釣行記: リヴァスポット早戸

 

f:id:ydf:20201017104043j:plain

昨日は有休を頂いてリヴァスポット早戸へ。前回は約半年前の2020-03-14。

釣行記: リヴァスポット早戸 - 文書生活 : TEXT LIFE

リヴァスポット早戸は台風の影響でしばらくお休みしていた。昨日から全面営業再開だった。タイミングが良かった。3時半に起床して支度して4時過ぎに出発。荷物は昨夜のうちに愛車240号に積んでおいた。ちょっと寒そうなので薄手のダウンとフリースを持った。

自宅近くのすき家で早い朝食を頂く。深夜営業が復活していたので助かる。コンビニでミニクリームパンと温かいお茶を買って新湘南バイパスから圏央道を走る。240号は今までのクルマとは違って、勝手に速くグイグイ走ろうとする。今までのクルマはどちらかといえば自分が走らせる感じ。深夜の圏央道に走るトラックも気にすることなく走り抜けてしまう。うかつにアクセルを踏めないなあ。それでも猛スピードで追い抜いていくミニバンが絶えないけど。

開始の30分ほど前にリヴァスポットに到着。空は薄明るい。支度しながら事務所が開くのを待つ。待っている人は10名も居ない。空いてそうだ。水量は多め。流れもかなり速い。水温はそれほど低くなさそう。

受付を済ませて釣り開始。クルマを停めた場所に近い適当な場所を取る。最初のルアーはふわとろピンク。一投目からヒット。これは活性が高そう。昨日まで休みなのでほぼ全部が放流直後の状態なのかもしれない。そうそうにルアーをヤキマベイトのルースターテイルに交換。速めに巻くとヒット。連続ヒットだ。これは楽しい。ルアーを変えてもバシバシとヒットする。手返し良く釣るためにスプーンに交換。プラグやスピナーはラインが絡まったりして手直しする手間がかかるが、スプーンはそういったトラブルが少ないので効率良く釣るのに向いている。赤金とシルバーで釣り上げる。2時間で40尾と時間あたり20尾。自分の中では新記録だな。

その後、ペースが落ちる。と、同時に猛烈に寒くなってきた。フリースにウィンドで釣り始めたが、クルマに戻ってダウンとロングのレインコートに着替える。手袋とネックゲイターも装着。かなり寒いねえ。

それでも全く釣れない訳でなく、ポツポツと釣れる。ルアーは相当に考えないとダメだった。流れが速いのでふわとろがあんまり効かない。流れの遅い場所を見つけてピンポイントでふわとろをキャストすると釣れることがあった。それも状況が刻々と変わる。流れが速い場所で良かったのはJackson Light Magic。前回も良かった。Jacksonのルアーは安定して良い結果が出るねえ。カラーバリエーションが少ないのが残念だ。

https://jackson.jp/lure/light-magic/

9時を過ぎて50尾を超えた。これだけ釣れば満足。後の時間は釣り場内をブラブラしながら空いた場所があったらキャストしてみるぐらい。10時過ぎには天気がよくなって気温が急上昇。ダウンなど脱いで身軽な服装でブラブラする。上流の方の釣り場は整備してないようで、魚も居ないとのこと。更に上流の関の方は水量が多くて前回来たときと少し雰囲気が変わっていた。水煙に日があたって良い感じになっていてる。ここに来るのはいい気分だ。時間は11時。釣果は60尾になっていた。この辺で納竿とした。これで十分だ。

思えばリヴァスポットは20年以上前から来ている。20世紀からだな。昔愛用していたCotac製のグラスロッドは20年前のものになるのか。今では手に入らないペナペナのグラスロッド。完全に時代遅れかと思っていたら、年末にPalmsからグラスのペナペナのベイトロッドが発売されるらしい。もちろん予約した。スペックでは1g程度のルアーがキャストできるらしいので、秘蔵の凧スプーン(新品)1gも試してみたい。

帰りは圏央道を使わずに、以前のルート、清川村から厚木~海老名に抜ける一般道で帰宅。BGMも当時よく聞いていたキリンジの"3"。これも20年以上前の作品なんだなあ。