mashup

mashupという用語を教えて頂いた。「新しい概念ではないけれど、新しい名前を付けると不思議とすごいことに思えてくる」一例だろう。mashupがすごいと思われているのは、組み合わせが新鮮というわけではなく、組み合わせる要素技術の良さ、例えばGoole Map APIやAmazon API等のWeb Service系の技術だろう。更に言えばWeb Serviceの技術も単体で存在するわけではなく、様々な要素技術(SOAPやらそれらを実現するPlatformとしてのJava等)の組み合わせなのだが。

マッシュアップ--仮想空間と現実をつなぐ地図 - CNET Japan

マッシュアップ」という言葉が最初に使われたのはポップミュージックの世界だ。音楽の世界では、この言葉はアーティストやDJが2つの曲を合わせて、ひとつの曲を作ることを意味する。テクノロジーの世界では、複数の情報源から提供されるコンテンツを組み合わせているにもかかわらず、ひとつのサービスのように利用することのできるウェブサイトまたはアプリケーションを指す。マッシュアップはさまざまな分野から登場しているが、GoogleやAmazonが多彩なデータを比較的簡単にオンライン地図と統合できるツールを提供したために、特にデジタル地図の分野で未曾有の盛り上がりを見せている。

技術的観点ではなく、使う側から考えれば、便利なツールがふえてなによりです。