クレカ不正利用の調査結果の続報

土曜日に渋谷で娘さんとお昼を食べている時に、クレジットカード会社から不正利用の調査結果の報告があった。今まで報告が無かった海外店舗での利用の件だ。やはり航空券を購入しており、上海からシドニーの航空券を中国人らしい名前で購入していたらしい。その中国人名も教えて頂いた。どこかで聞いたような名前だが、中国人にはよくある名前なんだろう。XXX・ジングゥオみたいな雰囲気だった。

フライトの日は7/21だったらしいので、フライト1週間前に購入ということになる。こんなの転売出来るのだろうか。それにしてもシドニー行きばかり。中国人はシドニーが好きなんだろうか。

フライト日に私が日本に居ること、もし私がフライトしていればパスポートに記録が残ることを主張しておいた。航空券の名義が中国人名なので、まあ、不正利用は色は濃いと思うが。

この件が海外店舗利用なので、クレジットカード会社はVISAに不正利用の申請するそうだ。日本のクレジットカード会社の保証の範囲外らしい。なんとも面倒くさい。

月曜日に、再びクレジットカード会社から連絡があった。今度は日本の旅行代理店H系での不正利用の件で、この件は不正利用で確定したとのこと。クレジットカードの保険で対応するそうだ。書類手続きが必要なので、私に郵送したとのこと。まだ手続きが必要なのだそうだ。面倒が続く。

電話の最後に「これからもカードのご利用、よろしくお願いいたします。」と言っていた。海外店舗の件はもうしばらくかかるらしい。申し訳ないが、これらの件が片付くまでこのクレジットカードを利用することは無いだろう。