偏頭痛の予防薬

偏頭痛。分かる人には分かるが、分からない人には分からない、という何も言ってないに等しい表現だが、正に、分かる人には分かる、とてもシンドイのだ。自分が偏頭痛だと分かったのは30歳ぐらいになってから。ただの頭痛持ちだと思っていた。

頭痛は小学生の頃からあった。体育の時間が辛かった。頭が痛いのに走ったり、飛んだりするのは辛い。辛い顔をしていると体育の先生にとても怒られる。イヤイヤやっているのかっ!やる気あるのかぁ!と。辛かった。

数年前から偏頭痛のお薬を処方して頂いている。頓服薬で痛くなったら飲むタイプ。薬の名称は伏せるが、1錠1000円、保険が効いて1錠300円。とても高価なお薬だ。なので偏頭痛がしてもパクパクと飲む気分にはならず、時々我慢していた。それでも最近は偏頭痛がひどくて週に2回ほど頓服薬を飲んでいた。

それを週末の通院で、頓服薬の回数を聞かれて

「XXXは効きますか?」

「まあ効きます」

「どれぐらいで効いてきますか?」

「飲んでから1~2時間ぐらいです」

「週に何回飲んでます?」

「最近多くて2回か3回です」

「週2回は多いね。飲みすぎるのは良くないんだよ。予防薬を試してみましょうか」「?そんな薬あるんですか?」

「毎日飲むタイプ。漢方もあるし、軽いのもある。軽いのから試しましょうか」

というここで、偏頭痛の予防薬を飲むことになった。

分かる人には分かると思うが、「偏頭痛の予防薬」というワードが、どれほどの幸福感を与えてくれたことか。古い表現だが「ワクテカ」という感じだ。

あの偏頭痛が起きなくなるのか!本当か?本当ならスゴイことだ!!!

昨日から予防薬を飲み始めた。この薬だけは毎日欠かさず飲むぞ。これで偏頭痛が1ヶ月起きなかったとしたら。。。と考えるだけで幸福感に満たされる。

分かる人には分かると思う。

 

ちなみに、偏頭痛の予防薬は安い。頓服薬と比べるとものすごく安い。

ぼちぼち夏の旅行の予約を始めた

気が早いと言われるかもしれませんが、夏の旅行の予約は年末年始から始めている。飛行機の席が自由に取れるし、ホテルも色々と選べる。早割も使えるし。飛行機もホテルも。

って思っていたら、飛行機は一番取りたい席は取りそこねた。壁際の席で前方にゆとりがあるので好きなのだが、既に予約済みだった。仕方ないので、その一つ後ろを取りました。まあ、人気の便なのかもしれん。あぁ、そういえば昨年も取りそこねたんだっけ。

ホテルの方は良さげなホテルは既に満杯。どうなっているんだ?Munich?部屋数少ないのは知っているが、既に満員とはね。小さなBoutique Hotelだったんだけど、まさか?大陸の団体客か?いや、そんなはずないよなあ。

とりあえずHND <-> FRAのFlight Ticketとホテルは全て予約できた。大きな仕事が終わった。これを喜ぼう。

今年の夏は、Frankfurt、Munich、Budapestと回る計画。最初の2つの都市は3泊ずつ、メインのBudapestは8泊する。Frankfurtはお約束のライン川クルーズ、Munichはツークシュピッツェがハイライトだ。Budapestは何もしない予定。Gellert温泉に毎日浮かぶことを今から夢見ている。

 

夏休みが待ち遠しい by 鈴木さえ子

www.youtube.com

減量するので久しぶりに水泳

近頃は仕事場で健康!健康!とウルサイのは、政府から「健康経営」なる方針が出されて、仕事場では親会社が「健康経営優良法人認定」を狙っているらしい、とのウワサが流れている。

健康経営優良法人認定制度(METI/経済産業省)

これに認定されたら法人税免除になる訳でもなく、まあ見栄を張りたいだけなんじゃないかと邪推している。こんなの親会社だけでやってくれればよいのだが、弊社のような子会社にも「健康経営」なるものが押し付けられている。これが押し付けられるとどうなるのか?といえば「お前ら!健康に気を使え!」ということらしい。はぁ。

近頃は仕事場で健康!健康!とウルサイのは、形としては、先月は「歩け」ということで歩数をカウントするアプリをスマホに入れさせられたた。今月は「減量しろ」ということで、体重をカウントするアプリを入れさせられた。はぁ。

ただ、まあ、最近は増量気味だったので、あんまり斜に構えていても仕事場で居心地も悪いので、減量することにした。ちょっとウエストも大きくなりがちだし。

とりあえずは、ダイエットということで、食べる量を減らしたり、高カロリーの食べ物を止めたりしている。なので大好きな砂糖タップリのバターパンやら、甘い安納芋の焼き芋は止めている。牛丼、ラーメンも当面はSTOPだ。ステーキはOKにしているが。

