在宅勤務で気持ちを切り替えるにはどーすりゃいいの

在宅勤務2日目。仕事場への接続環境が悪くてメンバーから苦情が来てる。自分も詳しくはないが、ほぼ全従業員がRemote Workする前提のインフラ設計ではないと思う。まあ、レスポンスは悪くなるよな。しかし、予想に反して、今日の夜に増強工事するとな。今までの仕事場では考えられないフットワークの軽さに驚きを覚えた。ついにやる気を出したのか。増強工事の効果は月曜日にならないと分からない。期待して週末を過ごそう。

今日は18時前に仕事を切り上げ。その後、すぐ夕食。なんだけど、気持ち的には未だ仕事モードで表情が険しくなっているのが分かる。すごく分かる。すごく良くない。

普段は仕事場から自宅まで1時間弱かけてのんびりと帰ってくる。地下鉄の座席に座って40分ぐらい。ゆるい音楽を聞きながら、ボーッっと本を読んだりTwitterを見たりしてる。この時間の過ごし方が大事なんだろうなあ。在宅勤務だとこれが無いんだよねえ。在宅と言わず、自宅で事業をされている人たちは、どうやって気分を切り替えているんだろうねえ。それとも、仕事モードでは険しい表情になる必要が無いのかねえ。

在宅勤務では気持ちを切り替える何が必要だということが分かった。特に、仕事モードから普段モードに切り替える何かが。ネコとかイヌとか居れば良いのかもしれないが、ネコもイヌも苦手、動物全般苦手なんだよねえ。ぬいぐるみでも買おうか。

在宅勤務

仕事場も重い腰をようやく上げて在宅勤務に切り替えることになった。期間は来週末までだが、延長の可能性もある。日本も危機的状況にあることを認めざるを得なくなったのだろう。

そして、今日はその在宅勤務の初日だったのだ。仕事場に行くのと同じような服に着替えて、気分を仕事モードにする。自室の作業机に鎮座していたミシンを片付けて掃除して、仕事が出来る環境を整えた。会社のNotePCをネットにつないでメールの整理などしていたら、上長から「緊急」のメールが届いて、在宅勤務の方針変更、全面的に在宅勤務で期間が今月末までとする。しかも、状況に応じて期間延長の可能性もあり、とのこと。危機的状況を重く受け止めたのだろう。いよいよ感染者が爆発的に増える直前なのかもしれない。

今日は一日、メンバーに在宅方針変更の連絡と今後の仕事の進め方の相談。方針の上長への報告資料作成と報告で終わってしまった。というか定時で切り上げた。仕事が終わった直後に自室に居るのは不思議な気分。仕事からプライベートへの気分の切り替えには通勤が必要なのかもしれない。

WW I、WW IIと同様の戦時下だと主張する人も増えてきた。毎日死者の数をニュースで聞くのはシンドイものだ。このウイルス騒ぎがいつか終わると信じて、もう少し前向きに生きられるよう、生き延びられるよう、方法を模索しよう。

マスクを作っています

新型コロナウィルスの予防にマスクは有効か否か?良くわからないのだが、マスクをしていないと電車内で白い目で見られているような、同調圧力を感じるようになってきた。とはいえ、マスクは手に入らないし、自宅にあるマスクもそろそろ底をつきそう。

なので自分でマスクを作り始めた。こんな世の中に対して自分が役に立つのはマスクを作ることぐらいしか無いのかもしれない。材料は先日日暮里トマトで買ったリネンとダブルガーゼ。マスク形状はベトナム型(真ん中に縦に縫い目が出る立体形状)。型紙はネットに掲載されているのを3種類ほど参考にさせて頂いた。

その型紙通りに試作してみた。が、顔に合わない=小さい、顎のラインが丸出し、立体度合いが弱い、など色々と不具合も分かってきたので、結局自分で型紙を起こして試作したらいい感じだったので、日暮里で買った材料で作ってみた。

