カバンは完成したけれど

新たに買ってきた革は予想以上に良いもので、革特有の(見た目の)重さと、しぼ加工と繊維をもんであるので、しなやかな感じが出ている。先週から作り始めたカバンはとりあえず完成。新しい革の良さが出たのではと自画自賛。でも、ちょいと不満もあるので、同じ型紙をベースにもう一度作ろうかと考え中。


内部にポケットをつけたのだが、ポケット用の革は角田商店で買ってきた店頭在庫の端切れを使った。まあ、適当で良いかとあんまり拘らなかったが、仕上がってみると、良い雰囲気になっている。ちょっとハンティングワールドのバッグの配色になっているようないないような。。。なので端切れじゃなくて、もっとちゃんとしたヌメ革を使えば良かったなあと。ショルダーベルトの固定部分もちょっと手抜きしたので、カバンに重いものを入れたら、たぶん、壊れる。サイド部分の革も漉いたんだけど、漉き具合があんまり良い感じではないし、そもそも漉かなくても良かった、あるいは少しだけ漉けばよかったみたい。しなやかというかやわらかいからね。


と、色々と課題も明確になっているので、もうひとつ作るかな。いつも、同じカバンを二個作っているようなきもしなくもない。だいたい、最初のカバンの課題解決版なんだよねえ。


今日はビッグサイトに行った帰りに浅草に寄って、カバンのパーツと工具を少し買ってきた。漉きにはペディを使っていたが、力を入れたら折れてしまったので、別の工具、べべルナイフを購入。それからヘリ落としも大きめのを。接着剤も強力なやつを使っていたが、それよりも、仕上がりがきれいなゴムのり系に変更。ポンチも鈍ってきたので伸張。すべてひうちやさんで購入してきた。金具系は三洋商会で購入。足長のリベットも箱買いしたし、思う存分作れます。