SONY DSC RX0が届いたので、RX0用ケースを探してきた

注文していたSONY DSC RX0が届いたので早速開封。本体が小さいので箱も小さい。

箱の中身。中央にあるのが本体。やはり小さい。最近は充電器が付属せず、本体のUSB端子で直接充電する。バッテリの持ちが良くて、一日撮影して帰宅して充電するなら、本体のUSB充電でも良いが、RX0は小さいだけあって、バッテリの持ちは悪い。

こちらが本体。小さいというか、凛々しいというか、SONY DESIGNを感じる。写真だと分かりづらいですが、前面はガラス張り。オプションでこの交換用ガラスがある。四隅のネジを外して交換。

重さはズシッとした感じ。中身の詰まった大福ぐらいか。RX0自体は防水だし耐衝撃、耐荷重で丈夫なのだが、カバンの中でゴロゴロいいそうだし、他のものを傷つけそうな気がする。適当なケースは無いか?と探すと、世の中には同じようなことを考える人がいて、バンナイズのが良いとか、GoPro用ケースが良いとか、色々と紹介してくれる。その中にピンとくるのがなかったので、自分で探してみた。それで見つけたのが、HAKUBAのフォーサーズパンケーキレンズのネオプレンケース。

入れるとこんな感じに収まる。正直いうと、少し余っている。短めのUSBケーブル入れてちょうどいいかも。小さいレンズ拭きでも良い。

RX0を入れるときはこんな感じ。横幅がケースと同じぐらい。入れた奥が少し余るので、縦に入れると左右が余る。余るぐらいの方が出し入れはしやすいけど。