アマチュア無線4級の国家試験を受けることに

アマチュア無線4級の国家試験を受けることになった。通称「4アマ」と呼ばれる資格を取得する。試験日は2021/12/19(Sun)。

トップページ|公益財団法人 日本無線協会

日本無線協会によると来年から4アマの国家試験の一部はCBT(Computer Based Test、PCを使ったテスト)方式になるらしい。前述の12/19の試験は最後のペーパーテストで、当日申し込みが可能、なのだがコロナ対策で当日試験の事前電話予約(矛盾しているが)が必要になっている。その事前電話予約の日が今日だった。予約開始は09:00からで、電話したら話し中。その後も何度か電話したが話し中だった。諦めて仕事を初めて昼休みの中頃に電話したら繋がってしまった。必要事項を伝えると予約番号を教えてくれた。この番号を試験当日に告げれば国家試験を受けられるらしい。

試験を受けるきっかけは有るような無いような。無線を意識したのは、地域の防災拠点の活動だったろうか。自分は地域防災の活動で事務局を担当させられているのだが、他にも色々と担当があって、その中に「無線担当」の人がいた。大人しいマイルドな感じのおじいさんだったが、ある日亡くなってしまった。先月は元気だったのにねえ。やっぱり人はいきなり死ぬんだな。

その防災の無線担当者は不在のままで活動を続けるらしい。後任を見つけるのは難しいとのことだ。そこで自分が無線の資格をとって後任に。。。などと考えることは無い。ちょっと無線に興味が湧いただけなのだ。

自分の周囲でも子供の頃に無線が流行ったときがあったと思う。実際に自分の周囲で無線の資格を持っていたのは中学生のときだったかなあ。誰かが持っていたような気がする。当時の中学生向けの雑誌で無線の記事があったような気もする。自分は無線機にはちょっと興味があったけど、アマチュア無線の世界はなんだか暗くて陰湿で良い印象が無かった。知らない人と話をして何が楽しいのか?と思っていたような気がする。

しかし、最近はTwitter等で知らない人とメッセージをやりとりしたりして、知らない人と交流するのも悪いものでは無いなあと思い直している。実際に知らない人と通信するかどうかは分からないけどな。まあ、そうこうことを試してみるもの良いだろう。

4アマ試験勉強の本を探すと、どうやらこの本を選ぶしか無いようだ。選択肢は少ない。あと20日ぐらいあるので、効率的に勉強というか暗記していこう。

生きているうちに、少しでも興味のあることは、やっておいたほうが良いのだ。

人は死ぬときはいきなり死ぬ。

SR400: 冬のバイクツーリング

短い秋が終わった。バイクには良い季節だったのに。名残惜しい限りだ。そして冬になった。いきなり冬だ。家の中も寒くなってきてエアコンを暖房に切り替えた。加湿器も出した。電気毛布も。

寒いのは苦手なので、SR400号に乗る機会が減る。それは寂しいと、防寒装備も色々と買っている。

・電熱グローブ(RSタイチのまともなやつ)

・電熱ベスト(Amazonのアヤシイやつ)

・防寒ジャケット(ワークマン)

・防寒パンツ(ワークマン)

しかし、防寒装備はモコモコしていて動きにくく、正直、あんまりカッコよくない。なので寒い中を防寒装備で走るのはあんまり好きではない。それではバイクに乗れないので、日中の暖かい時間に走るようにしている。

冬だと、10時から14時ぐらいまでは、日差しがあれば暖かい。4時間だけだが、革ジャンでも大丈夫なぐらい暖かい。なので、最近はこの「暖かい時間」だけバイクに乗っている。短い時間なので、行ける場所は限られていて、神奈川県内だと三浦半島一周、鎌倉山周辺、伊勢原から秦野、宮ケ瀬かなあ。もしくは都内かなあ。その辺りだろう。

もう少し頑張って朝の7時に出発すれば、フェリーで房総半島や、伊豆半島も行動範囲に入るけど、伊豆方面だと凍結防止の塩化カルシウムが道路に散布されていたりして、バイクのサビの原因になったりするのでイヤなんだよねえ。

