ドグラ・マグラ上映されるらしい

『薔薇の葬列』公開40周年 幻視の美学・松本俊夫映画回顧展

「映像化不可能」と言われていた日本文学を代表する奇書、夢野久作の『ドグラマグラ』を初めて映画化。謎が謎を呼ぶ迷宮的な物語世界を松本俊夫が魔術的な視覚効果と話法で巧みに紡ぎ出した。上方を代表する天才的な落語家、桂枝雀が主要人物の正木博士を怪演、映画に異様な迫力を与えている。

桂枝雀も亡くなって何年たつかな。DVDは当然持っている。だが、この作品は映画館で見なければならない。これは行かねば!