イスタンブールの交通事情 〜タクシー編〜

どこの観光地でもそうだけど、イスタンブールにもタクシーが沢山走っている。そして、イスタンブールだけかもしれないが、タクシー運転手の柄は、運転マナーも含めて、お世辞にも良くはない。


今回の旅行では雨が時々降ったので、タクシーを利用することも多かった。日本人は目立つので、駅を出たり、フェリー乗り場の前でボーっとしていると「タクシー?」「どこ行くの?」と声をかけてくる。しつこいぐらいに(笑)。雨が降っていると歩くのも面倒なのでタクシーを利用してしまうのだ。イスタンブール市内は水はけが悪くて(というか、水はけ、という概念を知らないみたいだ)、雨が降ると水たまりがたくさん出来る。余計に歩きたくなくなるのだ。


旅行ガイドには「流しのタクシーはトラブルもあるので、ホテルやレストランからタクシーを利用する場合には呼んでもらったほうがいいでしょう」と書かれているが、これは全く無駄でした。超高級ホテル「リッツ・カールトン」でタクシーを呼んでもらったら、滅茶苦茶に遠回りされましたから(笑)。なので、流しのタクシーもホテルのタクシーも同じレベルです。


タクシーの料金はとても安いので複数人で利用するなら割安です。ちなみにアタテュルク国際空港から旧市街まで45TL程度。所要時間は20分ほど。空港からトラムを利用すると50分ほどかかります。荷物が多かったり、時間が無い時には素直にタクシーを利用するのが良いと思います。