材料は多めにかったつもりだったが、型紙を当ててみると12個しか作れない。もっと沢山作れるつもりだったのだが、まあ仕方ない、12個作ってみることにした。

ダブルガーゼは洗濯すると縮むので、最初に生地ごと水洗いすることに。洗うと切った端がほつれるので、裁ち目かがりしてから洗濯機に入れた。ついでにリネンも一緒に洗濯。生乾きの状態でアイロンをかけて生地を均す。そこから型紙をあててテキトーに裁断してから、ロータリーカッターで型紙通りに切り出す。マスク1個につき4パーツ必要なので、全部で48パーツ切り出す。表合わせで、表面のリネンを縫い合わせ、裏面のダブルガーゼも同様に表合わせ縫い合わせる。立体形状になるようにアイロンを当てて整形する。この時点で結構時間がかかったので、今日のノルマは6個作成に目標ダウン。表面と裏面を縫い合わせて、チャッチャかやるとマスクの出来上がり。かなり丁寧目に作っているのでかなり時間がかかったが、夜の10時には6個完成。なかなか良い出来栄えだ。が、リネンとダブルガーゼなので「通気性が良すぎる」。もしかして花粉も通過するかも。でも、これから暑くなるので通気性が良いほうが楽ちんだし、自分のクシャミやセキがそのまま人にかかることは避けられそうなので、これで良しとする。同調圧力を避けるにはこんなマスクで十分だろう。

Smart Bandのfitbit inspire HR

最近は自宅に居る時間が長い。プールにも行けないし、お出かけも自粛。運動は嫌いだが運動不足で体調不良になるのも嫌い。最低限の運動はした方が良いのだが、その最低限を測るためにSmart Bandを買ってみた。

最近のSmart Bandは低価格化が進んでいる。特に中華製はベラボーに安い。Xiaomiとか安くてamazonでは評判が良い。しかし、以前に使っていた華為(ファーウェイ)製のSmart Bandはなんとなく調子が悪くなってしまった。水泳に使ったり、24時間装着しているとそれなりに負荷がかかるのかも。

なので、今回は中華製は避けてSmart Bandを選んでみた。Smart WatchではなくSmart Bandで中華製以外となると選択肢は減って、GARMINかfitbitぐらい。まあどちらもmade in Chinaだと思うが、少なくとも設計や仕様は中華では無いだろう。GARMINは以前にHandy GPSで非常にお世話になったので好印象。fitbitがGoogleが親会社になって好印象。どちらを選ぶか?と色々と調べると、fitbit inspire HRが良い感じ。しかしお値段がamazon.co.jpだと19,000円ぐらい。ちょっと高い。

 しかし同じ商品がamazon.comだと$99ぐらい。半額ぐらいだ。amazon.comから買うと送料が高いのだが、amazon.comにポイントが$30ぐらい溜まっていたので、これを使った買うことにした。納期は2weeksほどかかったが無事に到着。スマホにアプリを入れてinitializeすると普通に日本語表示で使えてしまう。これは良いかもね。

Smart Bandを付けれいれば運動不足が解消される訳ではない。当たり前だが。運動量を気にして、少し動いてみよう。外出自粛を守った範囲で。

 

体調悪いのでお休み

昨日から体調が悪い。頭痛と倦怠感で仕事場までたどり着くのがやっと。午前中はなんとか仕事場に居たがヘロヘロの状態。ちょっとヤバイかもと思って、昼休み前に仕事場の健康管理室に行った。

以前の健康管理室は部屋の中にある受付で対応してもらっていた。が、このコロナウィルス騒ぎで変更になったのか、部屋の「前」にテーブルと呼び鈴が置かれていて、仰々しい文字で「検温の方は呼び鈴を」と書かれている。おぉ、こんな所にも影響が出ている。

呼び鈴を押すと、担当者が出てきて「検温しますのでその椅子に座って下さい」と。座るとオデコに非接触型の体温計で計測。「36.5℃です」と。その後「何階ですか?」「周囲に体調の悪い人は?」「海外帰国者と接触は?」「最近の海外渡航は?」「ご家族の体調は?」など色々と質問攻めに。「上長に報告してから、今日は帰宅をオススメします」とのこと。だよねえ。オススメに従います。

