マイクロフォーサーズ

パナソニックは、マイクロフォーサーズ規格に準拠した初めてのボディ「LUMIX DMC-G1」を10月31日に発売する。価格はオープンプライス。コンフォートブラック、コンフォートレッド、コンフォートブルーの3色をラインナップする。

 店頭予想価格は、ボディのみが8万円前後、標準ズームレンズ「LUMIX G Vario 14-45mm F3.5-5.6 ASPH. MEGA O.I.S.」が付属するレンズキット「DMC-G1K」が9万円前後、レンズキットに「LUMIX G Vario 45-200mm F4-5.6 MEGA O.I.S.」を加えたダブルズームキット「DMC-G1W」が12万5,000円前後の見込み。

パナソニック、初のマイクロフォーサーズ機「DMC-G1」

思っていたよりも早く発売になったな。カメラメーカーではないパナから最初に発売になるのが象徴的。近頃普段持ち歩き用のカメラを物色しているので、これも考えてみるかな。ただ、マイクロというほど小さくない。レンズを含めてもオリンパスE-420と大差ない。手ぶれ補正があるのは長所だが、動画撮影出来ないのは、対象としているエントリーユーザー向けにはどうなんだろうか。パナは自社でムービーカメラも作っているので気を使ったのかな。ただ、来年発売のパンケーキレンズとの組み合わせは良さそう。


オリンパスも早々に発表するだろうから、そちらの方が期待大。PEN-Fの再来なるか。