SANYO STORY & THE STUDYでスーツを注文してみた

先週はセミナーや勉強会に出席したり、社外の人とお会いする機会が多かったので、普段はあんまり着ないスーツを取り出して着ていた。お気に入りのSCABALのスーツだが、なんと右胸の下あたり、襟の端から少し外側に行ったところに「虫食いの穴」があいている!!!襟の端の近くだから目立たないかなあと淡い期待を抱いたが、やっぱり目立つ、目立つんだよねえ。

うぅぅ、SCABALの生地で高かったのに。。。素敵なグレーの生地だったのに。。。残念だが捨てるしかない。。。他のスーツに虫が移るまえに。。。

すぐさまAmazonで防虫剤を発注しておいた。

虫食いスーツはもったいないので、先週一杯は着ることに決めたんだが、どうしても虫食いが気になって、金曜日には捨てることにして、別のスーツを着た。もう、虫食いはイヤなんだよ。

金曜日の勉強会は少し早めに終わったので、その足で銀座のSANYO TOWERにあるオーダースーツの店、STORY & THE STUDYに行ってみた。ここ最近はオーダースーツの店を色々と見て回っていたが、ここは雰囲気もよく、調整箇所も多くて、私の「ワガママボディ」にもフィットしたスーツを作ってくれそうな期待が持てる。とはいえ、一度は作ってみないとなんとも言えない。

平日夕方なのにで比較的空いていると思ったが、チョコチョコをお客さんが来る。さすがに銀座のSANYO TOWERだな。

まずは生地を見せて頂くことにした。広々とした店内にソファが余裕を持って配置されている。後で聞いたが、ホテルのラウンジをイメージしているそうだ。確かにパターンオーダーの店で、これほどゆったりとした雰囲気の店は無い。

肝心の生地はSTORY & THE STUDYが多く保持している?レギュラーライン?の生地と、いわゆる他のオーダーの店でも扱っている生地サンプルに大別される。

レギュラーライン?の生地の中には国産も有れば、ロロ・ピアーナ、カノニコもあったりする。種類はそれほど多くはない。価格はシングルスーツで7万円ぐらいから。比較的薄手の3シーズンものが多いような気がする。中には女性用専用の生地もある。そして生地サンプルだけで、百貨店のパターンオーダースーツのように、スーツ用の生地一着分は無い。これを体に当てて雰囲気を見るのが出来ないのは残念だ。

他店にもある生地サンプルはSCABAL、御幸毛織、カノニコなどなど、目新しい感じは無い。逆に言えば、他店と同様にこちらでも注文できる。ちなみにお値段は生地にもよるが10万円〜15万円ぐらいで、百貨店と大差ない。

今回の生地は虫喰ってしまったグレー系にして、他店には珍しいウールとポリのジャージ生地があったので、そちらで作ってもらうことにした。このジャージ生地でスーツにすると、よくあるテレンとしたカジュアルスーツのようにはならず、ちゃんとしたスーツになるそうだ。芯地をちゃんと入れるからだそうだ。それでいて生地のストレッチがかなり効くという。

スーツのタイプはブリティッシュアメリカントラッド、イタリアン、コンフォート?の4種類。イタリアンは肩パッドが薄めで、コンフォートは肩パッド無し。コンフォート以外はダブルスーツもOK。今回はジャージ生地なのでコンフォートにしてみた。他店にはコンフォートみたいなのは無い。KASHIYAMA the smart tailorには有ったかも。

ここから採寸に入る。たぶん、この採寸の仕組みが売りなんだろう。タブレットで正面と横の写真を撮影して、そこから大まかな3D体型をモデル化する。ワイヤーフレームの3Dで表示されるのが楽しい。この3Dモデルから大まかな服のサイズ、例えばAB体型39とかを割り出してくれる。それの試着用のを持ってきて、それを着た上で体へのフィット感を確かめる。この試着用に割り出したサイズがほぼピッタリで驚いた。よく出来たモデルだと思う。さらにここからヌード寸法を計っていき、タブレットに入力することで3Dモデルを微調整していく。で、試着用の服の裄丈、着丈、肩位置、などを細かく調整して、パンツも裾幅や腿の幅など細かく調整していく。最終的に3Dモデルが出来上がる。これはオンラインで自分で見ることも出来るらしい。よく出来ている。

ここからオプションの選択に入る。ボタン、裏地の選択肢は百貨店よりは少なめ。柄物の裏地などは無い。キュプラ裏地は3000円UPになる。切羽の仕上げ、襟ステッチ位置、ポケット仕様などを決めていくと、タブレット上のイメージ画像が更新されていき、都度こちらで確認できる。このシステムは非常に良いと思う。Globe TrotterのBespoke Systemに良く似ている。逆に百貨店のシステムが古臭いのかもしれない。

