Walter Becker新作

6 月からスタートする全米ツアー〈THINK FAST,Steely Dan'08〉に注目が集まっているベテラン・ユニット、スティーリー・ダンドナルド・フェイゲンとともに、同ユニットの中核を担うウォルター・ベッカーが、1994年発表の『11 Tracks Of Whack(邦題:11の心象)』以来、実に14年ぶりとなるソロ・アルバムを6月11日にリリースすることが決定した(日本盤は未定)。

http://news.bounce.com/13822

私的には、Donald FagenよりWalter Beckerの方がSteely Danらしいと思うのだ。Donald Fagenは彼自身が素晴らしい。が、Steely Danとは少し傾向が違うかな、と思う。Steely Dan好きならWalter Beckerを聴こう!