運動も併用しないと駄目なんだが、基本的に運動キライなんで、水泳に行くことにした。水泳だけはなんとなやる気分になるのだ。平日は仕事でヘトヘトなので、土曜日にワイフと近くの市民プールに行くことした。ここに来るのは15年ぶりかも。娘さんた小さい時に来たきりだ。

ジムのプールもサボっているので、泳ぐのは1年ぶりぐらい。少し泳いでみたが、100mで意気が上がってしまった。休み休み泳いでも500mが限界。ヘロヘロだな。市民プールなので防水WALKMANが使えないのが痛い。m.c.A.T.大先生の爆上げTUNEに励ましてもらえれば、SCOOBIE DOのFUNKY TUNEに踊らせてもらえれば、もう少し泳げるんだよねえ。

なので30分ほどで退散することした。30分でも二の腕が痛い。それほど弱っているんだよねえ。体力の衰えは激しい。これが老いというものか。それでも久しぶりに水泳したので気分が少し上がった。水泳は良いものだな。

ヨドバシ延長5年保証が初めて役に立った

リビングのエアコンから音がし始めた。結構大きめの音だ。風量を変えると音が変わる。フィルター掃除機能付きなので、ダストボックスにゴミが溜まったのか?とダストボックスをキレイにしたり(それなりにゴミがあった)、フィルター掃除したが、音は変わらず。ダストボックスやフィルターの取り付けが悪いのかと直したり、ダストボックスもフィルターも外してしまっても、音は変わらず。室内機の内側の方から音がする。カラカラと音がする。

こりゃ内側のファンが割れたのか、壊れたのか、そのへんだろうなあ。でもエアコン、DAIKIN製の200V機で高かったんだよねえ。保証期間は。。。と調べたら2017年製だった。室内機本体の底面にシールがあった。あぁ、これじゃ保証も切れているかも。。。

と、ここで「ヨドバシ延長5年保証」を思い出した。そうだ、そうだよね、延長保証に加入したはずだ。

https://www.yodobashi.com/ec/support/afterservice/guarantee/index.html

自室の机の引き出しや本棚を探したら出てきた。おぉ、5年延長保証だよ。保証期間内だよ!さっそくヨドバシカメラに電話してみた。10分ほど待たされたが、無事に電話がつながった。エアコン修理はヨドバシカメラでは出来ないので(当たり前だが)、DAIKINの修理担当に連絡してくれることになった。近々、DAIKINから電話があります、とのこと。ありがとう、ヨドバシカメラ!素晴らしいね。

ちなみに、上記URLを読むとわかるが、「洗濯機、エアコン、テレビ、冷蔵庫は保証期間中は何度でも修理保証します」とのこと。素晴らしい。

翌日、DAIKINから電話があった。明後日、お伺いしますとのこと。非常にあっさりした対応だが、アクションは早いので、合理的といえる。

明後日は仕事中だったのでワイフが対応したらしい。DAIKINの修理担当が来て、エアコンから出る音を聞いて「音を聞けばわかります。これは室外機ですね。あと少し部品交換します」とのこと。その交換工事は3週間先になった。なんとも時間がかかる。あと「天気が悪いと修理できません」とのことらしい。ここまで所要時間が5分で帰っていったとのこと。

この話を仕事後に聞いたのだが、「音を聞けば分かる」ということは、この不具合は頻発しているのでは?と思った。また「部品交換する」とのことだが、これも驚いた。最近は部品交換が手間なので、例えば室内機ごと交換してしまったりするのだ。まさか、現場でバラして部品交換して組み立てて動作確認するのだろうか。最近のメーカーでは考えられない対応だ。恐ろしい、というか、流石というか、スゴイと言うべきか。

次回の工事は9時から作業開始らしい。DAIKINの対応に期待したい。

愛車Z4号の車検完了

愛車Z4号の車検が完了したので受け取りに行く。日曜日に預けたのでほぼ1週間ぶりの再会。今回の車検では、いつものように消耗品の交換に加えて、ガソリン供給するパイプの交換とリアタイヤの交換をして頂いた。タイヤ交換は正直別の店の方が安い(タイヤ館、オートバックスなど)が、安心料だと考えて車検時にお願いしている。純正のランフラットタイヤを装着している。正直ランフラットタイヤではない普通のタイヤの方が乗り心地は良いのだが、ランフラットタイヤに助けられたことがある。パンクしても時速80kmまでは走ることができる。これは良いものだ。

