エビ中ツアーファイナル

パシフィコ横浜エビ中のツアーファイナルにワイフと参戦してきた。

新生エビ中になってから、初めてエビ中を、観て、聴いてきた。

うん、これは確かに新しい、と感じた。そして、すごく良くなった!エビ中ってこんなに良いグループというかチームだったんだ、と思いました。

何が新しいのか?以前と何が違うのか?帰宅してから色々と考えてみた。自分が思うに、新しいエビ中には、以前あった「役割分担」みたいな雰囲気が無くなって、すごく粒が揃って、一体感があるんだと思う。出席番号が無意味に感じるぐらいだし。この辺が良さに繋がっているんじゃないかな。ライブ後のトークで「いつも一歩引いている安本が前に出てきてくれるようになった」とのコメントもありました。カホリコも、安心して観ていられるしな。

また、松野さんがソロ曲を歌うなんて、役割分担がなくなった象徴的な出来事だと思いました。実はこのソロ曲でちょっと涙ぐんでしまいました。歌で泣いたのは、オペラ歌手崔宗宝氏が歌った「千の風になって」以来のことです。上手くはないんだけど、なんだか心にシミる歌声なんだよね。

更に、アンコール最後に「幸せの貼り紙はいつも背中に」を持ってくるなんてな。。。これも涙ぐんでしまいました。これは名曲。ここまでポジティブではなく肯定感にあふれる曲があっただろうか?

4つも欠番が出て、もう出席番号の意味が無くなったんじゃないかな、と思います。なので、新しい出席番号の歌は不要なんじゃないかな。

旅行でファミえんに参加できないのが本当に残念でならない。