すると、やっぱり短時間ツーリングになってしまうなあ。雪が積もる地域の人は、バイクをショップに預けることもあるそうだ。関東だと聞いたことがないけど。それはそれでケジメになって良いかもしれないなあと思った。

せっかく雪の積もらない関東に住んでいるのだから、今年最後のツーリングを考えてみようと思う。

(なんだかまとまりのない文章になってしまった)

「はてなブロガーに10の質問」に答えてみた

今日はSR400号の洗車をする予定だったけど寒くて外に出られないので、

はてなブログ10周年特別お題「はてなブロガーに10の質問

に答えてみました。

 

ブログ名もしくはハンドルネームの由来は?

下の質問「きっかけ」にも書いてありますが、Web日記時代のタイトルをそのまま引き継いています。

はてなブログを始めたきっかけは?

Web日記の「さるさる日記」が閉鎖されるので「はてなダイアリー」に移行して、その後に「はてなブログ」に移行しています。なので一番古い記事ははてなダイアリーはてなブログの開始より古く2001/09/16から。

文書生活 : text life オープン - 文書生活 : TEXT LIFE

Web日記を始めた理由は「自分の生活を文書でポジティブに捉え直すことが出来るか否かの実験」でした。自分の生活の良い面だけを文書で記述すれば、そんなに悪いものではなく、Webで良く見るようなキラキラした生活になるのでは?と。それでタイトルが「文書生活」。当時のWeb日記は画像を掲載する習慣が無かったので「文書」でとなったような気がします。なので今でも文字量は多め。

自分で書いたお気に入りの1記事はある?あるならどんな記事?

20年分の文書がたまっているので、何を書いたのか覚えていないです。

ブログを書きたくなるのはどんなとき?

何もなくとも書くようにしたい。

ですが、出かけた、買った、作った、みたいな記事が多いかもしれません。

下書きに保存された記事は何記事? あるならどんなテーマの記事?

下書きには保存していないです。その時の勢いで一気に書いて公開しています。

自分の記事を読み返すことはある?

あります。バイクの記事はその季節と装備と行き先とか参考にしています。旅行の記事も同様です。

好きなはてなブロガーは?

色々と読んでいます。

はてなブログに一言メッセージを伝えるなら?

末永く続くことを願っています。

10年前は何してた?

ももクロにはまっていました。

震災後の世の中を照らした明るい存在だったと思っています。後にももクロから後にエビ中にはまることになります。

ももクロ三昧 - 文書生活 : TEXT LIFE

この10年を一言でまとめると?

やりたい事をやっておこうと考えるようになった。

この瞬間にも人生や世の中が終わる可能性があることを震災で実感したので。

SR400: 千葉県道93号線

火曜日は勤労感謝の日で仕事場はお休み。月曜日は休日出勤の代休にしたので、土曜日から4連休になった。でも天気予報は土曜日は良いけど、他の日は微妙な感じ。なので土曜日はSR400号で走ることに。目的地は、今のうちに山の方に行っておきたいが、既に気温が下がっているので楽しくなさそう。なので、冬のツーリングのお気に入りの房総半島に行くことにする。房総半島には何度も行っているが、房総半島の道はどれも素晴らし良い。ツーリングマップルでは海沿いしかオススメされていないが、普通の道路がバイクで走ると非常に良いのだ。

房総半島に行くには、首都高で東京湾をぐるっと走る、アクアラインを渡る、久里浜金谷フェリーに乗る、の3つのルートがある。費用はどれも同じぐらい。自分が好きなのは最後のフェリーだ。40分で到着するので、少し休憩したり軽くオヤツを食べるのにちょうどいい時間だ。

