小西君のインタビュー記事

今を生きる誰にとっても、原点はきっとある。そしてアーティストの場合、それはかつて足繁く通った、CDショップなのかもしれない。

『マイファーストレコード』の第7回に登場するのは、かのピチカート・ファイブのリーダーでありDJでもあり、数々のアーティストをプロデュースしてきた小西康陽氏。さらに今回は組合員の行達也氏(mona records)も参加。いつもと趣向を変えて、インタビュー形式でお届けします。

404 error - File Not Found

これは興味深い記事。最近はCDショップに行かなくなったと言っています。

小西:当時はまだネットがないから、CDショップがコミュニケーションの場になってたよね。お客さんだけじゃなくて、アーティストも来てくれて。POPも「今これを買わなきゃ!」って気にさせるものも多くて、よくダマされたよ(笑)。

私もPOPに乗せられて、特に六本木WAVEのPOPで、ジャケ買いしまくった。毎週数枚買っていた時期があったなあ。最近はTSUTAYA DISCASBOOKOFFの中古ばかり。