Happy Hacking Keyboard再び

Vortex Coreにどうしても馴染めないので、別のkeyboardを探していたのだが、結局Happy Hacking Keyboardを買うことにした。

Happy Hacking Keyboard(以下HHK)は初代モデルを長いこと愛用していたのだが、かなりヘタってしまったので処分してしまった。今思えば捨てずに保存しておけば良かった。もったいない。その後、色々なKBDを渡り歩いて、最近ではNote PCにタッチに非常に近いLogicool製のKBDを愛用していた。決して人には勧めないKBDだが、無理なく気張らず使えるKBDだ。ただ趣味性は非常に低いので。。。と思ってVortex Coreに手を出したが、見た目の通り曲者だったな。すまん。私の負けだ。

で、Happy Hacking Keyboard Professional JPを買った。別にAmazon Prime Saleで安くなっていた訳ではない。ついでにキーボードカバーと防振ゴムも一緒に買ってみたが、これが良い感じだった。このままゴムバンドで固定して持ち運べるな。

キーボードレストも一緒に買おうかと思ったが4000円ほどしたので止めた。ただの木片だぜ。。。それに4000円も出せないよ。

なので近所のホームセンターに行って良さそうな木片を探していたら「ホワイトウッド」という木材の良い感じの木材があった。ホワイトウッドとは?と調べたら、なんと「スプルース」じゃないですか!アコギのトップ材に使われる、あの「スプルース」ですよ。それが数百円で売っているならば、買わない理由はない。即買いして工作室で、HHKの幅300[mm]にカットして頂いて完了。ちなみにカット代金は無料。

帰宅して、切断面に金属ヤスリで粗く削ってから、全体に紙やすり400番、1000番と仕上げて、最後にBRIWAXをたっぷり塗り込んでから、乾いた布で磨くこと90分。最後に裏面に滑り止めゴムを両面テープで貼り付けたら完了。スプルースのオイル仕上げのキーボードレスト。これは良い感じだ。

肝心のHHKの打鍵感は多数ネットで言及されているので、ここであえて言及しなくても良いだろう。HHKは良いです。大枚はたいて買う価値があります。