革リュック作りは振り出しに戻る

土日は出かけずに革リュック作り。なんとなく全体像が決まって、1/5サイズを工作用紙で作成して比率確認。そこから工作用紙で型紙作成して、ユザワヤで買って来た布(あんまり安くなかった)でプロトタイプを作ってみた。サイズ感は良い感じ。outdoorのデイパックとほぼ同じ大きさ。というのも娘さんのアドバイスに基づいて最初の型紙より二周り小さくしたのだ。


しかし、買って来たヌメ革で所謂普通のリュックサック作成は難しそうだということが分かった。やっぱり革が固いので、土屋鞄のオイルヌメ革リュックのようにはならなそうだ。厚みは1.6mmと薄めにしたつもりだったが、予想以上に買ったヌメ革が「良い革」で、張りと艶があって、普通のリュックにするにはもったいない。


ということで、土日に作ったデザインと型紙、プロトは全て破棄。また、最初のコンセプトから練り直して、デザインも最初からやり直すことにした。


せっかくのヌメ革なので、王道の固い感じのデザインにするかなあ。やっぱり真鍮金具を使いたいよねえ。HERZみたいな感じかな。


革鞄/レザーバッグの手作り工房HERZ[ヘルツ]商品紹介サイト/革カバン・ハンドメイドレザー