前日にフェリーの時間を確認すると、フェリーの点検中らしく、便数が半減している。久里浜発が06:20の次は08:20。2時間に1本になっている。日の出も遅いので08:20に間に合うように出発。土曜日だというのに通勤ラッシュにはまるが、フェリー乗り場に20分前に到着。見ると多くのバイクが並んでいる。減便の影響かもしれないなあ。チケット売り場も列が長くなっているが、並んでいる人は08:20の便に乗れるとのこと。

f:id:ydf:20211120081110j:plain

f:id:ydf:20211120090812j:plain定刻より少し遅れて出航。バイクとクルマが多かったらしい。船内にも人が多い。こんなのは始めだ。早速売店に行っていなり寿司を買う。テーブル席が取れなかったので、オマケの味噌汁は辞退して、温かいお茶といなり寿司で朝ごはんにする。

f:id:ydf:20211120084313j:plain

いつもは船内の席でツーリングルートを確認しているのだが、子供が船室の外に駆け出していくのを見て、自分も船室の外に行ってみる。見ると上に向かう階段がある。なんどもフェリーに乗っているが、初めて気がついた。上に甲板があって外に出れたんだな。これは良いことを知った。いい気分だ。

40分は短くて、あっという間に到着。自宅から久里浜まで着てきたライトダウンジャケットは丸めてスタッフバッグに入れてウエストバッグに入れる。たぶん房総半島は暖かいだろう。フェリーの外に出て走り出すと暖かい。小春日和というやつか。

今日はマザー牧場経由で久留里駅から月崎駅に抜けて養老渓谷駅まで行く。こう書くと電車に乗る感じだが、千葉県道93号線が東京湾岸の上総湊からマザー牧場久留里駅月崎駅に通じている。Google mapsで見るといい感じだ。

県道93号線は久留里鹿野山線ともいう。マザー牧場を過ぎて鹿野山展望台に来る。雄大な眺めだな。四国っぽい山の連なりが見える。ここは夕方のほうがきれいなんだろう。

f:id:ydf:20211120094956j:plain

ここから走るとスグに久留里駅まで到着してしまう。その先の月崎駅養老渓谷駅もそれほど距離は無い。冬のツーリングには丁度いい感じだ。

f:id:ydf:20211120105010j:plain

時間があれば養老渓谷をハイキングしても良いんだか、すぐに日が陰って寒くなりそうなので、そうそうに出発する。鮎の塩焼きは美味しそうだったが、季節外れだよねえ。

f:id:ydf:20211120105309j:plain

今日の目的地に到着してしまったので、ここからどうしようかと考えたが、寒くなる前に帰ることにする。途中でお昼ごはんでも食べようかと思ったが、タイミングを逃して(ラーメン屋に気がついたときには通貨していた)そのまま走り続けてしまう。

圏央道に入ってアクアラインに入る。強風で横に飛ばされそうになりつつ、海ほたるでお昼でもと思ったが、海ほたるに入るクルマが渋滞していたので、そのまま走り続けて帰宅する。14時過ぎだったが、既に日が傾いている。もう少し遅い時間だと寒くなってしまうだろう。冬のツーリングはこのくらいで丁度いいのかもしれない。

f:id:ydf:20211120175913p:plain

 

お遍路: まとめ: 日程

バイク、SR400号で回ったお遍路をまとめておく。関東に住む人がバイクでお遍路に行くときの参考になれば嬉しい。宿泊地は総て市街地。コンビニや飲食店が近くにあるホテルが好きなので。ホテルは事前に予約してから行った。

日程は短時間や高効率を目指していないので、ある程度ゆとりのある計画にしたつもり。人によっては厳しいと感じるかもしれない。お寺では本堂と太子堂で、ろうそくと線香、お経をそれそれあげて、納経帳に御朱印を頂いている。お寺に30分以上は滞在していると思う。移動も駆け足ではなく、のんびりと歩いている。特に長い階段(石段)があるお寺も多いので、それなりに時間がかかっている。

Date Action Hotel
2021/10/29(Fri)

18:00 東京有明フェリーターミナル
19:30 出航

フェリー船内
2021/10/30(Sat)

