ユピテルYPL526を防水ケースに入れてRAM MOUNT化

ユピテルYPL526がUSB電源で動作するようになったので、次はユピテルをバイクに設置するためのRAM MOUNT化が必要になる。ユピテル自体は防水性は無いので防水ケースに入れてケースをRAM MOUNT対応にする。

以前はAQUA BOXというお弁当箱のようなハードな防水ケースを使っていたのだが、防水性の安心感は高いが、その分大きくて邪魔だった。大きなど・ラスタ号で使っていたが、それでも邪魔だったな。今回はぴったりサイズのソフトケースにした。しかもRAM MOUNT化が容易なものを選択した。

 これをRAM MOUNT化するには以下のパーツが必要になる。

 コレとケースを固定するためのM4 x 15[mm] ~ 20[mm]の小皿ネジ+ナットが4セット必要。自分はナットはナイロンブッシュ入の緩み止めナットを使っている。

最初にケース内側の底面にある柔らかい布を剥がす。端の方からペリペリと剥がれるはず。粘着力は弱い。

f:id:ydf:20210721181358j:plain

剥がすとネジが4本見えてくるので、この4本を外す。

f:id:ydf:20210721181411j:plain

ネジを外すとプラスチックのプレートが外れる(写真がピンぼけだ)。

f:id:ydf:20210721181550j:plain

外側から見るとこんな感じ。この辺の作りは雑な感じ。

f:id:ydf:20210721181544j:plain

さっきのプラスチックプレートのネジ穴はRAM MOUNTと比べると小さいので、リーマー等で少しネジ穴を拡張しておく。

f:id:ydf:20210721182126j:plain

これでM4 x 15[mm]の小皿ネジでRAM MOUNTを固定する。

f:id:ydf:20210721195842j:plain

外側はこんな感じ。緩み止めナットを使っているので少しゴツい。20mmでも良かった。

f:id:ydf:20210721195855j:plain

こう見ると、RAM MOUNTの隙間の防水性が心配になる。内側に薄いゴムでも貼ったほうが良いかも。