文書生活 : TEXT LIFE

文書のある生活

SR400: 桜が咲いている

今年の2月は暖かい。最高気温が15度ぐらいの日が多い。本当に暖かいな。10年以上前にRoadracerに乗っていた頃は12月に入ると最高気温が10度を下回っていたはず。10度を下回るとRoadracerに乗らないのでよく覚えている。12月から3月ぐらいまで最高気温は10度を下回っていたと思う。それが今年は2月に入っても15度とは。これは地球温暖化とは違う、別の気象現象ではなかろうか。

これだけ暖かいと梅も咲くけど桜も咲いてしまう。早咲きの河津桜ではなくソメイヨシノが咲いてしまう。4月の入学式の頃には桜が散ってしまいそう。今年の花見シーズンは3月だろうなあ。

せっかく暖かいので午後からSR400でその辺をブラブラと走る。冬にバイクで走っても寒くないのは嬉しい。少し風は強いけど良い気分だ。バイクは良い。良いなあ。適当に首都高を走ってPAで一休み。休憩中のライダーも多い。いつもなら長居するライダーもいるけど、今日は皆さん短時間休憩のようだ。せっかくの暖かい日なので走りたいよねえ。自分も暖かいコーンスープを飲んで一休みしてから再び走り出す。

そういえば最近のSR400号のエンジン一発始動率が上がった。というのも、キチンとエンジンの上死点が出るマークを確認してからキックするからなんだけど、2週間乗らなくても一発始動する。インジェクションなので当たり前かもしれないが、昨年末ぐらいの一発始動率の低さを思い出すと、ここ最近の始動率の高さは気持ちがいい。年末に某PAでエンジンキックして立ちごけしたことを反省して、基本に忠実に上死点を確認してからPower Onしてキックする。これで一発始動率は確実に上がる。一発始動率が低かったのは自分が調子に乗っていたからだな。やはり基本は大切だな。

RICOH GR IIIxを手放す

10年前は仕事場の写真部(非公式)のメンバーとして活動していたので、多数のカメラを持っていた。レンズも沢山持っていたし、フルサイズセンサーに300mm F2.8なども多用していた。アナログのLeica MPも良く使っていて、毎月20本ぐらいフィルムを現像に出していた。ヨドバシで普通にフィルムが手に入った頃だ。

仕事場が移転になった頃に写真部の活動が下火になって、以降はカメラから興味が失せてしまった。光学機器への興味は双眼鏡へと移り、カメラはほぼ全部売り払ってしまった。その一部はバイク資金になった。

それでも1年半ほど前にRICOH GR IIIxを買った。

ydf.hatenablog.com

その前にもRICOH GRシリーズは2回ほど買い、どちらも手放した。これで3度目のGR。これは28mmではなく40mmのGRなのできっと使うだろうと思っていたが、結局数えるほどしか使わなかった。スマホで写真を撮るのが当たり前になって、スマホのカメラの画質が良くなって、スマホで写真を補正して、スマホから写真を共有することで写真が完結するからだと思う。それでもGRは画質が良いので使うだろう、なんていったって仕事場では画質も気にするような作業もあるし、なにせカメラは好きだ。。。と思っていたが、結局使わなかった。

街中で気軽にスナップ写真を撮れなくなったのも大きく影響していると思う。

使わなくても愛着があるとか、時々いじると楽しいとか、そんなデバイスは手元に残してあるが、どうにもGRには愛着が湧かなかった。

ならばと、新宿の某カメラ屋にGRを売却することにした。週末に時間があったので新宿までM240号を飛ばして(バイクはまだ寒い)某カメラ屋に直行。見積もりの受付をして、2時間後に再びカメラ屋に行くと査定が出ていた。予想以上に高額でビックリした。最近の価格高騰はカメラ下取りにも出ているのかもね。

