケットはたぶん防水仕様で濡れると駄目になる書類など入れるのだろう。バイクのサイドバッグとして使うには、大ポケットに発泡塩ビの板を入れて補強したほうが良いだろう。よく見るとフラップは帆布が2重で補強してある。

中央のロゴにはひらがなで「そなえよつねに」と書かれている。良い言葉だ。バイク用に使うなら「ごあんぜんに」と入れて欲しいところ。

同じようなことを考えている人は多いようで、このハバーザックをバイクに付けてみた人が存在する。中々に良い雰囲気だ。

「ハバザック+花見」ししふうのブログ | 13年目突入、獅子風号 春夏秋冬 あっちこっち行きまっか - みんカラ

また、当然だが帆布なので防水性は皆無。雨に振られたらずぶ濡れなので、ハバザックに防水加工を施す人もいる。こういう情報がネットに転がっているのは大変ありがたい。

コットン生地の防水加工 デイキャンプ用コットンバッグを防水加工する - 宮殿F+

帆布(キャンバス)地のバッグをグリーンランドワックス(蜜ロウ)とヒートガンを使ってパラフィン加工して防水対応にしました | Green

この防水加工の方法は大きく2つあって、防水スプレーを吹く方法と、オイルアップ(パラフィン加工)する方法がある。上記2つのリンクは後者のパラフィン加工を試みている。ここで使われるのがGreenland Waxと呼ばれる蜜蝋(パラフィン)だ。

アウトドアショップブランドのFJALL RAVENのバッグもパラフィン加工されているのがあって、その補修用のGreenland Waxが市販されている。お値段は1600円ぐらい。これを帆布にこすり付けて、ヒートガンで溶かし込むらしい。

Barbourのジャケットではオイルアップという手法が使われている。これも防水性があるけどパラフィン加工のほうが楽そうだ。防水スプレーの方がお手軽だが耐久性が低く毎週スプレーするような感じなのでバイクツーリングには向かないだろう。

ハバザックをパラフィン加工しても隙間だらけなので、防水性はそれほど期待できないが、レインウェアと工具なので最悪濡れても大丈夫だと割り切って使うことにする。カッコ重視だからな。

 

 

SR400: 北海道ツーリングの準備を始めよう: ウェア関連の情報

SR400: 北海道ツーリングの準備を始めよう: 情報収集 - 文書生活 : TEXT LIFE

情報収集は継続。ウェアに関する情報を収集している。

ウェア関連情報は書籍などでは得られず、ネットを漁っています。その中ではYouTubeで得られる情報は比較的まとまっていて、映像付きなので参考になる。ただしキャンプ前提の情報が多いのです。自分はキャンプ無しなので、キャンプ情報は省いて、得られた情報を文字列でまとめてみた。

他の情報源としては、Twitterは情報が散逸して使えず、Instagramも駄目っぽい。ブログ系は情報が古い。

夏の北海道ツーリングに3回行ったMotoCampさんの情報を文字列で整理する。

MotoCamp【モトキャンプ】 - YouTube

www.youtube.com

Tシャツ x 1~2

長袖Tシャツ x 2~3

ライトダウン or 薄手フリース x 1

防風防水ジャケット(プロテクター付き)

ネックウォーマー

シールド付きヘルメット(シールド無しのジェットではなく)

防寒用タイツ(ヒートテック

防寒防風ジーンズ

防水ライディングシューズ

プロテクター(ニーシン、ネック)

ウエアの枚数が少ないのは選択前提だから。基本2日1回洗濯なのでしょう。下手すれば毎日洗濯かも。身体の寒さ耐性(寒がり?)にもよるかも。自分は寒さに弱いからな。暑さには耐えられると思っているが(真夏でも革ジャンだし)、昨今は熱中症も多いので過信はしないでおく。

天候についても述べられていて、地域差はあるけど寒い場合には「関東より西の11月ぐらい」とのこと。旭川や札幌は暑く、道北や道東は寒い。自分がクルマで北海道に行った経験に基づく感覚とほぼ同じ。天気はあまり良くない印象がある。経験だと半分は曇りか雨だと思っている。当然だが、曇や雨だと寒い。なので雨が降る前提でレインウェアなどは準備する必要がある。

