NAPSTAR in Japan

ナップスター、日本で定額制音楽配信を今秋スタート

2006年秋からサービス開始らしい。気になる楽曲数は洋・邦楽など150万曲。これを多いと考えるか少ないと考えるかで評価が分かれるだろう。iTMSも開始前に予想されたほど曲が増えていかない。定額制に見合うだけの魅力はあるかな。あと気になるのは対応する音楽端末。

転送できるポータブルデバイスは、Windows Media Player 10(DRM 10)対応が必須条件となる。DRM10には、富士通製FOMA端末「F902iS」や、NEC製「VoToL」、東芝製「gigabeat Sシリーズ」などが対応している。同社では今後の展開として、「携帯電話を含む対応ポータブルデバイスについては、メーカー各社が開発を進めており、今秋のサービス開始に向けて、順次発売される予定」としている。

iPodは非対応のようです。一番シェアの大きい端末が非対応では先行きが不安。失敗しそう。結局著作権管理システムに何を選択するか?で、そのシステムに対応した端末を選ばざるを得ない。で、今回はそれがMS WindowsのDRMだったのでiPodは対応しないのだろう。