そういえば中古ギターの価格も上がっているし、新品と大差ない価格の中古も出てきている。GRもそんな価格で売られるのだろうな。新しい持ち主のことろで活躍することを願っている。

春節が始まって、仕事は一息ついたので楽器屋巡りする

春節は2月8日から始まった。良かった。仕事が少し楽になった。春節前(大晦日らしい)に低品質の納品物を乱発されて、怒りたいやら泣きたいやら、複雑な心境で片づけた。若い上長は「納品前にそちらで相互チェックしてください」との厳しい要求を突き付けてくれたので、多少は品質向上が見込める。あんまり期待して無いけど。

仕事が少し楽になり、気持ちも少し楽になったので、仕事場の帰りに楽器屋に寄ってみた。仕事場から一番近い楽器屋でベース専門店という珍しい店だ。今まで行ったことは無かった。理由はYouTubeを見る限り、ちょっとノリが合わないかも、と思ったからだ。若い社長と若い店員で頑張ってやっている感じが、半分以上おじいちゃん化している年齢にはキビシイかなと。それでも品揃えに興味はあるので行ってみた。珍しいメーカーのベースを揃えているのだ。

店はビルの上階にあって、土足禁止だった。初めてのことだ。店内は広くはないがベースがビッシリ並んでいる。良い眺めだ。眺めるだけでも満足度が高い。聞いたことないメーカーのベースがあったりして良い感じだ。店員は積極的に声をかけてこないスタイルなので、気楽に見れるのは良い。お目当てのフレットレスベースは少なくて(というかどの楽器屋でもフレットレスは少ない)2本だけだった。1本はMomoseのカスタムでCrew ManiacsのJackson 5っぽい作り。店員曰く、Crewはディバイザー(Momoseを作っている会社)で作っているので、Crewより作りが良いとのこと。ただし5弦だったのでパス。もう1本はSireの5弦。こちらも良い感じだったが5弦だったのでパス。惜しいなあ。最近は5弦がメインなのかも。

週末には新宿と新大久保の楽器屋に行ってみた。新大久保にはクロサワのベースセンターがあったはず。ショップの地下フロア全部がベースだった。のだが、地下フロアはコントラバス専門ショップになり、ベースセンターは1Fの一角にあるのみ。残念だわ。フレットレスは1本調整中のみ。ちょっと残念。TC楽器も行ってみた。こちらもエレキ系が減ってアコギが増えていた。フレットレスは数本あったが状態が悪く今一つ。Tuneの4弦を試奏させて頂いたが、フレットを抜いたモディファイのようで弦高が高く良くなかった。ブリッジを見るとこれ以上下がらなそう。

新宿はイシバシを見てみたが、フレットレスはフェンダージャパンの4弦のみ。こちらも弦高が高めで今一つ。しかも中古なのに新品近い価格。最近の価格上昇は中古楽器にもあるようだ。これなら新品買った方が良い。

最近は楽器屋といえばフレットレスベース探しになっている。フレットレスベースは種類も作っている本数も少ないので、中々良いベースに出会えない。もちろん買える値段でないと意味が無い。

今使っているフレットレスは良さげなベースを買って、フレットレスにモディファイしたものだ。なので、弦高があまり下がらないのだ。下げすぎるとテンションが減って鳴らなくなるし、そもそもブリッジの限界まで下げても、自分が求める高さまで下がらない。なので最初からフレットレスとして作られていて、弦高がベタベタに下げられるフレットレスを探しているのだ。

今まで「これは当たりか!?」と感じたベースは、下倉セカンドハンズにあった。ボロボロのフェンダー。試奏したらすごく良かった。魂を持っていかれそうな音がした。が、セカンドハンズはメンテに不安があるし、ボロい割には高かった。買って別の店でメンテしてもらえば良いのかもしれないがなあ。中古のベースはネックが不安なんだよ。反っていたり、ねじれていたりするのもあるからな。

