EXIT...STAGE LEFT

紛失していた音源を書い直した。改めて聴くと懐かしいというより新鮮な感じがした。こんな音だったっけ?特にBassはこんなボンボンした音だったっけな?う~ん。

たぶん、このアルバムの曲はCDよりも、自分のバンドでの演奏を聞いている回数が圧倒的に多いから、自分のバンドの演奏の印象が強いんだな。それに当時はCDじゃなくてLPから録音したTAPEだったか。改めてCDで聴くとこういう音だったんだな。

Exit Stage Left

Exit Stage Left

 

 当時のバンドのBassのS君はある時期からFunk系Bassが好きになったので、Bassの音がクリーンになったし、Guitarの自分は途中から窪田晴男に傾倒していたので、窪田晴男サウンド(Comp+コーラス+Digital Echoのチャキ~ンとした音)にしてたような気がする。

音の感じはともかくとして、このアルバムはRushの最高傑作だと思う。選曲、曲順含めて、これぞRush!という感じだ。しいて言うならば、YYZからLime Lightの曲順が無いのがサミシイ。YYZのエンディングからLime Lightのイントロへの流れは素晴らしいのにな。それを差っ引いても最高傑作であることに間違いは無い。歴史に残る名盤。