SHOEI HORNET ADV

f:id:ydf:20210807183539j:plain


昨年の緊急事態宣言の時にSHOEI EX-ZEROを買った。用途は主に猿号(Honda Monkey Z50)用。当時は今のような在庫逼迫も無くアッサリと好きな色とサイズが買えたのだが、その時の緊急事態下でのNAP'Sの対応は"フィッティング無し"だった。なので、自分で適当にサンプルをかぶってみて決めた。Mサイズがピッタリで、Lサイズだと少しゆとりがある感じだった。ヘルメットはピッタリサイズでないと事故の時にずれたり外れたりする。当然Mサイズを買ったのだが、後日やっぱりキツくて1時間ぐらいかぶっていると側頭部が痛くなってしまった。猿号で使うだけなので1時間かぶることは少ないので問題ないかなあと思っていた。しかしワイフから「頭の横が赤くなって跡がついている」「サイズが合わないヘルメットは良くない」とのこと。なので新しいヘルメットを買うことにした。

EX-ZEROは非常に気に入っていて、特に外付けバイザー(帽子のツバ)を付けた形がカッコいいと思っている。このツバはとても便利で、日差しや軽い雨を避けてくれるし、直射日光も少しアゴを下げれば目に当たらない。内蔵式のハーフシールドも使いやすく、冬場少し寒いことを除けば問題ないんだけどねえ。

ヘルメットはSR400号用にARAI RAPAID-NEOも使っている。これはNAP'Sでフィッティングして頂いたので使用感は問題無く、カラーも気に入っている。でも猿号に使う雰囲気では無いんだよねえ。

新型コロナウイルスの影響でバイク乗りが増えたのと、原材料の流通が滞ってヘルメットの入手が困難になっている。NAP'Sだとほとんど在庫が無いらしい。前述のRAPAID-NEOは奇跡的に在庫があって買えた。注文しても納期未定で1年ぐらい待っている人もいるとか。ヘルメットを買うには注文して気長に待つか、店舗を回って在庫を探すかのどちらかだ。

とりあえず最寄りのNAP'S横浜戸塚に行ってみる。現在は緊急事態下だがフィッティングはやっているとのこと。有り難い。一応ネットでヘルメット選びの予習はしているが、ヘルメットは実物を見て、手に持って、かぶらないと分からない。ネットで見るより大きかったり、持つと重たかったり、かぶると軽かったり、と。

緊急事態下なので店舗に長居は避けたいので、候補は絞ってあった。EX-ZEROの後継なのでとりあえずツバ付きにしようと、つまりOFF-ROAD系とした。加えてシールド付き。すると選択肢は少ない。ネットで探すとARAI TOUR-CROSS3、SHOEI HORNET ADV、AGV AX-9、HJC HJH161、NOLAN N702X、BELL MX-9ぐらい。店頭にあるのはARAI、SHOEI、NOLAN、HJCぐらい。その中でブランドの安心感だとARAI、SHOEIの2択になるので、この2つをかぶってみる。感想は主にRAPAID-NEOとの比較。

ARAI TOUR-CROSS3

開口部が大きいので視界が広い。作りは安心のARAI。バイザーは取り外し可能で、外すとSTARWARSの帝国軍兵士みたいな雰囲気に。シールドを閉めると、中心部分の曲率が大きいので若干見え方に影響がある。慣れるとは思うが、気になる。かぶった感じは大きく重たい感じだが、RAPAID-NEO同様だと思う。

SHOEI HORNET ADV

ARAI同様に開口部が大きいが、ARAIほどではない。見た目より口前の空間は狭い。バイザーに通気孔がたくさんあって、アゴを上げた時に風の影響でヘルメットが上に持っていかれることは無さそう(EX-ZEROは上に持っていかれる)。シールドは普通の古フェイスと同じ。シールドの作りはARAIよりSHOEIが好き。持った感じは非常に軽く、かぶっても軽い。何よりLサイズをかぶった時のフィット感が良い。これだとフィッティングは不要かも。