もう一つはCrew Maniacsのジャズベっぽいフレットレス。これは指板を厚くして弦高下げられるにようなっている。一度試奏したが、弦高が高く設定されていて思ったような音が出ていなかった。ラウンドワウンドだったし。自分はフラットワウンドのフレットレスが大好きなのだ。たぶん、Crewをフラットワウンドに張り替えて、弦高下げてもらえば理想的なんだろうな。値段はセカンドハンズのボロより安いし。

カメラを手放してお金が少し入ったので、真面目に新しいフレットレスを考えたいなあ。

明日から春節なので仕事が多い

中国は明日から春節。02/08(Thu)から02/15(Thu)までお休みするはずだ。仕事を中国に外注しているので、明日から中国の皆さんはお休みになる。「お休み前に」という感じで中間納品物がバカバカか納品されてくる。納品物をチェックするのも仕事の一つだ。

納品物というのがSoftwareで、そのsource codeと仕様書、UT/SST Scriptなども含まれる。最終納品物ではないので、こちらで不具合や仕様違いなどを指摘する。それに合わせて修正する、という感じで仕事が進んでいく。

春節前に、長期のお休み前に、仕事を片づけてしまいたい、という気持ちは万国共通なのだろう。大量のsoftwareと仕様書が送付されてくる。気持ちは分かる。しかし急いで仕事しているからだろうか、品質が著しく低い。softwareなど素人臭がプンプンする。「このcodeは修正した方が良いよね」という箇所が山ほどあるので、ほぼデバッグしている雰囲気になっている。外注先からの納品物なので、これをお金で買っている訳だが、何故にお金を出してデバッグしなければならないのか!?なんとも理不尽で不条理な仕事だ。

最近はデバッグだか検収だが分からない仕事が大量にあって、仕事が長引いて23時過ぎまで仕事する日も多い。仕事が長引く日はremote workにすると、精神的にも楽だし通勤疲れも無いので身体的にも楽だ。ただダラダラと仕事することになる。あんまり良い状態ではないよな。

中国は明日から春節。しばらくは納品物は無いので、少しはゆっくりと仕事が出来るだろう。仕事を早めに切り上げて映画でも見に行くかなあ。STOP MAKING SENSEが映画館で観られるしな。

珍しいな、雪が降るぞ

珍しく雪が降った。そこそこ降った。明日の朝には凍り付いているだろう。怪我する人が出なければ良いのだが。前日から「雪が降るぞ」と天気予報で連呼していた。こういう時にはたいして降らないのだが、今回はそこそこ降った。天気予報の精度も上がっているのかも。

雪が降るということで仕事は早々にremote workに切り替えた。夕方までダラダラと仕事場にいたら帰りの電車を心配することになっただろう。地下鉄なのでたいして影響を受けないが、地下鉄は一度停まると復旧が遅いからな。加えて振り替え輸送も無いし。

明日は雪が凍り付いているだろうから、remote workになるだろうな。予定されていたプレゼンはremoteプレゼンになるだろう。メインの仕事ではないので気楽にプレゼンしよう。

ウィルスバスターを止める、hostsファイルを編集する

長年ウィルスバスターを使っていたが、先日ウィルスバスターを削除した。特定のアプリの自動更新が出来なくなったり、特定のサイトに繋がらなくなったり、ネット利用が不自由になってしまったからだ。

というのも、ウィルスバスターの「例外設定>Webサイト>接続禁止(ブロック)」のリストに良からぬサイト、奇妙な広告サイト、特定のドメイン(xxx/xyz/ruなど)、アフィサイトなどを追加し続けて、「これ以上接続できません(みたいな)」状態になった。それでも古い登録済みサイトを消しながら、追加し続けていたら、ネットに上手くつながらくなってしまった。どのサイトを接続禁止にしたからか不明なので、どうすることも出来ない。それで、ウィルスバスターをuninstallすることにした。少し不安もあるが、ウィルスチェックのアプリはWindows Defenderがあるので、これに任せても大丈夫だろう。たぶん。ウィルスバスターのライセンスはしばらく有効なので少しもったいないけどな。

uninstallが完了して、Windows Defenderを有効にして再起動をかけると、ネット接続は復活。多少接続も早くなったような気もする。たぶん気のせいだ。

