今更ながら、新世界より

KindleでThe Hobbitを原書で読んでいたんだけど、電車の中で原書を読むと猛烈に眠くなってしまう。危うく乗り過ごすこと数回。これは良くないので、別の本を読むことにした。なんとなくKindle Storeを覗いていたら、貴志祐介の「新世界より」があったので上巻を読んでみた。貴志祐介ちょっと苦手意識があったんだけど、これは結構読める。読める。。読める。。。と勢い良く一気に上中下を読破してしまった。これは面白いね。


でも、最後がちょっとサラリと終わりすぎのような気もしたけど。もう少し、ラストにドラマがあっても良かったかも。物語の設定からするとSFっぽくても良いんだけど、良くも悪くもSFっぽく無い。SF好きとしては、そこが物足りない。


それでも全体として面白い。アニメ化されるのも頷ける。

新世界より(上) (講談社文庫)

新世界より(上) (講談社文庫)


新世界より(中) (講談社文庫)

新世界より(中) (講談社文庫)


新世界より(下) (講談社文庫)

新世界より(下) (講談社文庫)