IKEAで買った棚を組み立て

先週末にIKEAで棚を買ったが、そのまま部屋の隅に放置していた。IKEAの商品のほとんどは自分で組み立てなければ使えないのだ。

昨夜は少しだけ早く帰宅したので、IKEAで買ってきた棚を組み立てた。娘の部屋に置く棚なので、娘にも手伝わせる。外装のダンボール箱を破り中身を取り出す。すべて絵で表されている説明書を眺める。文字が無いので、全世界共通なんだろう。よくよく説明書を読むと、色々と工具が必要なことがわかる。大きめのプラス・ドライバ、大きめのマイナス・ドライバ、プラスチック・ハンマーぐらいは必要みたいだ。物作りが好きな人でないと難しいだろうなあ。

作り始めて分かったのは、IKEAは必ずしも「組み立て簡単」を目指していない、ということ。簡単さよりもコスト・ダウンが優先されているみたいだ。確かに低価格は大きな魅力。だが、この組み立てにかかる手間は厳しいぞ。単純な棚を組み立てるだけで小一時間かかった。その後、棚に入れるボール紙製のフタつきボックスを6個組み立てた。これが、もう、手間がかかって軽く一時間以上の時間を食った。しかも二人でだ。一人でやったら。。。と考えると青くなる。

でも、何かを作るのは基本的に大好きなので、こういう作業は全く苦にならない。むしろ楽しい。そういう人でないと、あるいは、そういう知り合いがいないなら、IKEAで家具を買うのはやめておいた方がよいだろう。