ただ、時々出てくる妙なサイトは接続禁止にしたいので、windowsのhostsファイルに追記していくことにした。c:\Windows\System32\drivers\etcの下にあるはず。追記には管理者権限が必要になる。

hostsファイルは古いUnixを使っていた人は懐かしいかと思う。Linuxだとhostsへ設定する機会はかなり減っていると思う。HostsファイルはHost name(DOMAIN NAME)とIP addressを併記しておく設定ファイルで、普通のテキストファイル形式になっている。システムがHost nameでアクセスしようとした時に、その併記されているIP addressに行くようになる。

なので、妙なサイトのHost nameにアクセスしようとした時にLoop back address(= 127.0.0.1)に行くようにHostsファイルに書いておけば、そのHost nameにアクセス出来なくなる。例えば、XXXX.comへの接続を禁止したいならば、Hostsファイルに

127.0.0.1 XXXX.com

と記載しておけば、XXXX.comにアクセスしようとすると127.0.0.1 = 自分のPCにアクセスしようとして、アクセス出来ない、となる。

c:\Windows\System32\drivers\etc\hostsを管理者権限のnotepadで開いて編集して保存するのは面倒なので、最近はPowerToysに"Hosts File Editor"というツールが含まれている。これを利用するのが一番簡単。

ただし、Hostsファイルへの妙なサイトの追記も少し欠点があって、ワイルドカードが使えない、大量に追記するとレスポンスが悪くなる、など万能ではない。が、最近のソコソコなパワーがあるPCならば、大量に追記しても問題なく動作すると思われる。たぶん大丈夫。

SR400: K&Hのカスタムシートを注文する

1月末だが暖かい。日中の気温は10度以上ある。10度あればバイクで走っても寒くない。それなりの防寒装備があれば。昼前から時間が出来たので、久しぶりにSR400号で走ることにする。今年になって初めてまともに走らせる。

防寒装備は足元からエンジニアブーツ、モモヒキ(タイツでないのがポイント、モモヒキは良い)、EDWINのバイクジーンズ冬用、モンベルのウィックロン長袖シャツ、モンベルのフリースセーター、KADOYAの革ジャン、バラクラバ、ダウンネックウォーマー。使い捨てカイロはヘソと背中に装着。グローブはKADOYAのガントレット。電熱は無し。

近所のガソリンスタンドでガス満タンにしてタイヤのエア調整。久しぶりに走るので0.2気圧ぐらい減ってた。タイヤのエアは大切だ。

とりあえず目的地は決めずに走り出す。とりあえず横浜新道を北上する。70km/hで走っても少し寒いだけ。これなら行けそう。第三京浜に入ると周囲の車の速度が上がる。日差しがあるのでそれほど寒くない。都築のPAで小休止しつつ目的地を考える。前から行ってみたかった朝霞のK&Hに行くことにする。K&Hはカスタムシートを作ってくれるショップだ。

KandH

SR400の純正シートはそんなに良いものではない。かなり柔らかめで、フラットかつ前に向かって傾いているので、座った位置が上手く決まらない。自由度が高いともいうが。長時間乗っているとオシリが痛くなることもある。なので、ロングツーリングの時は硬めのメッシュ座布団を使っている。メッシュ座布団は使うと手放せない。オシリは痛くならないし、暑い日は蒸れないし、雨の日はオシリが濡れない。見た目は圧倒的に悪いが。

