Teamsでバ美肉 その2

ydf.hatenablog.com

Teams会議でアバターを使う方法を調べて書いてみたが、実際にTeams会議でVMagicMirrorのアバターを使ってみると上手く動作しない。この原因は何か?と色々と探ってみた。原因はVirtual Camera Serverにあった。VMagicMirror付属のCamera ServerがTeams会議で上手く動作していない。なので、色々と調べて別の方法を探ってみた。

まとめると、手順としては以下のようになる。

 

1.VMagicMirror

VMagicMirror

1.1 Install

 こちらからVMagicMirrorをInstallする。無料だが非常に有用なSWなので是非BOOST(支援)して欲しい。

VMagicMirror - 夢日記屋さん - BOOTH

DownloadしてInstallするだけなのでここは簡単

1.2 設定する

PCにカメラが接続されていることを確認する。もしくはNotePCならばカメラがあることを確認する。当たり前だがカメラが無いと動作しない。設定はここを参考にする。

Get Started

1.3 仮想カメラを設定する

上記のGet Startedの中で仮想カメラ設定がある。その詳細は下記を参考にする。

仮想カメラを使う

ここでVMagicMirrorのVirtual Camera Serverが起動するのだが、このVirtucal Camera ServerとTeamsの相性が良くない。なので、このCamera Serverを停止しても良い。停止する場合には、

\VMagicMirror_v1.0.0\CameraInstall\Uninstall.bat

を起動する。停止しないでこのまま放置しておいても大丈夫。たぶん。

ここで、別のCamera ServerをInstallする。

2. OSB

Open Broadcaster Software®️ | OBS

2.1 Install

 上記からDownloadしてInstall。完了したら実行する。詳細はここを参照する。

Zoomに好みのアバター(自作含む)で参加する方法 | りんごロイド

2.2 Virtual Camera Plug-in

OSBにVirtual Camera Plug-inを導入する。これがVirtual Camera Serverとなる。詳細はここを参照する。

Zoomに好みのアバター(自作含む)で参加する方法 | りんごロイド

3. MS Teams

 後はTeamsのデバイス設定でカメラをOSB Virtual Camera Plug-inを選択すればOK。

ここでハマるのが、デバイス設定のカメラ選択でOSBが出てこないこと。この原因はTeamsを再起動させれば大丈夫。たいていTeamsはLogin時から自動で起動していることが多い。Teams画面の閉じるアイコンをクリックして閉じても、バックグラウンドではTeamsは実行されているので、Windows画面右下のタスクトレイの中に潜んでいるTeamsを選択して確実に停止させ、再度、Teamsを起動させる。

 これで、Teams会議にアバターで参加することができる。