頑張ってる途中


ももクロもすっかりメジャーになって、すこし遠くに行ってしまったような気がする。そして、かつてのももクロの距離に居るのが「私立恵比寿中学」略して「エビ中」。カイモノラボのコーナーも始まったし、川崎ラゾーナの無料ライブがあったりと、まさにももクロフォロワーとなっている。どこまで行けるか楽しみだな。ヒャダインもバックアップしているしな。


今のももクロに欠けているのはキラーチューンだと思う。確かにサラバは良い曲で、YouTubeの再生回数も1,000万回を超えたらしいけど、AKBの大声ダイヤモンドに相当するような感じではないと思う。誰もが口ずさめるような、鼻歌まじりに歌えるような、そんなキラーチューンが欲しい。


そのキラーチューンをエビ中が先に手にしてしまったような気がする。「頑張ってる途中」はもしかして凄い名曲かもしれない。元スーパー・バター・ドッグの池田くん作詞作曲。老若男女に響く名曲だと思う。