13:20 徳島港到着
15:XX 門前一番街(No.1に隣接)でお遍路グッズ買う
お遍路: No.01 to No.03
チェックイン

徳島市街: 徳島センチュリープラザホテル(1泊目)
2021/10/31(Sun) 朝から雨なのでホテルで待機
10:00 雨が上がったのでホテルから出発
お遍路: No.04 to No.12
ホテルに戻る
徳島市街: 徳島センチュリープラザホテル(2泊目)
2021/11/01(Mon) チェックアウト
お遍路: No.13 to No.21
チェックイン
阿南市街: ロイヤルガーデンホテル阿南
2021/11/02(Tue) チェックアウト
お遍路: No.22 to No.28
チェックイン
高知市街: サウスブリーズホテル高知海月
2021/11/03(Wed) チェックアウト
お遍路: No.29 to No.37
チェックイン
四万十市街: ホテルサンバリー四万十
2021/11/04(Thu) チェックアウト
お遍路: No.38 to No.43
高速道路を移動
チェックイン
徳島市街: 徳島グランヴィオホテル
2021/11/05(Fri) チェックアウト
10:00 徳島港
11:20 出航
フェリー船内
2021/11/06(Sat) 05:30 東京有明フェリーターミナル (自宅)

事前に計画を立ててから出発したが、ほぼほぼ計画通りだった。計画外だったのは、次の2つぐらい。

[1] No.04からNo.13まで回る計画だったが、No.12までだった。途中の山中でガス欠になりそうで、一旦山を降りてガソリン入れて、再び山を登ったので計画がズレた。

[2] 最後のNo.41/42/43をまわったこと。計画だとNo.40で終了だった。

計画を立てたときは、

まっぷる 四国八十八か所 お遍路の旅 (マップルマガジン 四国)

に載っていた車遍路のモデルコースを参考にした。このコースの前提は、初日の朝に徳島市街を出発すること。主にレンタカーを想定してる。自分の場合にはフェリーだと13:20到着なので、モデルコースはそのまま使えない。参考までに記載しておく。

Date Action Hotel
1日目 お遍路: No.01 to No.11 No.06 or No.07の宿坊
又は徳島市
2日目 お遍路: No.12 to No.21 道の駅鷲の里
又は阿南市周辺
3日目 お遍路: No.22 to No.28 高知市
4日目 お遍路: No.29 to No.37 No.37の宿坊
又は窪川周辺
5日目 お遍路: No.38 to No.40 宇和島市
6日目 お遍路: No.41 to No.50 道後温泉
又は松山市

お遍路の続きは来年になりそう。それに向けて実施時期も含めて計画を立てておきたい。

SR400: 奥多摩湖に行く

バイクお遍路から戻って1週間が過ぎた。しばらく乗らなくても大丈夫かと思ったが、お休みの日はバイクに乗りたい。土曜日に早起きして出発しようと思ったが、予想以上に寒くて日が出てから出発する。防寒のために、長袖Tシャツにインナープロテクター、薄いフリース、革ジャンの上にモンベルのライトダウン。モモヒキも履いている。

綾瀬ICから東名に乗り海老名SAで吉牛の朝食。交通情報を見ると、圏央道は25km渋滞。東名も20km渋滞。中央道も渋滞。朝の8時前でこれだけ渋滞するとは。事故情報が無いので交通集中の渋滞だろう。今日の目的地の奥多摩湖圏央道経由で行く予定だったが、渋滞になっていない相模原ICで降りて一般道で行くことにする。

その一般道も朝の交通集中で混雑していたが、クルマは流れているので耐えられるレベル。日の出に9:30ごろ到着して一休み。

f:id:ydf:20211113094517j:plain

お遍路から戻って洗車してないので汚れているが、走る時間を優先したい。これからどんどん寒くなるし。奥多摩湖に向けてR411を走る。カーブはなだらかで景色も良い。ツーリングというよりもドライブルートだな。渋滞はなくクルマも流れているので、のんびり走るには丁度いい。標高が上がると紅葉がポツポツと見えてくる。短い秋を見ておかねばな。

f:id:ydf:20211113110502j:plain

11:00頃に奥多摩湖に到着。バイクもクルマも多いね。コロナが落ち着いて観光シーズン。バイクを止めて湖畔を少しだけ歩いてみる。のんびりしていい感じだ。東京都は広いねえ。

