ストライプのダブル・スーツを注文してきた

急に寒くなったような気がするが、11月なのでこんなものかもしれない。暑いのは我慢できるが、寒いのは我慢できないので、人より厚着することも多い。それでも、最近は人並みになってきたような気がする。加齢の影響か。

最近はジャケットにパンツで通勤しているが、時々寒い感じがして、ちょっとイヤな気分になる。そう、寒いとイヤな気分になる。寒いのキライだから。なので、薄手のコートか厚手のジャケットを買いたいなあと思っている。ただ、今まで薄手のコートを買ったこともあったが、あんまり使われない。使う期間が短いからな。なので、今回は少し厚手のウール生地でジャケット、パンツ、というかスーツを買うことにした。

いつもの横浜タカシマヤに行き、紳士服オーダーのお店でダンディなA氏に対応して頂いた。今回は今までお願いしていた、ちょいカジュアル目のジャケット・パンツよりも、スーツ寄りにしたい。なのでジャケットの丈も長め、パンツ裾も長めで太め。というイメージを伝えたら、奥の倉庫から厚手ウールのストライプ生地を持ってきた。ブラックに細い白ストライプで、ストライプ幅が広い、かなり広い。なかなか良い感じといか、ちょっと下品(笑)かも。参考に持っていったコリン・ファースの写真(Kingsman)より下品でカッコいい(笑)。せっかくの生地なので、ダブルにしてもらって、ラペル幅も広く、サイドベンツにして頂いた。裏地はシルバーが良かったが、良いのが無かったのでコットンキュプラのダークグレーの落ち着いた雰囲気にした。表地が派手だからな。ボタンは黒水牛の6個ボタン。仕上がりは月末までかからないとのころ。意外と早い。