BMW Connected Driveは分かりにくい

次の愛車M240iの納車までに色々と準備しておこう。M240iは中古車だが現行車種なので最新機能が搭載されているらしい。"らしい"というのは現車で確認してないから。Web掲載の情報に基づいているから。

【公式】BMW M240i クーペ ❘ モデル紹介

"走る曲がる止まる"に関する最新機能は、機能"改善"なので理解しやすい。アイドリングストップ、自動ブレーキ、レーンキープなどは分かる。しかし以前は無かった"新しい機能"を理解するには知識が必要だ。特にBMW Connetcted DriveというNetwork系の機能は何が出来て何が便利なのか良くわからない。良くわからないのはBMWのWeb Siteが分かりにくいというか、欲しい情報へのLinkが直接的ではないからだ。先日のM240i契約時に営業の人にConnected Driveの説明を求めたのだが、営業の人は知らなかったようで、業務用パンフを持ってきたのみ。その内容もWeb記載と大差ない。

なので、BMW Connetcted Driveについて少し調べて自分なりに整理してみた。

以下がBMW M240iというかBMW 2シリーズのBMW Connected Driveの説明Page。

BMW 2シリーズ クーペのコネクティビティとドライビング・アシスト

ここの記載事項を引用すると理解しづらい(良くわからない日本語で書かれている)ので自分の言葉で機能を説明してみる。

主に2つのことを言っている。一つは"走る曲がる止まる"以外のクルマの操作、オーディオやナビの操作で、これを"Connectivity"と呼んでいるらしい。もう一つは"走る曲がる止まる"のアシスト機能で"Driving Assist"と呼んでいる。後者は分かりやすいので説明は割愛。前者の"Connectivity"、別名"BMW Connected Drive"(名称が統一されてないは良くない)を整理してみる。

まず、Connected Driveは有料サービスなのか無料サービスなのか良く読み取れないので、色々とLinkを辿って読み解く必要がある(Web Siteの設計に難ありだ)。通信モジュールはデフォルトで車載されており、音声認識もOn board(車載)されている模様。

 

Name Category Note Price
Online Entertainment 音楽配信サービス 音楽配信サービスのパートナーが提供する3,000万以上の楽曲に常にアクセス出来る。配信サービスプロバイダは不明 ?サービス・プロバイダ毎の契約が必要?
BMW Online 情報配信サービス ニュースや天気予報を閲覧可能でテキスト読み上げ機能付き。上記Online Entertainmentとは別だと思われる。 Connected Package 6,900円/Yearに含まれる
Remote Service 遠隔操作 iPhone Appで[1]駐車した車両の位置を地図上で確認 [2]車外からエアコン操作 [3]車両周辺を3D表示(カメラ有りのみ) [4]車外からヘッドライト点滅操作 ※Android非対応 Connected Package 6,900円/Yearに含まれる
Online音声認識 音声操作 車載の音声認識ではなくネット経由のサーバー側で音声認識するので精度が良いらしい(Off Boardと表現されている)。ナビ操作など出来るらしいが何が出来るのかは不明。 Connected Package 6,900円/Yearに含まれる
USB Map Update ナビ地図更新サービス PCでMap dataをdownloadしてUSB Memoryに入れて自分でナビ地図更新する。サービスセンターに依頼すると24,000円ぐらいかかるのでお得。 Connected Package Plus 20,300円/Yearに含まれる
BMW Driver Support Desk Concierge Service 車載のハンズフリーフォンを利用してコールセンターのオペレーターが24時間365日音声対応。目的地までの道のりや特定の飲食店などのロケーション等を車両の現在位置から調査してナビに表示。 Connected Package Plus 20,300円/Yearに含まれる
BMW Drive Recorder ドラレコ 後付ではない元々ある車載カメラによるドラレコ。バックカメラは良くあるがフロントカメラはどうなのか?最近BMW純正の後付ドラレコも発売しているので、対応車種は限られるかも? 4,500円/Year or 12,700円/3Years or 28,200円/無制限
Apple Carplay Preparation Apple Carplay対応機能 Apple CarPlayに対応するiPhoneを車内でワイヤレス接続 35,500円/無制限
Iconic Sound Sport エンジン音シミュレーター 走行モードに合わせてエンジン音を再現する 17,900円/無制限

 

ユーザーはサービス個々に契約すること出来るが、Connected Package(6,900円/年)かConnected Package Plus(20,300/年)のどちらかに契約するのだろう。Connected PackageはBMW Online, Remote Service, Online音声認識の3点、Connected Package PlusはコレにUSB Map UpdateとConciergeが加わる。

ナビ地図updateはBMW Service Centerに依頼すると24,000円ぐらいかかる。安くあげようとロシアのサイトからデータのみ購入しても10,000円ぐらいかかるので、毎年更新するならお得だろう。Conciergeの品質はオペレータ次第だな。

また一部のサービスにはスマホアプリが必要になるが、Androidには非対応でApple iPhoneのみ対応が多い。改善の余地有りだ。

これらの中で、自分が利用したいと思うのは[1]Online Entertainment [2]Online音声認識 [3]USB Map Update。そのためには20,300円/年の費用がかかるが、Map Data代金と思えば安い。Online Entertainmentの費用が気になる。SpotifyGoogle Youtube Musicに対応するなら契約済みなので問題ないが、別のサービスだと追加費用になって厳しいなあ。