今回は初めてなので、生地も抑えめ、スーツのスタイルも抑えめ(いつものように変な形にはしてない)、比較的標準的なオプション設定にして、仕上がりの様子を見ることにする。これで良ければ、普段使っている百貨店からこちらに乗り換えても良いと思っている。

すべてのオプションが決まって会計を済ませる。仕上がりは年明けかな?と思ったら3週間で完成とのこと。ちょっと早いかも。この辺の製造ラインのシステムも改善されているかも。KASHIYAMAは1週間ちょっとだったが、品質悪かったので、3週間ぐらいが妥当かもしれない。百貨店は1ヶ月強かかる。

このサービスは9月に始まったばかりだそうで、まだまだこなれていない部分もあるが、システム的にも技術的に色々と新しい感じがするし、店内の雰囲気は圧倒的に良いので、これから伸びるかもしれない。

SANYO TOWERからMACKINTOSH LONDONを追い出して、このSTORY & THE STUDYを入れたのだから、それなりにSANYOも力を入れているのだと思う。

クリスマス前に仕上がるので期待している。

www.sanyo-shokai.co.jp

 

www.story-study.com

The Real Bookを買うならamazon.com

最近は宇田大志氏の著書「3年後、確実にジャズ・ギターが弾ける練習法」をチビチビを読み進めつつ練習している。未だたいした分量を読み進めてはいないのだが、途中に出てくる「Autumn Leaves」のコード進行を、記載されている典型的なブロック・コードで弾いてみると、なんとなくJazzぽく聞こえて着て、ああ、Jazzとはこういう事を言うのかもしれないと、Jazzのほんと突端をペロリと舐めることは出来たのかもしれない。

ほんの少しだけ光明が見えると、他の曲も同じように弾いてみたくなるので、いわゆるJazz全曲集なるものを買ってみようかとAmazonを漁ってみたが、今ひとつピンと来ない。それでも分かったのは、Jazz全曲集の本家本元はHal Leonard Corp.から出版されている"The Real Book"という全曲集らしいということ。改定され続けていて、現在は6th Editionらしい。

The Real Book - Volume I: C Edition (English Edition)

The Real Book - Volume I: C Edition (English Edition)

 

このThe Real bookを本屋で探しても無いのだが、銀座山野楽器は楽譜の在庫が豊富なので行ってみた。確かにあったが値段が7000円以上で高い。amazon.co.jpだとKindle版が3800円、紙版が3360円と半額以下。

ちなみに、この手の楽譜をKindle版で買うと、ランダムアクセス性が非常に悪いので(これはKindleの仕様上仕方ない、Kindleはランダムではなく、最初から順番に読むことを想定している)、紙版を買うことにしているのだが、"Not Available"になっていて、買うことができるのか良くわからない。

The Real Bookの版元は米国なので、Amazon.comで見てみたら、もう少し安い$30以下のThe Real Bookが見つかった。これをバスケットに入れると日本の自宅には送付出来ないとのことなので、少しだけ価格の高い同一品を入れると日本への送付OKだったりして、良くわからない状況だ。ただし、日本に送るのには少々送料がかかる。それもよく注意して見ないと、送料(Shipping)が本体より高い場合もある。

せっかくなので、The Real Bookの続編と、The Real BookのRock版の初版と続編、合わせて4冊買うことにした。配達までかなり時間がかかるが、その間に宇田氏の本で練習することは沢山あるので問題無いだろう。

DXセミナーと保守的

最近流行りのDX、といっても巷で流行っている訳ではなく、主に日経新聞上で流行っているに過ぎないのだが、仕事柄DXを無視する訳にも行かず、DX系のセミナーや展示会があると、一応聞いておこうかなあと、イソイソと出かけることが多い。

今日のDXセミナーは品川プリンスのアネックスタワーで行われるとのことで、どこでやるのかと思っていたら、5Fにある大きな宴会場、政治資金パーティーでもやりそうな宴会場だった。この手の会場だとクロークがあるのでコートなど預けられるの便利だし、たいてい飲み物なども出たりするので、他のセミナーよりも楽ちんであることが多い。

セミナーの内容は半分宣伝のようなものが多いが、登壇者の方々が色々な観点で危機感を持っていることがヒシヒシと伝わってきて、良い刺激になった。その反面、自分の仕事場がなんと斜陽なことか。保守的なんだな。このままではヤバイねえ。

ただ保守的なのは仕事場だけではなく、日本は保守的なのかも。相変わらず駅の売店でも現金払いする人も多いし、カード不可の飲食店も多い(特にラーメン屋さんとか)。キャッシュレスの方がトータルの仕事量が減るのは明白なんだから。お釣りを毎日用意したり、締めで現金数えたり、売上を銀行に持っていく必要も無い。

