徒然

秋晴れの良い天気。しかしワイフの具合が悪く自転車ショウには行けず。午前中は喪中はがき印刷。長年使っているCanon Inkjet Pritnerがタコで、目を離すと宛名印刷の位置ずれを起こす。80枚印刷するのに20枚失敗した。25%不良という歩留まりの悪さ。ま、喪中はがきは普通はがきよりも厚手で、プリンタは苦手なんだろう。午前中に仕事が済んだので大目に見てやろう。慶弔切手も貼り終えて、コンビにのポストへ投函。途中橋の上から川を見ると、大きな鯉、フナ、小さい魚が群れているのが見える。水の中の魚を見ると心が落ち着くなあ。釣りにでも行きたいなあ。

午後から娘と外出。カレスト座間にクルマを見に行く。広大な敷地にクルマが並んでいる姿は圧巻。試乗コースがあったので、日産のTEANA、ムラーノ、モコに乗る。モコは軽自動車だし低価格だけあって、乗り心地も悪いし、エンジン音もうるさい。ドアも薄いし、作りも安っぽい。ハンドル、ペダルの操作感もペナペナ。近所の買い物と送り迎えに乗りつぶすなら良いだろう。ムラーノは外観デザインは近未来っぽくてカッコいい。存在感もあるし、押し出しも強い。室内も広い。が、ハンドルは重いし、動きも鈍いというか重い。操作感が全体的に重い。図体も大きいので、悪く言えばスローモーな感じ。私には合わないなあ。最後のTEANAは3.5L+CVTの最高級グレード。助手席は電動格納式のオットマン付き。室内も上品で広い。後部座席も広い。モダンリビングというキャッチフレーズは伊達じゃない。エンジン音も静かだし、走りも滑らか。乗り心地も良い。アクセルに対するクルマの挙動が反応良すぎというか、少々下品。トヨタだと、こうはならない。この辺が良くも悪くも日産らしいかも。新発売のTIIDAは走らせてはいないが、後部座席に座ってみた。前後スライドを最後部にして、リクライニングを後ろまで倒すと、物凄く広く感じる。座席の作りが大きいので、すごくゆったりとした感じになる。室内デザインはTEANAに通じるモダンデザイン。これで\160万くらいで買えるのだから、良い買い物だと思う。外観は少々いただけない。親会社のルノーの劣化コピーのようだ。外観もモダンにすればもっと良かったのに。最近の日産のモダンデザインとか近未来感は、60年代の匂いがする。レトロフューチャーというか、小学生の頃に百科事典で見た近未来建築とか万博っぽいというか。嫌いじゃないんだけど、甘酸っぱい懐かしさがこみ上げてくるなあ。