バイク用レインウェア上下

ツーリング中に雨が降ってレインウェアを着るのだが、安いレインウェアを着ても上半身が濡れた経験は無い。多少のシミはできるけど。下半身は色々で、雨がブーツに染み込む、というか、脚を伝ってブーツに入り込んだりする。一番気になるのはバイクのシートとオシリが接触する部分で、ここに大量に水が貯まることがある。カウルの有無、レインウェアのパンツの形状やシートの形状にも依存するけど(固くて幅が狭いシートだと貯まらないかも)。SR400はシートが柔らかいし、ネイキッドなので水が溜まりやすい。対策としてメッシュシートカバーを付けている。暑い時はオシリが蒸れなくて良いけど、かっこよくは無いなあ。

自分は使っていないが防水ブーツカバーも良いと聞く。エンジニアブーツに付けられるブーツカバーが無さそうなので、防水スプレーをガシガシ吹いて使う予定ですが、どうしようかな?サイドバッグで積載量は増えそうなので、安いのを買ってみるか?

あとはヘルメットはピンロックシートが必須かもねえ。トンネル抜けたら急に寒くなって一気にシールドが曇りそう。

 

その他色々とYouTubeを漁ってみて、ウェアは下記のようになりそう(随時更新予定)。長袖シャツと下着と靴下は毎日洗濯予定。旅行の時はいつも毎日洗濯だし。

 

長袖Tシャツ x 3(mont-bellの速乾素材)

ウルトラライトダウン(mont-bellの襟なし)

薄手フリース(mont-bellのシャミース)

防水ジャケット(RSタイチのプロテクタ付き)

防水パンツ(RSタイチのプロテクタ付き)

防寒ステテコ(タイツよりステテコの方が勝手が良い)

エンジニアブーツ(防水スプレー吹いていく)

3シーズンのレザーグローブ(RSタイチのプロテクタ付き)

バイク用レインウェア(mont-bell)

エアバッグ(Hit-Air製)

ヘルメット(SHOEI Hornet ADV ピンロックシート付き)

 

以下は検討中

防水ブーツカバー(付けにくいからなあ)

ネックプロテクタ(エアバッグと干渉しそう)

 

追加情報

バイクウェアメーカーのクシタニが夏の北海道ツーリングのウェアを解説してくれている。

www.youtube.com

 

要検討事項

自宅から大洗フェリーターミナルまでのウェアはどうする?

※随時更新予定

M240i号は車検

M240i号は最初の車検。中古車を買ったが新規登録になっていたので3年目の1回目の車検。BMWでは最初の車検は1日で終わるとのこと。ただし、走行距離が多ければ車検に日数がかかるらしい。車検なので検査項目は変わらないが、検査前の整備を減らせるのかもしれない。そもそも最近はロガーで吸い出してWARNINGは事前に分かるのだろう。通信機能もついているので、ログは都度送信しているのかもな。

車検の受付は朝の09:15。出かけるのが遅くなって渋滞に軽くハマったので、横浜新道と第三京浜は少し一生懸命に走った。具体的には前走車と同じスピードで走るだけだ。いつもは流れを乱さない程度のマイペースだが、今朝は完全に他車のペースで走った。M240i号の実力ならどんなペースでも走れるのだが、ガソリン消費量は多いだろうなあ。走る、曲がる、止まる、を一般人が楽しめる最高レベルの三拍子を備えているからな。燃費はだめだけど。

予定より10分早く到着。受付を済ませた税金など印紙代を現金で支払う。未だに現金なのだな。仕上がりは夕方なので17:00に引き取る約束をする。後は17:00まで時間を潰す。

最寄りの都筑ふれあいの丘駅で行き先を探す。映画「ゆるキャン△」が昨日から公開になっているので観に行くことにする。その後の行動を考えて映画館は桜木町のを予約してクレカで支払う。

