バイク用ヘルメットの在庫が無い

猿号(Honda Monkey Z50)用のヘルメットはSHOEI EX-ZERO。カッコいいヘルメットで気に入っている。唯一の欠点はシールドが無い。正確にはハーフシールドはあるが、フルフェースのシールドが無い。猿号なら問題無いが、そろそろ納車されるであろう(あれ以来連絡ないけど)SR400号だとフルフェースのシールドは必須。高速道路も走るし、遠征もするので悪天候も想定しなければ。

ヘルメットの流通が悪くなって、ヘルメットの在庫が少ないという話は年末ぐらいから聞こえてきた。なのでSR400号の仮予約を入れた頃にヘルメットを探し始めた。とりあえずネットで探してバイク用品屋に行く回数は極力減らした。候補に上がったのはグラムスター。

www.shoei.com

クラシカルデザインでグラフィックも控えめ。色も渋めでSR400には似合いそう(実際は似合う似合わないは気にせずカッコよかった)。ということで黒系のグラフィックモデルをNAP'Sで買おうとしたが在庫なし。まだ1月だったのでSR400が納車されるまで時間があるだろうから注文した。納期未定「3ヶ月か半年か分かりません」とのこと。3月の終わりに状況聞いたら「問屋の納品待ち94番目」だったそうだ。キビシイ。

その後、4月の頭にSR400が納車されそうとの連絡が来て、ルフェイスヘルメットを本格的に用意することにした。しかしどうしよう?グラムスターは手に入らないしな。NAP'Sに相談したら返金しますとのこと。なんだか申し訳ないが、これを資金にヘルメットを買うことにした。NAP'Sに[1] 在庫がある [2]サイズが合う [3]気に入った ヘルメットを買うのだ。NAP'Sで買うのはフィッティングしてくれるからだ。2りんかんでもやってくれるけどな。

NAP'Sのネットショップで探しても在庫が不明なので(NAP'Sのショッピングサイトは在庫が分かりにくい)直接NAP'Sに行ってヘルメットを選んで在庫を出してもらうことにした。土日に行くと混んでいてお店の人も大変そうなので有休を使って平日にNAP'Sに行くことに。

一応グラムスターも見たけど展示の数さえ減っている。人気なんだなあ。注文した時は全色あったのに今では2種類しかない。注文後にグラムスターのインプレッションをYouTube等で見たがクラシカルデザイン故に通気性や静粛性は落ちるとのこと。実際使ってみないとなんとも言えないが。口元のスリットが閉じられない、シールドが段階的に開かないなどクラシカルといえばクラシカル。今どきの基準で言ったら少々不便かな。高速を走っている時にシールドを全閉したり少し空けたりは良くやるのだ。

グラムスター以外のヘルメットも色々と物色。ARAIだとRAPIDE NEO、XD、VECTOR-X。SHOEIだと新発売のZ-8。異色だとARAI TOURCROSS3のターミネータ仕様(ヒサシを外す)。BELLのクラシックモデルはカッコよかったがSGマーク無しで却下。これらでサイズを合わせて気に入った色柄を決めて在庫を探してもらった。色柄は10種類ぐらいを指定したが、それで出てきたのはRAPIDE NEOとZ-8が一つずつ。本当に在庫が無いらしい。Z-8は新発売なので比較的在庫があるとのこと。

SR400に似合いそう、とかいう条件は一切無視して、見た目のカッコ良さだけで選んでARAI RAPIDE NEOにした。決めては色柄。ただただカッコいい。そして外付けサンバイザー。SHOEI GT-AIRⅢにはシールドの内側にサンバイザーが内蔵されていてサングラス不要でバイクに乗れる。ARAIは殆どのヘルメットにサンバイザーを外付け可能にしてくれた。大変ありがたい話だ。サングラスしてバイクに乗るとトンネルが真っ暗で怖いのだ。

RAPIDE NEOのパッドを調節してフィッティングを直して頂いて、サンバイザー付きシールドに交換して頂いた。お値段はグラムスターと同じぐらい。まあ良い買い物だったかな。