日本の将来像が見えない、発展するイメージが希薄、そういうことも保守的になっている原因かもしれないなあ。

古着の着物

週末は天気が今ひとつだった。土曜日は自宅でウダウダして終わってしまった。そこへ先日の人間ドックの結果レポートが届き、体重&腹囲が記録更新したことを知る。これはマズイ事態。なので日曜日は天気が今ひとつではあったが出かけることに。徒歩と電車で移動すればエナジー消費も増えようものだが、やっぱり天気が今ひとつなので、愛車Z4号で出かける。GSでタイヤのエア調整してもらったら(セルフなのに)走りが調子良い。左前のエアが減っていたらしい。空いている首都高を快調に走って銀座へ。いつもの西銀座駐車場にZ4号を入れて、有楽町駅前の交通会館へ。古着の着物フェアをやっていると(何故か)高島屋の呉服売り場の店員さんが教えてくれたのだ。「たんす屋」という古着の着物専門チェーンのフェアだそうで、入り口で店舗名を聞かれた。素直に「横浜高島屋」と答えたら、???となってテキトーな横浜にあるたんす屋の店舗に割り当てられたようだ。フェアはお客が自由に見るのではなく、必ず店員が付くスタイルで、昔の大塚家具を思い出した。男性用の古着の着物は少ないが、非常に安いらしい。逆を言えば女性用着物は古着でも非常に高いらしく数十万円するのも珍しくないとか。男性用は1万円ぐらいからあった。自分の体格に合う着物の在庫は少ないので、選択肢は5着ぐらいだった。それら全てを試着させて頂いて、その中からグレーのアンサンブルを買うことにした。着物が1万円で羽織が1万2千円。これくらいなら良いだろう。ただ生地はまともな着物らしく、アンサンブルの古着も珍しいとのこと。包んでもらうとそれなりのサイズだったので、Z4号に着物を置いてから再び買い物へ。有楽町ルミネのH.P.Franceを覗いたら懇意の店員の目があってしまって、なんとなく話をしているうちにスカーフとソックスを買うことになっていた。予定外だが楽しかったので良しとする。そこから電車で高田馬場で開催中のPedal Summitへ行ってみることに。来場者は半分以上は楽器屋やメーカーの人っぽい感じ。会場内に蔓延する業界ノリに80年代を思い出して、ちょっとスッパイ気持ちになる。黒Tシャツ+金髪ロン毛+小太りオッサンがこんなに沢山生き延びていたとは驚いた。肝心のエフェクターは大混雑で良く見えず。あんまり意味なかったな。

KOWA BDⅡ32-6.5 XDは良い双眼鏡なのでオススメ

KOWAから新しい双眼鏡が発売になっていた。KOWA BD IIシリーズ。GENESISの下のラインで、KOWAだと中堅になる。注目は6.5倍のKOWA BD II 32-6.5 XDだ。

倍率6.5倍というのは、旅行などでは使いやすい。高倍率の方が良さそうな気がするが、実際には使いにくい。

それに、なんと、実視界が10度もある!!これは試さねばとヨドバシで覗いてきた。

全長が短くてコンッパクト。重さは500g台なのでソコソコあるが、持ってみるとコンパクト感もあって重さを感じさせない。なにより覗いたときにブラックアウトが少ないし、なにより10度の視界は素晴らしい。

手持ちの双眼鏡とスペック比較してみると。こんな感じ。

spec 8x20 HGL Genesis22 Genesis33 BDII32x6.5
Maker Nikon Kowa Kowa Kowa
倍率 8 8 8 6.5
対物レンス 20 22 33 32
実視界 6.8 7.5 8.0 10.0
見掛視界 50.8  60  64  65
1000m視界 119 131 140 175
ひとみ経 2.5 2.8 4.1 4.9
明るさ 6.3 7.6 16.8 24.0
アイレリーフ 15 15 15 17
重量 270 315 590 535

 双眼鏡は覗いてみないと判断がつかないが、実際、試してみて良い感じだった。お値段はGENESISの半額以下なので、お買い得だと思う。唯一残念だったのはピントリングがネリネリしてない点かな。サンプル機の問題かもしれないが。

Kowa BD II XD 32mm 双眼鏡

Kowa BD II XD 32mm 双眼鏡

 

SIGMA fpは面白そう

最近はカメラといえばスマホGoogle Pixel 4 XLでほぼ満足している。唯一操作性に難があるので、パチパチとスナップ撮る時にはSONY RX0 IIを使っている。日常の写真、旅行の写真はこれで十分だと思う。非常に良く撮れる。しかし、スマホとRX0 IIでは「写真を撮る」というよりも「記録を残す」という意味合いの方が強い。旅行の記録を残したい、という気持ちも強いしね。

