HelsinkiとStockholmのガイドブック

旅行に向けて情報収集を始めた。ネットで情報収集しても良いのだけれど、ネットの記事は編集者の意図というか方向性が良く読み取れないので、書籍の情報=ガイドブックの情報に頼っている。著者の作品を複数見れば、なんとなく方向性が見えてくるからだ。著者が複数回現地に行って集めた情報だと信頼度が増すような気がしている。ネットだと、他のネット記事からパクった可能性もあるから。

旅行のガイドブックを探すにはamazonよりも実際の店舗のほうが良い。やっぱり中身をパラパラと読んでみてみると、意図というか方向性が感じられるからだ。大型書店ならば店頭在庫も多いので、旅行前には複数の大型書店に行くことにしている。旅行系の本が多いのは、ジュンク堂池袋(どんなジャンルの本でも沢山ある)、ジュンク堂藤沢(意外と多い)、新宿紀伊国屋(地下1Fの旅行本コーナーは良い)、丸善丸の内(意外とある)かな。

見つけた本で良かったのは以下の通り。

3 日でまわる北欧 in ストックホルム (Hokuo Book)

3 日でまわる北欧 in ストックホルム (Hokuo Book)

 

3日でまわる北欧シリーズで、レストラン、カフェ、ショップ情報がコンパクトにまとまっている。高級レストランよりもカジュアル系、オシャレ系が多いかな。

3日でまわる北欧inヘルシンキ改訂版 (Hokuo Book)

3日でまわる北欧inヘルシンキ改訂版 (Hokuo Book)

 

 同じ3日でまわる北欧シリーズ。こちらも良い。著者は同じ森百合子氏。田園調布で北欧ビンテージショップ経営していて、著作も多数。北欧BOOK代表。

hokuobook.com

わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ (単行本)

わたしの北欧案内 ストックホルムとヘルシンキ (単行本)

 

本の雰囲気としてはコチラの方が落ち着いた感じで良い。紹介するレストランも老舗の高級店もある。ちょっと大人向け。私はコチラのほうが良い。こちらの著者おさだゆかり氏も北欧雑貨店経営で著作多数。 ストックホルムの情報が多く、ヘルシンキは少ない。街のサイズに比例しているのかも。

 

 

 

 

 

使っていないデジカメを整理

旅行用のデジカメを色々と考えていたのだけれど、手持ちのデジカメが無いわけではない。ここ数年、旅行でも全く使ってないデジカメが数台ある。

一つはSONY DSC-RX1R。フルサイズセンサーに35mm F2レンズ。最新式よりも若干AFが遅いことを除けば素晴らしいカメラ。画質はフルサイズ一眼レフと同等だろう。ただし重たいので持ち出しにくい。小型の一眼レフカメラよりも重たい。New York, London, Paris, Romaと回ったときに大活躍したが、なのでここ数年は防湿庫の番人になっていた。

さらにRICOH GRもある。APS-Cセンサーに24mm F2.8レンズ。フルサイズ換算で28mm F2.8。画質は一眼レフ並。操作性は抜群と言われている。が、どうもこの操作性に慣れることが出来なくて、娘さんとバルセロナ行って以来使ってない。良いカメラなんだけどねえ。

なので、思い切ってこの2台を売却することにした。代わりのカメラを買う予定は無いけどな。久しぶりにmapcameraに行ってあっさり売却してしまった。見積額は予想よりも高かった。どちらも人気カメラだからな。

最近は写真を印刷しないでスマホタブレットの画面で見るだけなので、最初からスマホで撮影しても何ら問題無いように思える。スマホ画質に不満はあるが、それでもサイズや位置情報付きなどメリットは大きい(なので小さいSONY RX0は欲しくなるんだよねえ)。

mapcameraの帰りにヨドバシのコンデジ売り場を見てみたが、ほとんど売ってない。10機種ぐらいか。以前のデジカメ大流行の時代を知っているだけに寂しく感じてしまう。まあ、カメラ売却して言うことではないが。

 

旅行用のカメラはスマホ

ぼちぼち旅行の支度を始めている。服を選んだりはしていないが、情報集めは進めている。行き先のGoogle Mapに良さげなレストランやカフェ、ショップなどをマークしたりしている。楽器屋と中古レコードはもちろん、釣具屋、服屋もチェック。

そして毎年悩むのがカメラ。昨年はスマホのみ。Huawei P10 Proがいい感じだったし。今年もP10 Proかな。と思っているが、旅行用ガジェットを何も買ってないので、カメラでもどうかな?と調べている。

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0

ソニー SONY デジタルカメラ Cyber-shot DSC-RX0

 

