Cycle Show 2005

サイクル・ショウ2005を見学。前回よりも展示会場が広くなった。しかし出展企業は一般車を扱う企業が多く、特に台湾、中国の企業が大半だった。本格的なROADやMTBよりも、気軽に乗れる一般車や折り畳み自転車が目立った。パーツ関連も一般車向けのハブダイナモ、ライトが多く、ROAD向けというかマニア向けは殆ど無かった。スペシャ、トレック、ピナレロ、ルック、BMC、オルベアも無かったし、例年展示されていたプロチーム機材もミヤタスバルの他は無し。さらに屋外でのショップの即売会も無し。SHIMANOのブースも出ていましたが、一般車向けパーツのみ。だいぶ物足りないサイクル・ショウでした。こんなガッカリしたサイクル・ショウは初めてだ。娘も一緒だったので、スタンプラリーだけは一生懸命やりましたけど。唯一の収穫は別府選手のトークライブを見られたことかな。

自転車ブームなんだかわかりませんが、自転車関連ムックの発売も増えているようで、自転車をもっと一般化して市場を広げようとしているのは理解できますが、ちょっとねえ。