Teamsでバ美肉

仕事場はリモートワーク禁止になったが、会議はTeamsを使えという。矛盾している気がして愚痴も言いたくもなる。末端サラリーマンは悲しい存在だ。会社を呪っても良いこと無いので、与えられた条件の中で最大限楽しめることを探す。これを負け犬根性とも言うが、実際負け犬なので仕方ない。

Teamsの機能も日々進化していて、ようやくTeamsの背景画像を自分で追加できるようになった。先行するZOOMの機能に少しは近づいた。ただし、接続の安定性、音声や画像の安定性はTeamsの方が良さそう(ユーザー数が少ないからか)。

これだけでは面白くないので、Teamsでアバターが使えないのかと色々と調べてみたら、いくつか方法が出ていたので、試してみたら案外簡単に使えた。素晴らしい。

www.crossroad-tech.com

このサイトで紹介しているVMagicMirrorは無料で使えるツール。試してみて素晴らしかったので、多少なりとも寄付をした。寄付したいと思わせるツールだ。

その他、有料ツールだと

store.steampowered.com

luppet.appspot.com

FaceRigが知名度が一番高いかも。お値段もお手頃なので購入しやすい。でもキャラデータはFaceRig独自。VMagicMirrorとLuppetはVRMが使える。この辺は好みもあるので、どちらが良いとは言えないが、個人的にはVRMの方が好み。

VMagicMirrorをNote PCで実行しているが、CPU 50%ぐらい消費している。なのでPCに負荷はかかるが、実行可能な範囲だと思う。

もうグループ内のミーティングは全てアバターで済ませてしまいたい。それぐらい遊んでも良いだろう。