f:id:ydf:20211113110227j:plain

逆光なのでよく見えないが、夕方なら紅葉がもう少しきれいかもしれない。駐車場にあったモミジはいい感じの色になっている。紅葉は近くで見るものだよねえ。

f:id:ydf:20211113111712j:plain

f:id:ydf:20211113111754j:plain

一通り見たので出発する。バイク乗りならばここから奥多摩周遊道路に行くのだろうが、お遍路から戻って1週間仕事して疲れも溜まっているので、このまま帰宅することにする。パトカーがすごく多いし、白バイも複数見かけたし、走り屋バイクも多数見ている。私ののんびりペースで周遊道路を走ったら、事故に巻き込まれそう。

f:id:ydf:20211113112430j:plain

帰路は気温も上がってきたのでライトダウンを脱いで丸めてウエストバッグに入れる。革ジャンで走れる季節もそろそろ終わりだなあ。来た道のR411を戻り、圏央道に入る。下りは大した渋滞もなくスルスルと走る。お腹が減ったので東名の海老名SAで昼食を頂く。駐車場も大混雑だし、フードコートもテーブルを取るのが大変。本来の姿に戻ってきたなあ。コロナ時代のガラ空きのフードコートは楽だったが、賑わいを見るのも良いものだ。

f:id:ydf:20211113134454j:plain

浅草のKADOYAから革ジャンが仕上がったと連絡があった。明日にでも受け取りに行くかな。

お遍路: 8日目

f:id:ydf:20211105092803j:plain

ホテルでゆっくり起床。今日はフェリーに乗るだけ。フェリー乗り場はホテルから10分ぐらい。10時過ぎに到着すれば良いので時間は少しある。鳴門大橋でも行こうかと思ったが、徳島本町あたりで大渋滞にはまりそうなので止めておいた。ホテルでゆっくり朝ごはんを食べて帰り支度をすることにした。

f:id:ydf:20211105075237j:plain

大きなホテルによくある朝ごはんを、川沿いの眺めの良い席でゆっくりと頂く。周囲はビジネスマンが多い感じで、ホテルの宴会場でも勉強会やら説明会など多数開催されるみたい。皆さん、仕事していますね。自分はしてませんけど。

f:id:ydf:20211105092747j:plain

部屋に戻って荷物を整理する。昨日、不要なものと洗濯物を宅急便で送ったのでスーツケースが少し余裕がある。このぐらいの荷物だけで1週間以上なんとかなったので、たぶんこのスーツケースだけで1ヶ月なんとかなるかもしれない。途中で洗濯の日が数日必要かもしれないが。

f:id:ydf:20211105090947j:plain

10時頃に荷物整理が終わってチェックアウトを済ます。ホテルのコンビニで現金を少しおろしておく。フェリー船内は現金のみなので。ナビにフェリー乗り場をセットして出発。渋滞にもはまらずにフェリー乗り場まで到着。少し早すぎたので、直ぐそばの吉野川の河口を見るため走り出す。到着してみると、とても大きな川なので、河口なのか海なのかさっぱり分からない。ちょっと失敗だったかも。

f:id:ydf:20211105101615j:plain

f:id:ydf:20211106090331j:plain

フェリー乗り場に戻るとバイクが数台止まっている。近くの建物でチェックインを済ませて、ヘッドライトに東京と書かれた紙を貼る。搭乗は11時とのことなので、少し時間があったので近くを散歩する。

f:id:ydf:20211105102124j:plain

防波堤まで徒歩で行けるので行ってみるとフェリーの全景が見える。東京のフェリーターミナルでは見えない景色だな。防波ブロックの近くを歩くのも数十年ぶりかもしれないな。小学生の頃は江ノ島の防波ブロックで良く釣りをしていた。今考えると危険だったかもねえ。

f:id:ydf:20211105102556j:plain

11時近くなったのでバイクに戻る。後ろに並んだ人と四国ツーリングの話をする。フレンドリーで良い感じになって、ツーショットなど撮ってインスタで共有したりした。今回の旅行で人と話をするのは久しぶりだな。お遍路ではご挨拶程度なので。

