Sony Ear Duo XEA20は久しぶりのSony Quality

Sony Ear Duoを通勤時間に愛用している。外の音と音楽が両方共普通に聞こえる。画期的といって良い。Google Assistantも起動できて音声で情報やりとりできる。次世代感があって素晴らしいデバイスだ。

だが、しかし、これが壊れるんだな。肝心の通信や音楽再生は問題無いのだが、裏側の磁石はそうそうに剥がれ落ちてしまった。これは自分で両面テープで貼り直して使っている。そしたら、今度は表面のボードが剥がれて、防水用と思われるパッキンも外れてしまった。

もう、どうなっているの?とは思わない。これがSony Qualityなのだ。最近のSony製品はSony Qualityを克服したのか、めったなことでは壊れない。素晴らしい品質を持っている。しかし、以前のSony製品、特に攻めたコンセプトの商品は、ことごとく壊れた。だいたい保証期間内に2回ぐらい修理に出すのは普通のことだった。自分が愛用していた初期の頃のwalkmanは小さなネジがポロポロと外れて(鞄の底に小さなネジが落ちていて気づく)、最後にはwalkmanがバラバラになってしまうという、なんとも素晴らしい品質だった。

今回の不具合は接着剤の品質不良なのか、接着工程に不具合があるような気がする。接着の耐久性が低いんだろうなあ。

購入したヨドバシカメラ横浜店に行って修理カンターで修理に出してきた。もちろん保証範囲内。2週間ぐらいで修理完了することが多いとのこと。しばらくはイヤモニを使うかな。あ、Pixel 3XLはヘッドフォン端子が無いんだったねえ。アダプタ使うかな。