昭和の残滓を暴き出す新型コロナの有能さ

新型コロナは収まる気配が無い。相変わらず自粛生活を続けている。仕事場の方は週1回の在宅勤務を認めるらしい。が、管理職は対象外とこと。どういう区別なんだか。まあ、元々管理職は出社せずとも良い「みなし勤務」なので自宅で仕事してても問題ないんだけどな。仕事場はとにかく出社させようとする。親会社の経営陣は社員がギュウギュウに部屋に詰まってないと死亡する病にかかっているのだろうか。それだからといって同情するわけじゃないけど。

自分の仕事場ではないが、別の事業所全面禁煙になるとのお達しが来た。自分はタバコ吸わないので問題ないが、タバコ愛好家にはとても辛い通知だ。しかも禁煙を破った、タバコを吸った場合には、非常に厳しい罰則と、戒めがあるらしい。この強引なまでの禁煙にした理由は健康経営優良法人のお墨付きが欲しいとのこと。加えて喫煙者は新型コロナに罹患した場合に悪化するからとのこと。なんだか昭和の中学校レベルのドン引きルールだな。

仕事場の昭和っぷりが次々とあぶり出されてきて、昭和の残滓を暴き出すというか、新型コロナの有能さを認めざるをえない。