市営地下鉄で桜木町まで移動。映画まで1時間あるが、発券を済ませてカフェでお茶する。スタバは入りにくかったので、映画館のフロアにある「五等分の花嫁」のコラボカフェに入る。なんとも落ち着かない雰囲気だが仕方ない。静かにカフェラテを飲んでいると、背後で「五等分の花嫁」を熱く語るオジサン二人の声が高らかに聞こえてくる。これだけ熱中できる作品があるのは素晴らしい。

上映時間が近くなったので、ジンジャエールを買って劇場に入る。ちょうどお昼時だがポップコーンを食べると昼ごはんが食べられなくなりそう。

映画の感想は別途書くことにするが、テーマは「再生」なのだろう。良い映画だと思う。「故きを温めて新しきを知る」に加えて「自分たちが楽しいと思うことを次の世代へ伝えていく」ことの大切さを述べているのだろう。大人になった主人公たちの更なる成長の物語だと思った。ゆるキャンの世界観が好きな人にはウケないかもな。

映画を見終えて野毛で昼ごはんを食べる。目当ての店は閉店して更地の駐車場になっていた。その近くにタイ料理屋に入ってみる。料理の種類は多いが、飲み物の種類が少なくデザートが無いのが残念。微妙な雰囲気だが、涼しくて静かで良い店。味は今ひとつだが。

日の出町から京急で横浜に出てアウトドアショップのMyXに寄ってみる。北海道ツーリング用にTシャツでも買おうと思っているが(自宅のTシャツが10年選手ばかりになっているので)なかなかピンと来るのが無く、良さそうだな、とおもったらmont-bell製だったので、近々mont-bellに行ってTシャツを買うことになるだろう。ロングツーリングの前にはmont-bellに通っているなあ。

NeWomanの地下で軽くお茶して、市営地下鉄で再び都筑ふれあいの丘へ。M240i号の点検は終わり、整備費用をクレカで支払う。最初の税金含めて15万円以下なので、安い方だろう。キーを受け取り帰路につく。途中IKEAで買い物しようかと思ったが、混んでいそうなので真っ直ぐ帰宅。道も空いていて快適。なんとなくM240i 号の調子も良い。直列6気筒ターボエンジンなど、もう2度と作れないかもしれないなあ。電気自動車はイヤでも普及するだろうし、こんな高性能ハイパワーエンジンなど悪者扱いされるに違いない。ガソリン価格も高騰するだろう。それまではM240i号に乗り続ける予定。さすがにガソリン価格が300円を超えたら控えめにするかもしれないが。

Ginger Rootは良い

YouTubeで"Ginger Root"、漢字表記で"姜根"を見つけて非常に気に入っている。これは良い。70年代ジャパニーズ・シティ・ポップとVulfpeckを足した感じ。Ginger Rootというのはバンド名で、Cameron Lewが中心で活動している。メンバーはLew一人。Lewの説明によれば、Aggressive Elevator Soul Musicなんだそうだ。意味不明(笑)。最新曲は日本のアイドルをプロデュースするもTV番組でアイドルが逃げ出して代理で歌う設定。どんだけ70年代の日本TVが好きなんだ(笑)。

www.youtube.com

ツアーメンバーはLewの高校時代の友人2人がドラムとベースで入り、Lewはキーボード。音がゴテゴテしていなくて、ミニマム感があって非常に良い。ツアーのサポートにKhruangbinが入ることがあるらしい。これは非常に興味深い。

Live映像もYouTubeに多数上がっていて、下記の映像がGinger Rootの雰囲気を良く表していると思う。

www.youtube.com

途中で「残酷な天使のテーゼ」をインストで演奏して、会場もそれなりに盛り上がっている。Hollywoodでもエヴァ知名度は高いのか?知らずに盛り上がっているかもしれないが。

米国でどれだけ売れているのか不明だが、今はSpotifyYouTubeなどでworld wideで展開できるので国境は不要なのだろう。良い時代だ。こういう新しい才能を見ると、音楽の力は未だ健在で嬉しくなる。

