4アマ試験に参考書を投入

自分の記憶は全くアテにならない。忘れた感覚は無い。全く覚えていない。記憶が完全に消し飛んでいる。何のフラグも残ってない。真っ白な状態だ。そういうことが時々ある。SFの描写にある「記憶を操作された」感じか。

 

4アマの試験勉強を少しずつ進めている。参考書はコレをベースにしている。

この本は法規と工学について、試験問題コンパクトによくまとまっている。法規に関しては完璧だ。しかし、工学はそうでも無い。この本の対象読者は「ある程度、電気工学の知識がある人」だ。なので、解説は無く、解答欄に少し説明があるだけ。自分は対象読者では無かった。理工学部を卒業したが、電気工学の記憶が消し飛んでいる。

法規編は読み進めて問題なかったが、工学編でつまづいているので、参考書を追加投入。昔から勉強するときに大量の参考書を買い込むのは好きなのだ。

これは良かった。前述の本は試験問題がメインだったが、この本は解説がメインで、しかも工学に多くのページを割いている。法規を解説なしでも暗記すれば良いだけだからな。電気工学の基礎から説明してくれるので読みやすい。高校物理のレベルの電気の知識が無くとも大丈夫だろう。私には非常に助かる。

試験まで2週間ある。平日は仕事もあるけど勉強頑張ろう。