バブルへGO

TO DOO

久しぶりのホイチョイ映画。やっぱりというかなんというか、バブル時代の映画なんだなあ。バブルの頃に全盛だった方々は、バブル時代に戻りたいんだろうか。この映画のターゲットは40〜50代かな。