そしてナビの地図データもupdateして頂いた。この費用だけで25,000円ぐらいかかる。最近は高速道路の変更が色々とあるので、そろそろupdateしても良い頃だ。自分でできないこともないが、やっぱりディーラーにお願いした方がいい。それだけの価値はある。

ydf.hatenablog.com

それからボディのコーティングもお願いした。車検時にやってもらうと割引になる。安くは無いが、陳腐な表現だが「新車の輝き」になる。ボディ色が黒なのでヌメヌメ感が出て良い感じだ。

しかし、受け取りの今日はあいにくの雨で、せっかくコーティングしたのに雨に濡れてしまう。仕方ないのでそのまま走る。ボンネットで雨がきれいな玉になっているのを見るのも良いものだ。

帰りがけにIKEA港北に寄る。娘さんから頼まれていたNotePCスタンドとバスタオルを買う。IKEAはそんなに安くはないが、ちょっと夢を抱かせてくれる何かがある。

 

「安心して」と言われて安心できる訳がない

具体的に書くと身バレするので、控え目な表現に留める。

仕事場の偉い人から、新年早々に「安心してください」とのお言葉を頂いた。これを聞いてちょっと心配になった。「安心して」と言われて安心できる人がいるだろうか?

余計に心配になるわな、普通は。裏を読みすぎかもしれないが、ちょっとマズイ事態があるのかもしれないなあ、と色々と邪推してしまった。邪推するのは自分の悪い癖なんだけど、これはなあ。。。

世間的にみれば仕事場はそれなりに大きな企業ではあるので、それほど心配する必要は無いのだろう。まあ、心配しても無駄なんだけど。出来る限りの準備はしておいたほうが良いのかもしれない。不測の事態に備えるのが、2020年の自分の方針なのかもな。

気を抜かないでいこう。

 

墓参り&箱根ドライブ

昨日は義父の命日で小田原へ。ワイフと愛車Z4号で西湘BPを西に走る。三連休の初日、天気はソコソコ。もう少しクルマが走っていても良いような気もする。最近はクルマが減っているのだろう。昼頃に小田原到着。いつものように馴染みのスーパーで仏花とオヤツ、そして最近お気に入りのサツマイモを買う。最近、ヘルシオで焼き芋の作り方を覚えたので、良く焼き芋を作っている。サツマイモの当たり外れがあるので、見つけたら買ってみることにしている。何故か小さいサツマイモは甘くてシットリして美味しいような気がする。スーパーの近くのお寺で墓参りする。線香が手向けてあって暖かかった。少し前に義兄が墓参りしたのだろう。掃除も済ませてくれたようなので、仏花を飾って線香を手向ける。小田原では仏花ではなく香の花を飾る風習があるようだが、どうも馴染めずに普通の仏花を飾ることにしている。

無事に墓参りも済んだので、小田原駅前の和食屋でランチにする。以前にこの店が横浜そごうに2週間だけ出店していた時に食べたことがある。とても美味しいのだ。

小田原・箱根宮ノ下|森メシ- MORI-MESHI -

店名を「盛り飯」だと思っていたが「森メシ」が正解のようだ。小田原名物といえば最近はおでんらしいが、おでんはどうも苦手というか、練り物は嫌いではないのだが、積極的に食べたいとは思わないんだな。

食後に時間があったので、箱根をドライブすることにする。箱根新道が無料化されてからは箱根新道ばかりつかっている。今日は久しぶりに箱根ターンパイクを使うことにする。通行料が700円以上で現金のみで驚いた。ターンパイクは新道と比べて最初はカーブが少なくて一気に高度を稼ぐので、Z4号のエンジンも気持ちよく回る。道幅は広くなく、舗装も良くないのでスピードは出せない。制限速度50km/hだし。それでも4000rpmぐらい回るとNA6気筒のエンジンは良い音がする。登ってくると緩いカーブが続くが、走りは安定したまま良い感じ。途中メルセデスが近づいたので先に行かせた。A classの新しい型だなあ。背が高いのが今ひとつだが。前方にバイク数台と軽自動車がノンビリ走ってたが、すぐに道を譲ってくれて、快調に走っていく。天気も回復してきて良い感じだ。目的地である大観山スカイラウンジで一休みする。富士山と芦ノ湖を一望できる観光スポットだが、人はそんなに多くない。バイクの人が多いかな。昭和の頃から雰囲気は変わらないねえ。富士山は少し雲がかかっているが良い感じ。何となく良い気分になってくる。しかし猛烈に寒いので、早々に退散することにして、芦ノ湖湖畔に移動する。湖畔の方が標高が低いので少し暖かい。ちょっとお土産を買って、帰りは箱根新道を走ることにする。が、無料なためか交通量が多くてちょっとゲンナリ。渋滞とまでは言わないが、ずっと先行車の後ろを眺めて運転するのは楽しくない。お金を払ってでもターンパイクにすればよかったかも。

Google Pixel 4XLは望遠でもこれくらい描画する。補正はGoogle Photoが勝手に処理した。