f:id:ydf:20211105105541j:plain

フェリーに乗り込むと前輪をガッチリとロックする器具にバイクを固定された。行きは床面から固定だったので、より安心感があって良い。Globe Trotterを下ろして船室に向かう。行きと同じ2段ベッドのようなカプセルホテルのような形式の上の段。少し使い方が分かってきて行きより快適になった。

f:id:ydf:20211105112120j:plain

モンベルの上下に着替えてお風呂に入る。気づかないうちに出航していたようで、お風呂から離れていく徳島の風景が見える。次に来るのはいつだろうか。数ヶ月以内に来たいなあ。とか思いつつ湯船につかる。風呂から出て簡単に昼食を食べて自室にこもる。船室はネットがつながらいことが多いので、ホテルのWIFIでアマプラで映画をダウンロードしておいた。007シリーズのショーン・コネリーの初期の作品。何度か見ているがスパイ映画は楽しい。007はスパイなのか?目立ちすぎだからスパイでは無いのかも。

17時ぐらいにお腹が減ったので夕食にする。行きは冷凍食品とかカップラーメンを食べた。あんまり美味しく感じなかったので、今回は缶詰のサバカレーとサトウのごはんを買ってみた。サバカレーを紙皿に出して電子レンジで温めて、サトウのごはんも温めて、紙皿に盛り付けて頂く。これが美味しい。サバカレーの缶詰が中村屋だからか。次回からこれにしよう。

食べ終わって再び自室にこもる。向かいのスペースから壮大ないびきが聞こえてくるが、ノイキャンヘッドフォンの効果で全く聞こえず007シリーズが見れるのは大きい。欲を言えばタブレットが欲しいねえ。iPad miniを買うべきなのかも。あれをスマホ代わりに常用するのが良いのかもしれない。

007シリーズを2本見たところで寝る。東京到着は05:30なので、余裕をもって04:30に目覚ましをセットする。目覚まし数分前に目が覚めるたのは我ながら素晴らしい。起きて顔を洗ったりして支度する。朝ごはんは食べずに飲み物のみ。支度が終わってロビーで着岸を待つ。帰りたくない気持ちがするのは仕事したくないからで、ワイフと娘さんに会いたくない訳ではない。仕事に前向きなれないのは年齢もせいもあるし、仕事場の雰囲気もあるよなあ。まあ、こうして旅行するためには仕事が必要なのだ。旅行のために仕事する。それで良いと思う。

着岸して駐車スペースに降りる。バイクを固定する器具からバイクを出すにはどうするのかと心配していが、普通にバイクを下げればバイクを器具から離せる。良く出来ている。

器具から少しなれた場所にバイクを移動させて、キックで始動。走り出す。そのまま走って船外に出る。寒いだろうと思ってレインウェアの上着だけ来ておいた。やっぱり寒いな。東の空を見ると赤く染まっていて、日の出が近い。フェリーターミナルを離れて首都高湾岸線に入る。土曜日の早朝だけど仕事のクルマが多い。分岐して首都高横羽線に入って横浜新道経由で帰宅。早朝だがワイフが玄関の鍵を開けておいてくれた。ガレージの鍵をとって、ガレージを開けてSR400号をしまう。帰宅できた瞬間だ。

f:id:ydf:20211106063043j:plain

f:id:ydf:20211106063534j:plain

Globe Trotterを下ろす。滑り止めのゴムマットで汚れてしまったが、まあ良いだろう。消しゴムかなにかで少しは消えるだろうが、これも良い思い出になる。ワイフも娘さんも寝ているよう。荷物を解いて、洗濯物を出したりして荷物を整理する。戻ってきた実感はまだないけど、自分のベッドで寝る頃には実感できるだろうか。

一週間以上、バイクでロングツーリングして事故も怪我もなく帰宅できたことが嬉しい。出発前は少し心配はしていて、不安もあったが、路面が荒れていて危険を感じたこともあったが、無事に終えることが出来た。明日は寒川神社にお礼参りに行こう。

今回のお遍路では第1番から第43番まで参拝した。残りの第44番から第88番、そして高野山には来年行けたら良いなあ。今年は難しいだろうなあ。4月までの有給休暇は余っているから、3月初旬に行けたら良いねえ。寒そうだけど。