愛用している学童用万年筆Pelikano Juniorのカートリッジインクを交換しようとして、ちょっとだけペン先をキャップにぶつけてしまった。すると書き味が悪くなってしまった。紙への滑りが悪く、右から左へ書くときに紙に引っかかる感じがする。ペン先を歪めてしまったようだ。万年筆は壊れやすいというか繊細なんだなあ。ペン先の左右がそろっていないようなので、自分でグリグリと紙に押しつけたりしながら歪みを補正してみた。なんとか直ったが、以前のようななめらかさは失われてしまった。これからは気をつけよう。

それともこれは「新しい万年筆を手に入れなさい」という神の啓示ですか?ペン先が歪んでしまったのも神の御技ですか?そうですか。信心深くないので気が付きませんでした。それでは神の教えに従って、新しい万年筆を探すであります。グフフフ〜ゲロゲロリ。