レテの支流

レテの支流 (角川ホラー文庫)

レテの支流 (角川ホラー文庫)

出だしは最高に良くて、中盤まで一気に読ませる。このホラー本はアタリだったな!と確信して読み進めると、終盤手前になってくると、アレレ?と物語がガタガタになってくる。あんまり書くとネタバレになるけど「管理者」が出てくるあたりで、一気にダメになった気がする。


この物語をどうやって収集させるのか?と、ハラハラして読んだのだが、収集どころか、更なるカタストロフィーで終わる。とても残念な気分。ちょっと話を広げすぎて収集つかなくなってしまったのかなあ。


とりあえず、お勧めしません。これ読むなら別の本を読んだほうがイイ。