24HOUR TELEVISION

食後に何気なくTVを付けたら、日テレの24時間テレビが終わるところだった。萩本欽一氏が70kmマラソンに挑戦していて、ゴール地点の武道館の皆が歌で応援する、という構図であった。

走っている、というか歩いている萩本氏の映像はあまりに痛々しい。その映像に皆が歌うZARD「負けないで」等を流す。番組企画意図としては視聴者の感動を引き起こすつもりなのだろう。しかし、萩本氏のあまりの痛々しさに、なんだか虐待映像を見ているような気分になってしまった。無謀な挑戦に対して気合いで頑張る姿に、感動するような時代ではないと思う。視聴者を無理矢理にでも感動させよう、という意図が見え見えで、TVを見ていてしらけてしまった。人は演出では感動しないと思う。

あと、気になったのは番組出演者が着ていたTシャツ。A BATHING APEのトレードマークのゴリラが描かれていたが、A BATHING APEでデザインしたのかな?なんだか物凄くカッコワルイんですけど。。。