無線LAN環境構築

家庭用無線LAN機器が市販されてもう何年になるのか。仕事場ではかなり初期から無線LANを「勝手に」導入してみたりしていたいが、あんまり性能が良く無かったので、無線LANには良い印象が無かった。なのでこれまで無線LANを自宅に入れるつもりは全く無かったのだが、階段下収納スペースにPX-5500を設置することになったので、とうとう自宅に無線LAN環境を構築することにした。

機材はホストに無線LANブリッジとしても利用可能な無線ルータのBUFFALOのWHR-G54S/P。クライアント用のPCMCIAの無線LANカードも付属しているが、PCを無線化することはしばらく無いだろう。プリンタ用のクライアントはEPSONのPA-W11G2。軽くマニュアルを読んでからホストから立ち上げていくが、特になんのトラブルも無く、特に設定する項目も無く、ほぼ電源を入れただけで終了。クライアントのPA-W11G2は画面の指示通りに行うと(少々理解に苦しむ箇所はあったが)、何のトラブルも無く終了。拍子抜けした。最近のPC機器は良くできている。まるで家電製品のようだ。