仕事場に戻って、午後はお休みにして、今日は帰宅することを告げた。帰宅前にISETAN FOOD COURTで昼食にサラダを食べる。ヘロヘロ具合が少し落ちついたがダメっぽい。周囲は若い人たちが楽しそう。みなさん、コロナウィルスの事など「私達には関係ない!」との雰囲気。良いねえ。若いねえ。でも、もう少し警戒したほうが良いと思うが、警戒している人はここには来ないので、こういう雰囲気になるんだろう。ちょっと納得した。まあ、そういう自分はどうなのか?体調悪いのにFOOD COURTで食べてて良いのか?と。反省すべきだな。

昼過ぎの地下鉄に揺られてウトウトしながら帰宅。ベッドで買っておいた「ドロヘドロkindle版を読もうと思ったが寝落ち。やはり体調不良だな。

なので、今日もお休みします。大事をとって。

夏の旅行は無理っぽい

日本はもちろん、ドイツもハンガリーも新型コロナウィルスの感染者が増え続けている。収束する見込みも無い。オリンピックも延期になった。このままだと夏休みのドイツとハンガリーへの旅行は無理っぽいなあ。6月半ばまでは様子を見るつもりだが、だんだん、望みが薄くなってきた。はぁ、1年間、旅行のために働いているだけどなあ。

都内で用事を済ませる

3連休の中日。外出自粛が出ていると分かっているが、用事を済ませるため都内へ。電車は怖いので愛車Z4号で首都高を走る。いつもの休日よりクルマが多いのは、自分と同じく電車が怖いのだろう。自分の場合は電車キライというのも大きいが。

最初の用事は日暮里トマトでマスク材料を買うこと。世界的に新型コロナウィルスが流行していて、使い捨てマスクの大半を中国で生産していたので、しばらくマスクは手に入らないのではないだろうか。ドラッグストアに毎日少量は入荷しているらしいが、早朝から毎日老人が行列していて買えないらしい。しかも毎日同じ人が並んでいるとか。挙句の果てに行列を仕切るお婆さんまで出てきて、ちょっと民度の低さに唖然としている。

過去数回、日暮里へクルマで行ったことがあるが、毎回毎回トラブルに巻き込まれている。警察に捕まったり、パンクしたり、などなど。なので今回は西銀座駐車場にクルマを入れた。銀座にも用事があるのだ。駐車場はいつもの休日よりは空いているので、良い場所にクルマを駐めることが出来た。有楽町駅から乗った山手線も空いている。手すりやドアに触れぬように日暮里まで移動する。駅前の馬賊で担々麺を頂いてから日暮里トマトへ。布製マスク材料にダブルガーゼとリネン、使い捨てマスク用に不織布を買った。不織布は糊なし芯材という扱いで160円/mと格安。とりあえず3m買ったが、3m分のマスクを作ることを考えるとちょっと大変だ。ダブルガーゼとリネンは1mずつ。耳ヒモに細めの丸ゴムを買う。テキトーに5m買ってみた。値段は60円/m。

マスクの作り方はネットにあって、主にプリーツ型とベトナム型(中心に縦に縫い目がある)があるらしい。作成はそのうち書こうと思う。

日暮里の用事を済ませてから御徒町洋服屋をチラリと見る。新作が出ているが、今ひとつという感じ。ちょっとトキメキが無いんだよねえ。その後、有楽町に戻り、CONFECTに電話して営業時間を聞くと19時までとか。銀座全体が19時までらしい。あんまり時間が無いので数寄屋橋の東急プラザのCONFECTを見る。FRANK LEADERの良い感じのセットアップがあったが15万円オーバーなので諦める。あれは良いものだよ。でも15万円出せば、Paul Smithでも買えるからな。その後SANYOのSTORY & THE STUDYでスーツを受け取る。マイクロ千鳥の軽い感じのスーツだ。最近はダイエットしてウエストも細くなったが、採寸時に調整してもらってピッタリサイズ。流石はプロの仕事だ。20%割引券を頂いたので、FRANK LEADERのようなセットアップを作ってみたいものだ。

帰りがけにグラニースミスのアップルパイを8個買う。晩ごはんに焼きあご塩らー麺たかはしを食べようかと思ったが、アップルパイの保冷剤が1時間だったので、すぐに帰宅することに。次回のお楽しみとしよう。