なのでSHOEI HORNET ADVを買うことにした。色は黒。ブルーにすると礼子推しがバレるので避けた(笑)という訳じゃなくて、単に色合いが悪い。黒だとSR400号とも相性良さそう。

店員さんに相談すると、とりあえず頭のサイズを測ってくれるとのこと。頭の周囲はMサイズ、前後はSサイズ、横幅はXLとのこと。異形だな。SHOEIのチャートで見るとXLサイズにして前後に大量にパッドを入れるのがオススメとのこと。Lサイズのフィット感が良かったことを伝えると、それも良いのではとのこと。

そして在庫は全く無い、他の色も全く無いとのこと。注文しても納期未定で3ヶ月か6ヶ月か1年かも不明とのこと。予想はしていたが厳しいねえ。とりあえず注文は保留して他の店舗に行ってみることに。

この日は猿号で買い物に来ていたので、行ける範囲は限られる。猿号でNAP'S幸浦、山下の2りんかんは厳しいが、ラフアンドロード横浜ならば日野なので裏道で行かれそう。猿号で幹線道路は厳しい。

ナビは無いので太陽の方向と土地勘で裏道を使いつつ何度か迷いつつもラフアンドロードへ移動。ヘルメット売り場に行って在庫を聞くと「ありますよ」とのこと。アッサリしたもんだ。在庫逼迫のことを聞くと「全く入ってこない訳じゃないので」と。在庫から持ってきてもらったHORNET ADVをかぶってみる。これでOK、フィッティングも問題なしということで、アッサリとヘルメットが買えた。在庫がないのはNAP'Sだけなのか?

買ったヘルメットは、持ってきたマンハッタンのザックに入れるつもりだったがギリギリ入らなかったので、ツーリングネットを追加で買って猿号の小さな荷台にくくりつけて持ち帰ってきた。

ARAI RAPAID-NEOと比較するとこんな感じ。バイザーの分だけHORNETの方が少し大きく見える。こうして並べるとARAIは正面から見た時に丸いんだな。対してSHOEIは上の1/3は丸く、下の2/3はスラっと作ってあるような気がする。なのでSHOEIは自分の頭の異形な幅広部分があたりにくいのかも。開口部は圧倒的に大きい。

f:id:ydf:20210807184327j:plain

バイザーの通気孔は半端なく大きい。日差しは遮るが風は受け流してくれそう。風が上に抜けるので安定しそう。吸気口は、バイザー内側の一番奥とシールドの上部、口の部分にある。RAPAID-NEOより通気性は良さそう。

f:id:ydf:20210807184059j:plain

猿号用に買ったHORNET ADVだが、最初に使ったのはSR400号。先日の秩父ツーリングで使ってみた。最初から300km overのツーリングで不安もあったが、結果的には非常に楽ちんであった。RAPAID-NEOより楽かも。

東名を100kmで走ってもバイザーのせいで上に持っていかれることは無かった。ツーリング中は視野が広いのは良い感じ。特にメーターとかナビは見やすい。内装パッドにスリットがあってメガネがかけやすいのもポイント高い。直射日光はバイザーで遮れるのは視界がクリアで良い。ただ朝夕の真正面からの直射日光は防げないが。RAPAID-NEOはプロシェードを付けているので直射日光時はスモークシールドと普通のシールドを通して見るので、若干クリア度は下がる。風切り音が少なくて静かなのもプロシェードが無いからも。

猿号用にかったSHOEI HORNET ADVだけどSR400号のツーリングにも普通に使えそう。RAPAID-NEOの方がカッコいいので、気分で使い分けていきたい。もちろん、猿号にはバシバシと使っていく。

f:id:ydf:20210807184232j:plain

最近お気に入りの工事現場ヘルメット用ステッカー"安全第一"も貼っている。