お写真お買い上げ。。。でも何も始まらない

今夜は月末恒例写真部月例会。いつもの某中華料理店にて開催。一応作品2点とエキシビジョン(作品に満たない次点の写真)数枚を持参。毎回参加者の作品を並べて、中華料理店のマスターとバイトのお姉さん( China Girl )に、それぞれベストワンを選んで頂いている。先月、今月共に、光栄なことに自分の作品を選んで頂いた。多謝。

バイトのお姉さん( China Girl )曰く「この写真いくらですか?」と。「趣味で撮っているだけなので売り物じゃないですよ」と私。「私、この写真を部屋に飾りたいです」とChina Girl。「え?! じゃあ差し上げますよ、もう少し大きく引き延ばして、というか大きくプリントして」と私。「うぁ〜!ありがとうございます!ホントですか?」とChina Girl。「ホント、ホント、今度持ってきますよ」と私。

なんだか安請け合いしたような気もするが、Young & Pretty China Girlに喜んで頂けるなら、と、プリントして差し上げることにした。PX-5500なら最大A3ノビまでプリント出来るし。用紙を買ってこよう。

それより何より、自分の撮った写真を気に入って頂けた事が素直に嬉しい。それもYoung & PrettyなChina Girlに気に入って頂けたことが嬉しいねえ。ウンウンウン。あと20年ほど若ければ、これをきっかけに何かが始まるはずなんだけど、相変わらず何も始まらないんだな。それでも何か始まったらどうしよう?と妄想していても、気分を悪くしないで欲しい。