宅配ボックスを設置してみた

先日届いた宅配ボックスを設置してみた。玄関脇に置いたので、こんな雰囲気になった。なんだか大きなゴミ箱のような気がしなくもない。が、これは宅配ボックスだ。

この宅配ボックス

グリーンライフ(GREEN LIFE) アルミベンチ型宅配ボックス レシーボ 座面部開閉 プッシュ錠付き アジャスター付き 幅64×奥行46×高さ48.5cm TRA-64(TGY)

は以下の写真のようなダンボール箱に入って届く。意外とコンパクトだ。

自分で組み立てるタイプの宅配ボックスなので、ここから自分で組み立てなければならない。箱の中身はこんな感じのものが入っている。

上下左右前後のパネル6枚とネジ、ダンパー、補強柱などが入っている。あとは組み立て説明書が1枚。これによると組み立てに1時間かかるとあるが、滞りなく組み立てれば30分で終わる。

必要な工具はプラスドライバのみ。軸は長めの方が良い。電動ドライバは本体組立には役立たない。深い穴の底にあるネジを締める必要があるからだ。長い電動ドライバ用のビットがあれば使えるかも。滑り止め付き軍手はあった方が良い。大事なのは、蓋を組み付けるには二人で作業する必要があること。一人だと無理っぽい。

組み付けてみると、かなりアソビがあるというか、隙間ができる。説明書によれば水抜き穴です、とある。雨が降りかかる場所に設置するのは諦めたほうが良いだろう。底には穴も2箇所空いているので、雨水が跳ね返るような場所や土の上に置くのは止めたほうが良い。それでも蓋が大きく作ってあるので、多少の雨ならば荷物が濡れることは無いだろう。試してないけど。

本体はアルミ製なので、大きさの割には軽い。セキュリティのワイヤは必ず付けたほうが良いだろう。付属のワイヤは短いので、ホームセンターで長いワイヤを買って設置した。内側にシャチハタを入れるスペースがある。

値段の割には作りもしっかりしているし、足があるので、雨でも安心。もう少し足が長い方が良いかも。もしくはコンクリの土台をホームセンターで買って、下に敷いた方が良いかも。

蓋を開けるとこんな感じ。ダンパがついているので動きはスムーズ。だが、ゆっくり閉めないとバタンと大きな音がする。要注意。

まだシャチハタが届かないので運用開始できないが、今週末ぐらいからは本格運用できるだろう。実際、どれだけ配達の人に利用してもらえるか、便利になるか、再配達が減るのか。

なんだか、プレゼントが届く箱、みたいだ。自分で注文したものなんだけど。