そんな感じで純正シートの座り心地は気に入っていないのでカスタムシートが欲しかった。SR400のカスタムシートは沢山の種類があるが、自分の乗っているFIのFinal Editionに対応したシートはほとんど無い。SR400の長い歴史の中でシート下に数々の追加された機器が詰まっているから、昔のSR400のシートは使えないのだ。そんな状況の中でK&Hさんは、SR400 FI対応のカスタムシートを作ってくれている。ありがたいことだ。

第三京浜を世田谷で出て環八を少し走って首都高に入ってC2で高島平へ出る。そこから少し走れば埼玉県朝霞市に入るとK&Hは近い。スマホのナビで場所を確認してショップの前にバイクを停める。ショップというより工場に併設されたショウルームという感じ。ショップのお兄さんにSR400のカスタムシートを注文したいことを伝える。K&Hは一つずつ注文に応じて作ってくれる。本当のカスタムシートなのだ。

注文はバイクの車種に応じてシートの形状、レザーの色、ステッチの色、リベットの有無などを決めていく。以下はSR400の事例なので、他のバイクだと違うと思う。カスタムシートの組み合わせは無数にあるので、ある程度テーマというか方針は予め決めておいた良い。自分のカスタムシートのテーマは「ほぼ純正と同じ」。

1)シートの形状を選ぶ

段付き、テールホップ、フラットテール、ローシート、ダブルシートの形状があって、それぞれに純正カウルを付ける/付けないの2種類がある。自分の注文は「ほぼ純正に近い」なので、お兄さんがフラットテールとローシートを選択してくれた。フラットテールは純正よりシート高が10[mm]高く、ローシートは20[mm]低い。

2)試乗する

K&Hがスゴイのは、フラットテールとローシートのサンプルの「自分のSR400に付けて試乗できる」ことだろう。素晴らしい。

早速フラットテールから試乗させてもらう。フラットテールは足を降ろす部分が細いので、足つきは純正とほぼ同じ。シートは少し硬いというかしっかりした感じ。フラットだが少しだけ段があるのでオシリの収まりは良い。良い印象だ。

次はローシート。フラットテールと比べると30[mm]低いことになるので、足つきはかなり良くなる。ドカッと座るドラッグスターを思い出した。オシリが下がった分だけヒザがタンクに良く当たる。シートの段もフラットテールより大きいので収まりは良い。足つきが良いので、跨ったまま足でバイクを移動させるのが楽だな。

3)見た目(シルエット)

真横から見た目は、フラットテールはほぼ純正と同じ。シートのテールがかなり低く、本当にフラットだ。純正は前に向かって真っすぐ傾いているのだな。ローシートの見た目はタンクからのカーブがシートにつながって、大きな弧を描いてシートのテールにきれいにつながる感じ。これは美しいシルエットだ。

実はこの美しいシルエットでローシートに決めた。お兄さんはフラットシートを勧めていたが、足つきとか関係なく見た目で決めた(笑)。

写真は試乗したローシート。ショップのカウルなので色が違う。レザーの色、ステッチの形状や色は注文とは違う。タンクからシートにかけて大きな弧を描いているのが美しい。

純正のシートはこんな感じにフラットというか直線に近い。座面は全体的に前に傾いている。

4)レザーの色とステッチの色

レザーの色はお兄さんに純正シートに近い色を選んで頂いた。完全に同じ色は無いが、かなり近い雰囲気の色になった。ステッチの色も同様に近い色を選んで頂いた。純正シートの色はとても気に入っている。ステッチの形状やパイピングも純正に近い形にして頂いた。

5)リベットなどのオプション

テーマは「ほぼ純正と同じ」なのでリベットなどのオプションは無しとした。

注文内容が決まって伝票を作って頂き支払いを済ます。ここまでで1時間かかった。結構長かったた。それ以上に満足の行く買い物だったな。これから作成して頂いて、出来上がったら配送してもらうことにした。4月の半ばには出来上がるだろうとのこと。GW前には手に入りそうだ。これは良い感じだ。