2022年も半分終えて後半戦

2022年も半分終えた。軽く振り返る。

年末にSR400号のキャストホイールが付いたけど、寒くてあまり乗らず。

年初の一番の出来事は無線の国家試験。1月は3アマの試験勉強をして2月に試験。3月は2陸特の試験。そしてアマチュア無線局の開局申請。アマチュア無線局関連で1月から3月は終わった感じがする。4月になって開局申請の手続きが終わったけど、新しいハンディ無線機を買ったので、変更の申請をした。

2月の終わりにフレットレスベースが仕上がったのも嬉しい出来事。予想以上に良い音というかフレットレスベースの音がすることに感動。そして弾きやすい。今まで弾いたベースの中ではトップだな。

暖かくなってきてGW頃になってSR400号のフロントブレーキの調子が悪くなって1年点検が1週間で終わるはずが1ヶ月弱の入院になった。結果完治したので良かった。北海道ツーリング中に不調にならなくて良かった。点検と同時にSP忠男のPower Boxが付いて、これが良い感じに走りやすくなった。低回転での走行がギクシャクしなくなったので、自分の走り方には向いている感じ。低回転から高回転へスルスルっと上がる感じがとても好き。

明日から2022年の後半戦。北海道ツーリングとお遍路ツーリングが待っている。そう考えると、前半は後半への準備期間だったな。温かい間に、生きている間に、元気な間に、楽しめるだけ楽しもう。

寒くなったら、元気が無くなったら、部屋でズルズルとベース弾いて暮らそう。

それもまた良しだ。

 

 

SR400: 北海島ツーリングの準備を始めよう: バッグサポート

ydf.hatenablog.com

前回ツールバッグを2つ買って、リアキャリアに付けてみた。サイドバッグサポート(バッグがタイヤやチェーンに触れないようにする金具)は不要かと思っていたが、やっぱりサイドバッグサポートは必要みたいだ。ツールバッグを付けて走ると、リアサスにバッグが触れるようだ。あまり良い状態ではない。加えてツールバッグに予備パーツや工具など重たい荷物を入れると、余計にリアサスに触れてしまうだろう。

ということで、サイドバッグサポートを買ってきた。

普通に買えるSR400用のサイドバッグサポートはKIJIMA製かDAYTONA製のほぼ2択。それ以外もあるがあまり見たことはない。今回はKIJIMA製を買ってみた。左右で別々の型番なので、注意して右用と左用を購入。

取り付けにはシートを外して、サスの取り付けナットを緩めるのと、キャリア固定ボルトを外す必要がある。

サスの取り付けナットは締め付けトルクが30[Nm]と指定されている。強く締め付け過ぎるとサスの動きに悪影響があるらしい。今回からトルクレンチも導入して、締め付けトルクもキチンと管理することにした。

サス交換した時にキチンと取り付けるためにトルクレンチを買ったのだが、サス交換は北海道後にしたので、本格的な出番は数カ月後だろう。

サイドバッグサポート取り付けてからツールバッグを付けてみた。バッグには予備パーツと工具(車載工具では心許ない)レイングローブなども入れているので重たいが、バッグサポートがあるのでサスには触れないようだ。良かった。これは良い感じだ。

しかし、立派なサイドバッグサポートが付いたが小さなツールバッグだけでは勿体ない(何が?)ので、大きめのサイドバッグも買ってみた。浪費が続くね。。。

取り外しが簡単で、取り外すとショルダーバッグになる。完璧ではないが防水機能もある。しかもミリタリ風でカッコイイ(笑)。これは17Lタイプ。これより大きい20Lタイプもあるが、縦が縮んで横に長くなるので、たぶんSR400に付けるには大きすぎる。