 1inchセンサーをフイルム箱サイズに収めたSONYの話題作。GoProのようだがスチルカメラ。動画撮影ももちろんできるが、主な用途はスチルカメラ。防塵防水で耐ショック性も高い。アウトドア用と思いきや、手ぶれ補正は無い。絞りF4固定。スナップ用カメラというよりも、きちんとライティングして、かっちり撮影するのに向いているような気がする。それでもこのサイズは旅行向き。お値段は7万円台。ちょっと高いが、それだけの価値はありそう。

 近々SW updateされたM5Aが出るらしい。レンズ性能だけみると最新のM6よりコチラのほうが良さそう。画質や性能は素晴らしく一眼レフ同等だろう。しかしお値段も高く11万円はする。今どきカメラにこのお値段は出せない。それに重たくて持ち出さないだろうな。RICOH GRでさえ持ち出さないのに。

またSONYだが、これはアクションカム。光学式手ぶれ補正が入って動画撮るなら最強のカメラ。軽いし邪魔にならない。この中では一番安い。 

 

まあ、たぶん買わないだろうねえ。カメラ買うなら別のもの買うよねえ。

Lap axe Travel Guitarはsetup中

Lap axe Travel Guitarを注文して2週間ほど過ぎた。何の音沙汰もないので、メールで問い合わせみた。2日後に写真付きのメールが届いて、setup中とのこと。明日にはFedexで発送するらしい。上記は添付されていた写真。

2週間も何してたのか?かなり気にはなるけれど、仕事が進んでいるようなので良しとしましょう。発送手続きには入るようだしね。

写真見ると、肝心のGuitarはいい感じ。frame maple topが良いねえ。あんまり木目にはこだわらないんだけど、まあ、きれいだわな。

全国災害伝承

全国災害伝承情報 :: 総務省消防庁

有史以来、全国で発生した災害は各地に多大な被害をもたらし、それらの災害の教訓は各地域において記録としてあるもの、図画として残されているもの、あるいは物語、ことわざとして伝承されているものなどがあります。
 そのような災害にまつわる資料や情報は、これまで国として整理されず今日にいたっており、その多くが各地域に埋もれたままとなっています。
 全国災害伝承情報は、そうした各地域に残る貴重な資料を、国として整理集約し、インターネットを活用し広く一般に公開することを目的としたもので、平成16年度から平成18年度にかけて都道府県や市町村などの協力をいただき、調査を通じて収集した情報を整理集約しました。

消防庁が公開している災害に関する伝承のまとめ。これは素晴らしい。貴重な情報だ。長い生活の中で得られた知恵なんだろう。ノウハウ、実践知みたいなものだと思う。

自分は物心つくころからずっと同じ場所で生活しているので、この中のいくつかは聞いたことがある。「地震のときは竹やぶへ逃げる」とか。ここに書いてない情報だと「防空壕には入ってはいけない」「河の中洲は消える」かな。

夏旅行の予約を再確認

今月末から行く夏旅行の予約内容を再確認してみた。予約したのが1月。半年前なので、予約内容を覚えてない。ちょっと不安だったが、飛行機、船、ホテルはちゃんと予約できていた。良かった。ただ羽田からの出発時刻が変更。40分ほど早くなっていた。危ないねえ。

羽田からは深夜便でFrankfurt経由でHelsinkiまで行く。Finn Airなら直行便なんだけど成田発なので不便なのだ。NEXのチケットも必要になるしね。

旅行先はHelsinki, Stockholm, Amsterdamの三都市。メインはAmsterdamで行われるPride Paradeを見学すること。

昨年もAmsterdamに行ったが、ちょうどPride Paradeが始まる日に帰国してしまった。Amsterdamの街中はどこもPride Paradeの準備中で、洋服屋や楽器屋、レストランに行くと「Pride Paradeに参加するんでしょ?」と声をかけられていた。どうもLGBTだと思われた(洋服屋、楽器屋はLGBTが多かった)ようだった。その度に「いや帰国するんですよ」というと「じゃあ来年はゼヒ!」と言われていた。かなり楽しそうだったので、今年は参加はできないが(LGBT団体に所属してないと正式参加はできない)見学はさせてもらう。来年は参加しているかもね。

せっかくHelsinki, Stockholmに行くのだからOsloに行けば良いようなものだが、小奇麗な北欧ばかりでは息が詰まってしまう。やはり欲望に素直な街、Amsterdamに行かねばな。

 写真は昨年のAmsterdam Pride 2017の旗。

人間椅子の21世紀の精神異常者

www.youtube.com

人間椅子king crimsonの名曲「21世紀の精神異常者」をカバーしている。上手い、上手いねえ。好きなんだろうなあ。完全に消化しきって人間椅子の曲になっている上で、king crimsonの原曲の雰囲気がバッチリ残っている。素晴らしい。