お遍路: 8日目

f:id:ydf:20211105092803j:plain

ホテルでゆっくり起床。今日はフェリーに乗るだけ。フェリー乗り場はホテルから10分ぐらい。10時過ぎに到着すれば良いので時間は少しある。鳴門大橋でも行こうかと思ったが、徳島本町あたりで大渋滞にはまりそうなので止めておいた。ホテルでゆっくり朝ごはんを食べて帰り支度をすることにした。

f:id:ydf:20211105075237j:plain

大きなホテルによくある朝ごはんを、川沿いの眺めの良い席でゆっくりと頂く。周囲はビジネスマンが多い感じで、ホテルの宴会場でも勉強会やら説明会など多数開催されるみたい。皆さん、仕事していますね。自分はしてませんけど。

f:id:ydf:20211105092747j:plain

部屋に戻って荷物を整理する。昨日、不要なものと洗濯物を宅急便で送ったのでスーツケースが少し余裕がある。このぐらいの荷物だけで1週間以上なんとかなったので、たぶんこのスーツケースだけで1ヶ月なんとかなるかもしれない。途中で洗濯の日が数日必要かもしれないが。

f:id:ydf:20211105090947j:plain

10時頃に荷物整理が終わってチェックアウトを済ます。ホテルのコンビニで現金を少しおろしておく。フェリー船内は現金のみなので。ナビにフェリー乗り場をセットして出発。渋滞にもはまらずにフェリー乗り場まで到着。少し早すぎたので、直ぐそばの吉野川の河口を見るため走り出す。到着してみると、とても大きな川なので、河口なのか海なのかさっぱり分からない。ちょっと失敗だったかも。

f:id:ydf:20211105101615j:plain

f:id:ydf:20211106090331j:plain

フェリー乗り場に戻るとバイクが数台止まっている。近くの建物でチェックインを済ませて、ヘッドライトに東京と書かれた紙を貼る。搭乗は11時とのことなので、少し時間があったので近くを散歩する。

f:id:ydf:20211105102124j:plain

防波堤まで徒歩で行けるので行ってみるとフェリーの全景が見える。東京のフェリーターミナルでは見えない景色だな。防波ブロックの近くを歩くのも数十年ぶりかもしれないな。小学生の頃は江ノ島の防波ブロックで良く釣りをしていた。今考えると危険だったかもねえ。

f:id:ydf:20211105102556j:plain

11時近くなったのでバイクに戻る。後ろに並んだ人と四国ツーリングの話をする。フレンドリーで良い感じになって、ツーショットなど撮ってインスタで共有したりした。今回の旅行で人と話をするのは久しぶりだな。お遍路ではご挨拶程度なので。

f:id:ydf:20211105105541j:plain

フェリーに乗り込むと前輪をガッチリとロックする器具にバイクを固定された。行きは床面から固定だったので、より安心感があって良い。Globe Trotterを下ろして船室に向かう。行きと同じ2段ベッドのようなカプセルホテルのような形式の上の段。少し使い方が分かってきて行きより快適になった。

f:id:ydf:20211105112120j:plain

モンベルの上下に着替えてお風呂に入る。気づかないうちに出航していたようで、お風呂から離れていく徳島の風景が見える。次に来るのはいつだろうか。数ヶ月以内に来たいなあ。とか思いつつ湯船につかる。風呂から出て簡単に昼食を食べて自室にこもる。船室はネットがつながらいことが多いので、ホテルのWIFIでアマプラで映画をダウンロードしておいた。007シリーズのショーン・コネリーの初期の作品。何度か見ているがスパイ映画は楽しい。007はスパイなのか?目立ちすぎだからスパイでは無いのかも。

17時ぐらいにお腹が減ったので夕食にする。行きは冷凍食品とかカップラーメンを食べた。あんまり美味しく感じなかったので、今回は缶詰のサバカレーとサトウのごはんを買ってみた。サバカレーを紙皿に出して電子レンジで温めて、サトウのごはんも温めて、紙皿に盛り付けて頂く。これが美味しい。サバカレーの缶詰が中村屋だからか。次回からこれにしよう。

食べ終わって再び自室にこもる。向かいのスペースから壮大ないびきが聞こえてくるが、ノイキャンヘッドフォンの効果で全く聞こえず007シリーズが見れるのは大きい。欲を言えばタブレットが欲しいねえ。iPad miniを買うべきなのかも。あれをスマホ代わりに常用するのが良いのかもしれない。

007シリーズを2本見たところで寝る。東京到着は05:30なので、余裕をもって04:30に目覚ましをセットする。目覚まし数分前に目が覚めるたのは我ながら素晴らしい。起きて顔を洗ったりして支度する。朝ごはんは食べずに飲み物のみ。支度が終わってロビーで着岸を待つ。帰りたくない気持ちがするのは仕事したくないからで、ワイフと娘さんに会いたくない訳ではない。仕事に前向きなれないのは年齢もせいもあるし、仕事場の雰囲気もあるよなあ。まあ、こうして旅行するためには仕事が必要なのだ。旅行のために仕事する。それで良いと思う。

着岸して駐車スペースに降りる。バイクを固定する器具からバイクを出すにはどうするのかと心配していが、普通にバイクを下げればバイクを器具から離せる。良く出来ている。

器具から少しなれた場所にバイクを移動させて、キックで始動。走り出す。そのまま走って船外に出る。寒いだろうと思ってレインウェアの上着だけ来ておいた。やっぱり寒いな。東の空を見ると赤く染まっていて、日の出が近い。フェリーターミナルを離れて首都高湾岸線に入る。土曜日の早朝だけど仕事のクルマが多い。分岐して首都高横羽線に入って横浜新道経由で帰宅。早朝だがワイフが玄関の鍵を開けておいてくれた。ガレージの鍵をとって、ガレージを開けてSR400号をしまう。帰宅できた瞬間だ。

f:id:ydf:20211106063043j:plain

f:id:ydf:20211106063534j:plain

Globe Trotterを下ろす。滑り止めのゴムマットで汚れてしまったが、まあ良いだろう。消しゴムかなにかで少しは消えるだろうが、これも良い思い出になる。ワイフも娘さんも寝ているよう。荷物を解いて、洗濯物を出したりして荷物を整理する。戻ってきた実感はまだないけど、自分のベッドで寝る頃には実感できるだろうか。

一週間以上、バイクでロングツーリングして事故も怪我もなく帰宅できたことが嬉しい。出発前は少し心配はしていて、不安もあったが、路面が荒れていて危険を感じたこともあったが、無事に終えることが出来た。明日は寒川神社にお礼参りに行こう。

今回のお遍路では第1番から第43番まで参拝した。残りの第44番から第88番、そして高野山には来年行けたら良いなあ。今年は難しいだろうなあ。4月までの有給休暇は余っているから、3月初旬に行けたら良いねえ。寒そうだけど。