Googleがネットの全てではない

先日「トリック劇場版2」の宣伝に使われていた「濃ゆる〜い」をググってみた

「濃ゆるい」をググってみた
ところ、映画宣伝以外のヒットは少なかった。
「濃ゆるい」という言葉はあんまり疲れていない言葉なのかと判断した。

今日、ふと思い立って、久しぶりにYahoo!の検索エンジンを使ってみた。すると、
以前よりも(かなり前の印象だが)検索結果の品質が良くなっていた。試しに

「濃ゆるい」をYahoo!検索してみたら
GoogleとYahoo!の検索結果は結構違っ
た。Yahoo!の方がヒット件数が多い。Yahoo!の方が品質も良さそうだった。

これは意外な結果だった。日々Googleばかりだったが、もしかして最近はYahoo!
の方が性能良いのかもしれない。何かを調べるときにGoogleばかり使っていたが、
今後は他の検索エンジンの結果と比較しながら使わないとダメかも。

当たり前のことなのだが、Googleでヒットすることがネットの全てではない。今
更ながらそのことを再確認した。ここ数年はGoogleが一番だと妄信してGoogle
か使っていなかった。なんだか不安になってきたな。

Googleがネットの全てではない。思い出して良かった。

Googleがこれほど普及する前は、ネット検索時には必ず複数の検索エンジンを使
い、結果を比較していた。今再び複数検索エンジン利用の時代が戻ってきた。