意識低い系生活、ゆるい生活

r.gnavi.co.jp

良い考え方だよねえ。「意識低い」という表現はネガティブに聞こえるので、別の表現に変えると良い感じに普及して、皆の生活が楽になるんじゃないかな。あんまり頑張らなくても良い感じで、ちょっとルーズなんだけど、まあ良いか、と思わせてくれるような。「ゆる食」とか?

食事だけでなく、衣服とか住宅でも「意識低い」を実践すると、かなり気楽になれそうな気がする。「意識低い系生活」だな。「ゆるい生活」だな。

というか、この「意識低い系生活」「ゆるい生活」という考え方は、新しい考え方ではなくて、昔からあって、既に広く浸透している考え方なのかと思った。その辺を上手く実践しているのがユニクロなんじゃないかな。無印良品は意識高いと思わせる仕掛けを感じるのでちょっと違うかな。

「このくらいで良いかな」という、あんまり頑張りすぎないで適度に出来る範囲でも良いんだけどね、頑張りすぎてしまう人も多いよねえ。まあ、自分もですけど。

 

「ゆるい生活」を少し調べてみたが、群ようこさんに著作があった。

ゆるい生活 (朝日文庫)

ゆるい生活 (朝日文庫)

 

 体調を悪くして「ゆるい生活」に変えたというエッセイ。良さそうです。ほどほど快適生活という著作も。

ほどほど快適生活百科

ほどほど快適生活百科

 

 

この辺もやりすぎると「断捨離」みたいになってきて、また無駄に意識が高まって行きそう。その辺も「ゆるい」「ほどほど」感にしないとな。