娘さんの在宅勤務用に机と椅子、そして有線LAN

娘さんが就職するときに、それまで使っていた?いや、ほとんど使っていなかった机と椅子を捨てて、その代わりにドレッサーを買った。2年ぐらい前のことだ。就職するので机は不要だろうと。しかし、この新型コロナウイルスの騒ぎで、娘さんも在宅勤務が増えて机と椅子が必要になった。こんなことなら。。。と言うのは簡単だが、誰もこんな事態になるとは思っても居ないだろう。しかも、私と娘さん二人が自宅で仕事するこになるなんて。長生きしてみるもんだ。

暫定的にドレッサーの椅子(スツール)と整理棚を机代わりに使っていたが、案の定「腰が痛い」と言い出した。不自然な姿勢で何日も仕事をすれば腰も痛くなるだろう。で「机と椅子が欲しい」と。

いつもなら、カリモクのショウルームや、まともな家具屋、あるいはIKEAで買うのだが、外出自粛を強く求められている(この日本語は変だ)ので、通販で買うことに。しかし、在宅勤務が首都圏を中心に増えているので、椅子と机の在庫がかなり減っているもよう。色々と探して探して、amazonで買うことが出来た。注文して2日で届くのが素晴らしい。今日、届いたので、在宅勤務を中断して机と椅子を組み立てた。通販で買ったにしては、部屋の雰囲気にも合うし、使い勝手も良さそう。お値段も安かった。

在宅勤務がいつまで続くのか見当もつかないが、1年間は続くと予想して在宅勤務の環境を本格的に整えることにした。机と椅子は確保した。次はNetwork環境だ。自宅はNTT光Fletsの契約をしているので、そんなに悪くはない。木造2階建てにWiFiアクセスポイントが1F/2Fに1箇所ずつ、合計2箇所。しかし最近どうも電波の調子が悪い。困ったもんだ。デッドポイント、極端に電波の入りが悪くなる場所があるようだ。ここでWiFi環境を改善するよりも、有線LANを引いたほうが良い、絶対に有線LANのほうが良い。と、娘さんに言っても理解してもらえない。平成生まれだしねえ。論より証拠で、娘さんの在宅用PCに有線LANを接続して試してもらった。するとやっぱり通信が安定している。そうだろうよ。私は古い人間なので無線は基本的には信用していないのだ。

ずっと前に娘さんの部屋に有線LANを引いておいたのだが一度も使ったことは無かった。こんな形で役に立つとは思わなかったな。