WWS Work Wear Suitsを着てみた

ydf.hatenablog.com

注文して数日で到着。パターンオーダーではないので短期間で届いた。通称「作業着スーツ」と呼ばれるジャンルの服だ。どんなに作業着なのかと思ったら、意外とスーツ寄りの出来上がりだった。作業着スーツという言葉から、ゴリゴリの作業着生地で作ったスーツで、作業着寄りの仕上がりだと想像していた。現物は、生地は薄めで軽い。ストレッチが効いたポリエステルなので扱いは楽そう。縫製は意外と普通なので、作業着のようなガッチリ感は無い。あんまり乱暴に着ると縫製が痛みそうだ。しかし、よく見ると、パンツ縫製の外側のラインは二重にステッチが入っている。内側の縫製は普通。ウエストはゴムが入っているが、ベルトをすると予想以上に普通のパンツのシルエットになる。作りは全体的に細め。横から見た時のシルエットもキレイ。

ジャケットは裏地なしアンコン仕上げで、生地端はバイアスで仕上げてあるので手間がかかっている。胸ポケットにファスナーが着いているが、これは不要かな。サイドポケットはパッチポケットのフラップ無し。ポケットの裏地も軽い素材で仕上げてある。ベントはセンター。丈は短めなのでベント無しでも良かったかも。袖は本切羽仕上げ。この手のカジュアルジャケットは本切羽仕上げが多いが、腕まくりすることを想定しているのだろう。しかし本切羽仕上げにすると硬く重たくなるので、私なら腕まくりより、着心地の軽さを選ぶ。今でも十分軽いけどね。シルエットは細め。

今日は終日着ていたが、パンツの軽さと柔らかさはメンズのパンツではそうそう無いだろう。着心地はジャージより軽いと思う。ジャケットも細めの割には変なシワが出ない。猫背の前肩でも胸に変なシワが出ない。良くできていると思う。なんとなく女性用のスーツを男性向けに仕立てた感じで、作業着スーツという言葉からは程遠い上品さがあるんだよねえ。良くできていると思う。

上下で3万円というお値段に見合うか否かと言われれば、もう少し安くても良いと思う。上下で2万5千円ぐらいだったらお買い得感が出そうだ。それでも、もう1着注文して、着回したい、という気分になる。

www.workwearsuit.com