NTT DocomoはSIM Freeなんだけど

ワイフのケータイを新調しようと色々と調査中。iPhoneが発売されてからあんまりNTT Docomoの端末は興味が持てなかった。改めてNTT Docomoを調べてみると色々と面白い。


最近は台北で買ってきたSIM FreeのHTC One Xを使い込んでいる。ワイフにもSIM Freeの端末をと考えている。海外旅行の時に便利だしね。なので、最初は通販でSIM Free端末を買おうかと色々とネットを調べていたんだが、なんとNTT Docomoの最近の端末の多くはSIM Freeらしい。


SIMロック解除対応機種 | お客様サポート | NTTドコモ


正確には販売した時はSIM Lockされていて、Docomoショップに持って行くとSIM Lockを解除してSIM Freeになるらしい。

NTTドコモ(以下ドコモ)は、2011年4月1日(金曜)以降新たに発売する端末に、原則SIMロック1 解除の機能を搭載し、お客様からのSIMロック解除のお申込み受付を開始いたします。
また、ドコモ以外の通信事業者など(以下他社)のSIMロック解除端末を、ドコモの通信ネットワークでご利用したいというお客様に対しては、ドコモとご契約いただいたうえで、ドコモSIMカード2 (FOMA®カード/ドコモUIMカード)の提供を行います。2011年4月1日(金曜)からは、新たにmicroSIMカード3 対応端末に対応した「ドコモminiUIMカード」の提供も開始します。
SIMロック解除は、ドコモの端末に他社SIMカードを挿入して利用したいというお客様のご要望にお応えするものです。しかしながら、SIMロック解除端末を他社のSIMカードでご利用される際には、ご利用いただけるサービス・機能などが制限される場合があるといった注意事項がありますので、当該端末をドコモショップにお持ちいただき、これらをお客様にご説明し、同意いただいた上でSIMロック解除を行います。

報道発表資料 : SIMロック解除の開始について | お知らせ | NTTドコモ


でも、このことはカタログには記載されていない。某カメラ量販店の店員に聞くと、紙の資料は置いていないとのこと。なので、どの端末がSIM Freeになるのかは、都度問い合わせて下さいとのこと。なんだかスゴクがっかりしてしまった。トホホな気分だ。


あんまりSIM Freeにしたくないんだろうなあ。気持ちは分からないでもない。世の中の変化に目を背けて、今まで上手くいっていたビジネスを今後もそのまま変わらず続けたいんだろう。そのやり方では今後は上手くいかないんだろうけど、もう少しこのままで居たいんだろう。今の世の中の風潮はこんな感じだよね。変化は必要なんだけど、今のままで居たいんだな。上手くいかないのは景気が悪いからで、景気が良くならば、今までどおり上手くいくと思っているんだろうか。


今のビジネスが下降傾向なのを景気のせいにしていると、座して死を待つことになるぞ。他人ごとではないけどね。