BMX軽量化を始めよう

自転車は軽さが命! 軽さが全てだ!

案の定、BMX号の軽量化を始めてしまった。そうなるんじゃないかと思っていたが、まあ、その通りになった。自転車は軽さが命、なのだ。

そもそもの重量は10.5kgなのでBMXとしては軽い方だ。もちろんBMX Racerだと市販完成車で9kg台もあるし、KID用だと7kg台もある。Racerはフロントブレーキが無いので単純比較は出来ないが。

自分のBMX号はOld Schoolでしかも昔のRacerを醸し出すようなデザインになっており、しかもフレームはアルミ製。反対にフラットランドなどやったら歪むらしい。なのでフーレム自体には問題が無さそう。とりあえず、簡単に交換出来そうなのが、サドル(買い替えたばかりだが、お尻に合わないもあってて交換対象)、シートポスト(縦に溝が掘ってあるタイプなので厚そう)、ハンドル(スチールパイプでゴツい)、ステム(金属の塊感で見るからに重い)、タイヤ(KENDAのブロックパターンで重いらしい)あたり。フロントフォーク、ホイール、クランクあたりの大物は価格も高いし、専用工具も必要そうなので次回以降に検討したい。あぁ、ホイールは良い出物があれば買いだなあ。

Item Old New Sub of Weight
Saddle SELLE ITALIA MAIKO 360g TIOGA D Spider 165g -195g
Seat Post  不明 340g Ezcozy カーボンシートポスト 235g  -105g
Handle  SE Bikes Power Wing 1,120g Elevn Alloy Race Bar 6.5"Expert+ 439g  -681g
Stem  SE Biles 432g Profile Acoustic Stem 48mm 272g  -160g
Tire  KENDA K-RAD 20x2.35 530gx2  TIOGA Power Block 20x1.75 347gx2 -366g

 Seat PostとStemの重さは実測値。合計で1,507gの軽量化。ハンドルは両側30mm切り落としたし(大した重量ではないが)、もとの重量が10.5kgなので9.0kg以下になったかな。

乗った感じの変化は後日。