スマホで撮ったのは「画像であって写真でない」なんて偉そうなことを言いたくは無いが、写真機としてのスマホは、GADGETとしてちょっと物足りないと思う時もある。

そんな時にSIGMAから新しいカメラ、SIGMA fpが発売になった。レンズ交換式フルサイズミラーレスで最小サイズ。マウントはLEICA L-MOUNT。ちょっと面白そう。癖が強そうだけど。

www.sigma-global.com

  • センサーはベイヤー型でSIGMAお得意のFOVEONではない
  • 電子シャッターのみでメカニカルシャッターが無い
  • 2,460万画素でイマドキの高解像度ではない
  • 背面液晶モニターは固定式で稼働しない
  • アクセサリーシューが本体に無くて外付け

デメリットぽい仕様を挙げてみたが、悪い印象は無い。むしろ割り切っていて好印象。かなり思い切った仕様に振ってきたなあ。たぶん、メインは12bit CinemaDNG対応の動画撮影なんだろう。自分としてはフルサイズのスナップカメラとして使ってみたい。Mount Adaptor使えば、LEICA M-MOUNTが使えるので、LEICAZEISSの35mm F2あたりでガシガシと撮影したい気分だ。

お値段は本体が20万円強。フルサイズとしてはお手頃価格。年末に向けて心が揺れるねえ。先日、ヨドバシでSIGMA fpを触ってきたが、予想以上に小さい(立派なコンデジ)のとギッシリ詰まった直方体の感触が非常に良好。操作性も良かった。フォーカス位置を画面タッチで決めるのは、何故に最初からこうしなかった?と思えるほど良好だ。もっとも、使うならMFで使うよな。。。とか画面をいじっていたら触った位置が拡大表示されてMFフォーカスにとても便利になっている。これは。。。良いかもねえ。

銀座のスーツ専門店で思うこと

某百貨店でパターンオーダーしたスーツが仕上がったと連絡があったが、未だに取りに行ってない。もう少し気分が落ち着いてからにしようと思う。そんな内容をTWEETしたら某Fashion Designerの人からFollowを頂いて、少しMessageをやりとりさせて頂いた。そのやり取りの中で、銀座の某スーツ専門店をご紹介頂いた。生地は豊富らしいので、今日の午後に行ってみた。

銀座に複数店舗があるようだが、そのうちの一つに入ってみた。お客さんが結構入っていて、ちょっと賑わっている感じ。しかも年齢層が若い。20代だろうか。そして、ほどんどのお客さんが奥様?彼女?を連れているのに気がついた。場所柄だろうか。頻繁にお客さんが入ってくるので、流行っている店なんだろう。

店員さんが近づいてきて「今日はオーダーされますか?お客様が沢山いて、スタッフの手が埋まっております、待ち時間は2時間ほど」とのこと。「いや、今日は生地だけ見せてください」と伝えて放置していただき、色々と観察してみた。

棚に積まれている生地(芯に巻きつけてなくて、畳んで積んである)を眺めたり、生地サンプルを勝手に見させていただいた。この店は低価格のスーツが売りのようで、来ているお客さんも低価格スーツがターゲットの様子。たぶん低価格スーツ用生地が棚に畳んで積んであるのだろう。生地サンプルはイタリア製、英国製、MIYUKIだったりするので、価格は百貨店同様で15万円台から20万円ぐらい。

隣で店員さんが別のお客さんの対応をしていて「採寸しますので」と言って、お客さんにシャツを脱いでもらってTシャツ姿で採寸していた。が、あっという間に採寸完了。え?いつの間に採寸したの?ちょっとビックリした。これでスーツを作るのだから、そそれほど調整は効かないのだろうな。色々とお願いすれば調整可能かもしれないが、この様子では期待薄い。スーツ完成まで1ヶ月半とのことなので、百貨店と比べると長めかも。たぶん海外で縫うのだろう。

そして、何より気になったのが、店員さんが若い。若いのは良くも悪くもないのだが、着ているスーツが似合ってない。正直に言うと、スーツがカッコ悪いのだ。贔屓目に見ても、キャバクラの呼び込みにしか見えない。店員さんが全員チャラいものスーツが似合わない原因の一つだろう。

いろいろなファッションブランドの店に行くが、店員はそのブランドを身にまとって、そのブランドの良さを表現する存在だと思っている。事実、そういうブランドがほとんどだろう。社割りで自腹で買う店員さんは経済的に大変だろうけど、自分はそういう店員さんを見ていると非常に勉強になる。あぁ、こうやって着こなすのだなあ、と。

でも、このスーツ専門店はちょっとそういう雰囲気では無さそうだ。そういうことを気にしない人、スーツにあんまり思い入れのない人、安く良いスーツが手に入れば良い人、などの人にはこのスーツ専門店をオススメする。スーツが好きな人、ファッションにコダワリのある人には、このスーツ専門店はオススメしたくないなあ。紹介してくれたFashion Designerの人には大変申し訳無いけど、自分はこの店ではオーダーしないことにした。