バラエティ番組=合コン?

今日は家の用事で出かけられず、ほとんど自宅で過ごす。昼過ぎに何気なくテレビを付けた。いわゆるバラエティ番組をやっていた。お笑い芸人、若手俳優、女性タレント、オカマ系の人などなど。


クイズをやったり、美味しい物を食べたり、昔の出来事を面白可笑しく話たり、女性タレントに「どっちが好み?」と聞いてみたり。。。


これって、80年代後半の「合コン」のネタですか?


最近、バラエティ番組を観ていると、出演者だけが楽しそうで、なんだか疎外感を感じるというか、観ている側が楽しめないというか、違和感を感じていたんだが、バラエティ番組=合コンと考えると、なんだか納得がいく。


番組制作者の年齢を考えると、バブル期の合コン全盛時代をリアル体験しているのかな?と想像してしまう。番組制作者が楽しいと思う価値観が合コンに起因しているとしたら、それはテレビ番組、特にバラエティ番組としては致命的欠陥だろう。


他人の合コンを端から見ていても楽しくないでしょ。