イナバ物置のバイク保管庫が完成その2

バイク保管庫の写真を撮ってきた。

f:id:ydf:20210207113345j:plain

イナバ物置 バイク保管庫 FXN-1726S。サイズはW:1.8 x H:2.0 x D:2.6[m]。色はアーバンGMでメタリック塗装仕上げで高級感がある。光っているので写真で見ると薄い色に見える。カタログだと濃い色だ。別の色はスノーグレーで本体と同じ色。

f:id:ydf:20210207115016j:plain

内部ははこんな雰囲気。駐車スペースの土間コンの上にブロック基礎を入れて設置してある。愛車猿号(Honda Monkey Z50)を入れるとこれぐらいスペースが空く。この空きスペースにSR400が来るはず。W:1.8mなので大型バイク2台は入らないかも。写真で見る通り中は暗い。明り取り窓や照明は無い。電源通して無い。この暗さはかなり不便なので、とりあえずLEDランタンでも置く予定。

f:id:ydf:20210207113254j:plain

天井の高さは身長165cmで手を伸ばして届く程度。バイク保管庫には高さが2種類あって、これは低い方。それでもこのくらいの高さはある。シャッターを上に上げて、シャッターの端に頭が当たらないぐらい。普通の背丈の人だと出入りの時にぶつけそう。天井に貼られている白いものはオプションの結露軽減材。10mm程度のウレタンスポンジが接着されている。効果の程は不明。

f:id:ydf:20210207113528j:plain

広角で撮影したのでパースが歪んでいる。一番奥に棚と通気孔を付けて頂いた。通気口の場所は職人さんオススメの場所。一番奥にすると強度が弱くなるのと、棚と干渉して使いにくいらしい。通気孔は開閉可能。開けても虫が入らないよう網になっている。

見て分かる通り、これはイナバ物置だ。イナバ物置以外の何者でもない。イナバ物置ということは強度が弱いとかサビなどの心配は無い。が、色気はないよねえ。質実剛健

ネットには、このバイク保管庫をDIYで湿度対策+ドレスアップで断熱材(スタイロフォームやグラスウール)を入れて石膏ボードや板を貼り付けて良い雰囲気にしている事例が散見される。いい感じなんだけど、その作成風景をYoutubeで見ると、かなりの作業量とコストがかかっている。工作機械も最低でもインパクトドライバと丸ノコは必要そうだ。まあ、バイク保管庫に手間暇かけるよりは、バイクに乗ることが最優先だよな。作業よりRIDE ON MOTORCYCLE!!!