シン・エヴァンゲリオンを観てきた(ネタバレ無し)

2021/03/08から公開になった映画「シン・エヴァンゲリオン」を観てきた。1995年のTV放送から約25年を経て完結。長かった。ネタバレが怖かった。この対策は早く観ることだ。これしかない。ということで公開3日目に観てきた。

緊急事態宣言下なので映画館も20時で終わり。2.5時間近い作品なので最終回が16:40開始という社会人にとってはツライ時間だが、グループメンバーには最優先項目だと説明して仕事場を早めに抜け出して映画館に直行。コロナ感染がコワイので映画館内では飲食しないことにした。しかも途中でトイレに行くのもイヤなので水分補給も少なめにして、映画を観てきた。

感想を書くとネタバレになるので書かない。

一つ言うとすれば、劇場版BOXセットは買ったほうが良い。劇場版4部作なんだなあ。

もう一つ言うならば、シン・エヴァンゲリオンを観終えたら、改めて[1]TV版、[2]DEATH (TRUE)2 /air/まごころを、君に、[3]劇場版4部作はシリーズ作品として見直して観る価値はある。

東北震災から10年目にこの映画が公開されたのも(延期に延期を重ねて)、なんだか意味深く感じてしまう。この映画を観てよかった。