バイク用バッグを今まで色々と買ったり、作ったりしたが、このバッグが一番気に入っている。これならお遍路グッズを入れて持ち歩きも楽勝だな。

前方から見るとこんな雰囲気で、リアステップに当ってチェーンへの巻き込みは無さそう。バッグのサイドにペットボトルや折り畳み傘が入るポケットがあるのも嬉しい。

余ったツールバッグはフロントに付けてみた。

良い感じに収まっているけど、もしかして空冷性能が落ちているのでは?と不安なので、これは取り外します。このツールバッグの中身はレインウエアなのだが、大きいサイドバッグに入れることになるだろう。

これらのバッグとGlobe Trotter Air Cabinの組み合わせで、かなりの荷物が積めるはず。前回のお遍路ツーリングで諦めたサンダルとか持っていけそうだ。北海道ツーリングが具体的になってきたな。

シェーバー比較: ラムダッシュ6枚刃 VS ブラウンシリーズ9

スキンヘッドにして20年ぐらいたった。ナチュラルにスキンヘッドの人は剃り上げる作業は不要なのですが、自分の場合には意思で剃り上げている。そのため、スキンヘッドを毎日維持するのはとても大変で、毎日毎日剃り上げなければならない。その所要時間は「何を使って剃っているのか」で決まる。道具で決まる。

頭を剃り上げている時間は楽しくない訳では無いが、出勤前の貴重な時間を使っているので、できる限り短い方が良い。剃る時間を短縮するには、良い道具が必要だ。

カミソリとシェービングクリームで剃り上げるストイックな人も多いですが、多くのスキンヘッドの人は道具としてシェーバーを使っていると思う。シェーバーの選択肢は、パナソニックラムダッシュ、ブラウン、フィリップスが3大メーカー。それに続く日立やコイズミなどあるが、選択肢は少ない。多くの人は3大メーカーから選ぶだろう。

フィリップス

パナ、ブラウン、フィリップの中で、フィリップスだけは3つ回転式という独特の方式を採用している。僧侶業界ではフィリップス愛用者が多いらしい。理由は回転式なので頭の上で動かす方向を気にしなくて良い、頭の形に沿うように3つの回転式の刃が変形するので、頭皮に優しい、らしい。自分もしばらく使ってみましたが、スキンヘッドには向いていない、柔らかいヒゲの人向けかと思う。頭髪には向いていないような気がする。

パナソニックとブラウン

方式はどちらも往復式。3大の中でフィリップスは方式が異なるので、この2社はライバルっぽいポジションなのかも。シェーバー買う時に比較対象になると思う。実際に自分が買う時に、どちらにしようか悩んでいる。だいたいパナとブラウンを交互に買っている。その上で個人的な感想として、パナとブラウンを比較してみた。カタログスペックには載っていない項目も比較してみた。価格等はKakaku.comで調べたほうが良い。ちなみに現在使っているのはブラウンなので、若干ブラウン贔屓の比較になっているかもしれません。

 

項目 パナソニック ブラウン
名称 ラムダッシュPro6枚刃 シリーズ9Pro
刃数 ◎ 6 4
サイズ 6枚刃が大きい ◎ 従来のブラウンと大差無し
セミハードケース 大きい ◎ パナより小さい
充電器 大きい 大きい
USB充電 USB充電ケース有り(大きい) USB充電ケース有り(大きい)
USB充電ケーブル 無し ◎ 他社製有り
深剃り ◎ 95点 80点(パナに多少劣る)
癖ヒゲ 75点(ブラウンに劣る) ◎ 90点
頭剃り ◎ ヘッドが自在に動く 刃が自在に動く
ヒゲカス出ることがある
振動 大(悪くない)
充電中利用 ◎ OK(LS5P) NG

バイクでお泊りツーリングに行くときには荷物をできるだけ減らしたいので、今はブラウンを使っている。ケースが多少小さいのと、他社製のUSB充電ケーブルが便利です。が、自宅で使うならラムダッシュの方が良いかもしれません。上記表で見るとラムダッシュの方が◎が多いし。どちらかが決定的に劣っている訳では無いので、どちらを使っても満足できると思います。自分は今回はサイズを最優先しました。お遍路ツーリングのときに荷物減らすの大変だったので。